中国のシャドーバンキング
銀行の範疇ではないシャドーバンキングは、短期融資が中心であり、安定性や透明性を欠く。規制も緩く、インフラ投資の資金調達には適さない。
様々なリポートの中には、シャドーバンキングの金融商品の業務規模は対国内総生産比40%以上という数字もあり、驚かされる。
抜本的な金融市場改革が必要だ。
政府は①安定的な債券市場の育成
②適切にリスクを反映する金利の自由化
③資産売却などによる地方政府の債務縮小
④インフラ投資に関する規制緩和を実施し、民間企業が参加した投資やプロジェクトを推進すること、
などに取り組むべきだ。
中国の経済運営は世界の注目の的だ。90年代後半のアジア通貨危機の再来は何としても避けねばならぬ。

 経済気象台より---QJ