ふられたハエもやけ酒?
米国の研究チームによると、交尾する気のないメスに無視されたオスは、アルコ
ール入りの餌を好んで食べたという。交尾できたオスに比べて、満足した時に脳
内で増す神経伝達物質の量が少なく、欲求不満を「酒」で埋め合わせていたらし
い。
われら哺乳類の脳にも同様の物質があり、研究はアルコール依存の解明に役立つ
と思われる。むろん人の場合、やけ酒の「効用」に期待はできない。悩みの元は
消えず、しばし忘れるだけである。
一時の酔いが頭から追い払った「嫌な記憶」は、より重くなって心の底に刻まれ
る。そんなネズミの実験結果を、小欄で紹介したことがある。やけ酒はストレス
解消どころか逆効果、どうかご用心を。
猫の恋は、早春の季語として知られる。寒さが緩み、浮かれ猫が鳴き募る頃にな
ると、左党は花見が待ち遠しい。
桜を愛でる一献は、思えば、やけ酒の対極にある風流。時節柄というのではなく
、浮かれ過ぎず、沈み過ぎず、きれいに飲みたいものだ。これが難しい。

 天声人語より