経済政策に不可欠な一貫性
菅首相は、今年初めに財務相に就任した際に、円の適正ルートは「1㌦=90
円台半ばが適切」と発言し、その発言が不適切だとして多くのマスコミ、エ
コノミストに袋だたきにあった。その結果、発言はうやむやになっただけで
なく、一種のタブー化してしまった。しかし、今にして思えば、あの発言は
政治家として適切だったのではないか。発言の趣旨を十分伝えなかったこと
、そして現状で十分踏み込んだ発言をしないことこそ不適切なのではないか

経済的に危機的な局面が継続しているが、菅政権に欠けているものは経済政
策における一貫した発言、そしてその背景にある信念である。民主党政権に
はこれが欠落している。小泉・竹中経済政策に、私は多くの反対意見を持つ
が、唯一認めるのはその一貫性である。いかに誤った経済政策であっても一
貫性があれば企業や家計は見通しを持って安心して行動できる。経済主体が
行動できなければ成長などありえない。

 経済気象台より----龍