大豆の実力
献立を考える時、大豆や大豆製品は、肉と魚と同じたんぱく質を主にするお
かず(主菜)であり、他の豆は野菜と同じ副菜となる。湯豆腐はハンバーグや
焼き魚と同じ扱いだが、煮豆はサラダと一緒、というわけだ。
大豆の成分には、健康への効果が認められるとして特定保健用食品(トクホ)
に利用されているものもある。おなかの調子を整える大豆オリゴ糖。大豆の
たんぱく質は、コレステロールを低下させる。イソフラボンは骨からカルシ
ウムが溶け出すのを防ぎ、骨の健康を維持する。
しかしイソフラボンは、長期にわたって過剰に取り続けると体に有害な影響
が出るおそれがあるとして、トクホで摂取する場合の目安を設定した。
ただ、これはサプリメントで食事にプラスする際の基準。

 紙面より