暫定予算編成へ
野田政権は予算案を衆院通過させる一方、赤字国債発行に必要な特例公債法案を
採決を見送る方針を決めた。年度内に予算案が自然成立する可能性はなくなり、
政権は暫定予算の準備作業に着手した。消費増税法案は3月下旬に提出する方針
だ。
予算案と特例公債法案の分離採決を決定。昨年の菅政権に続き2年連続となる。
党側には同時採決を求める声が強かったが、ねじれ国会での与野党合意を優先し
、野党側の協力も期待して採決を切り離した。

 紙面より