イラン核問題 米の制裁除外
イランの核開発阻止に向けた米国の新たな制裁措置の適用を、欧州10カ国と日
本の計11カ国に対しては180日間免除すると発表。欧州諸国と日本が米国の要請
に応じてイラン産原油の輸入を大幅に減らす努力をしたため、としている。
11カ国は今年末まで適用を免れ、その後も輸入削減に協力すれば、免除期間が延
長それる。
日本が東日本大震災後で燃料需要が大きい時期にもかかわらず、削減に努力した
ことを「特に注目に値する」と称賛した。イランの核開発即を目指す米国は、今
回の制裁によってイランの主な収入源である原油輸出に大きな打撃を与えたい考
えだ。ただ、中国やインドは協力的とは言えず、アジアで唯一の適用除外国とし
た日本を、制裁強化の先導役にしたい考えとみられる。

 紙面より