立ちすくむ多元社会。ポピュラーのもとで進められているのが、移民と難民への規制。
日本では移民と難民の受け入れに対する懸念が共有されていない。従来、移民も難民も制約する政策をとってきたからである。
日本における植民地帝国の解体は独立運動を前にした撤退ではなく、敗戦による帝国解体というかたちで進んだ。日本は単一民族が居住する国家であるという観念もその過程で強まった。出生率の低下が経済に影響を与えた後も、移民規制は厳しく、難民受け入れはさらにわずかであった。
在日コリアンに対するヘイトスピーチのような深刻な問題を無視してはならないが、現在の日本は、すでに多くの移民が居住し、難民受け入れが争点となっている欧米諸国とはやはり状況が異なるというべきだろう。アメリカやヨーロッパでポピュリストが移民排斥を求めるとき、日本は移民も難民も少ない社会を既に実現していた。
移民が少ないから移民排斥も争点になりにくい。欧米におけるポピュリズムと日本との違いがここから生まれる。民族や宗教の異なる人々がどのように共存できるかという問いは、単一民族の国家という観念が先に立つとき、脇に追いやられていまう。そこから住まれるのは日本国民の結束と優位を自明の前提とするナショナリズムの高揚でる。
多文化の共存を試みた社会ではその枠組みが動揺し、「単一民族」の保持に勤める社会が安定を誇る。多元社会に厳しい時代が始まっている。

 時事小言より----藤原帰一