これからの日本はどうなるのか。日本憂国論の高まり
原因の一つは、政治の混乱である。昨年秋、国民の多くは大きな期待を抱き
、民主党の政権交代を認めたのに、その後の展開は信じられないほど政治的
に迷走している。特に政治とカネ、あるいは普天間飛行場問題などで、民主
党は政党として明確な決定を国民に示せず、いたずらに時が過ぎている。
自分の意見を持たずにいつもぶれる首相の姿をみていると、国民としてなん
ともやりきれない気持ちになる。
内閣の支持率が続落するのは当然である。その一方で受け皿となる自民党も
自壊状態にあり、頼りにならない。
このようなうっとおしい気分こそ、日本憂国論に結びついているのだ。政官
財そして国民が総力を挙げ、立ち向かわねば打開の道はないだろう。

 経済気象台より---安曇野