福沢諭吉が世襲身分制をいかに憎んでいたかが、伝わってくる。
「門閥制度は親の敵でござる」。門閥すなわち家柄ですべてが決まった幕藩時代を振り返り、残した言葉だ。もっとも門閥は今も健在のようだ。自民党総裁選を見る限りは。
9月に立候補が取りざたされる安倍晋三、石破茂、野田聖子、岸田文雄の各氏は2世、3世ばかり。そういえは゛もう長いこと、世襲でない自民党総裁を見ていない。慣れっこになったか、世襲への批判も耳にしなくなった。
そう思っていたら、小さいながらも党内に動きはあるという。若手国会議員らが世襲を抑えるための提言作りを進めている。候補者の公募に十分な時間を取り、安易な世襲に流れないようにすることを求めている。
衆院小選挙区で当選した自民党の世襲議員は3割を上回る。「これがもし半分を超えたら」というのが、提言作りにあたる大岡敏孝衆院議員の懸念である。「もはや国民政党ではなく、何とか家、何とか家----の党になってしまう。特定の家が地域の人びとを代弁するなんて、まるで江戸時代です」。
世襲の何が問題かと言えば、優れた人材がはじきだされてしまうことだ。しかしこの世論、最近は旗色が悪い。公募で選ばれた議員たちの失言や不祥事が相次いでいるからだ。「魔の3回生」との呼び名もできた。
彼らが世襲議員の引き立て役になっているとすれば、悲しいというか情ないというか。異常を異常と感じなくなれば、それが本当の異常である。

 天声人語より
公僕なのだから、ある程度の資産と政治の経験が必要だと私は考えて選んでいる。
公募で資産ゼロですとあるが、それで公僕の務めができるのか。それは議員という金儲けとしか私には考えられない。