15年度上半期の国際収支の黒字は東日本大震災後最大に
貿易や投資による日本と海外のお金の出入りを示す「経常収支」は、8兆6938億円の黒字。
円安や原油安で黒字幅は前年度上半期の4.3倍に膨らんみ、東日本大震災後、半期としては最大となった。
貿易収支は9半期連続の4197億円の赤字。しかし、赤字幅は最少。
貿易赤字を補ったのが日本企業の海外での稼ぎや、訪日外国人による消費の急増だ。

紙面より