グローバル化を背景に広がる「ポピュリズム」を理解していない。
日本では自民党の拙攻が災いしている。真っ向から景気政策論議をせず「母
親のカネが」とか「小沢幹事長は黒に近い灰色だ」とか、国民が何を切実に
求めているか全く理解していない。だから鳩山政権の支持率が下がっても自
民党の支持率は伸びないのだ。
ポピュリズムは大衆迎合主義と訳され、政治家の人気取り政策の代名詞だが
、民主主義が深化している現在「人間本意の政治」と定義を改め「民を貴し
となす」に戻って考える必要がある。

 経済気象台より---昴