刷新するべきは違うのではないか
「非小沢」の枝野氏を起用することで、「小沢離れ」を示したいのではない
か。しかし、世論の多くは今、「小沢氏は幹事長を辞任すべし」としている
。首相は続投を支持している。枝野氏の起用も、小沢氏の了解を得たうえで
のことだ。
小沢氏が受け入れられる範囲内で、なんとか政権の再浮揚を探っているだけ
では、と見られてもしかたがない。
いま首相がなすべきなのは、小沢氏に国会の場で大方の納得のいく説明をす
るよう強く促すことである。不起訴は嫌疑が不十分だったからに過ぎず、潔
白の証明ではない。説明責任を逃れる免罪符にはならない。
それができないのであれば、首相はいずれ幹事長更迭の決断に追い込まれる
ことも覚悟しなければなるまい。
「刷新」するべきなのは、よどみつつある政権と民主党内の空気である。
その一役を枝野氏に期待したい。

 紙面より