経済危機と輸出産業
輸出に依存した日本経済は世界景気の影響を受けやすいので、今後、国内消
費を活発にして層の厚い需要構造を作っていくことが重要である。しかしな
がら、世界に供給できる生産・販売ネットワークを持つ日本企業が、少子高
齢化の進む日本経済の内需だけで成長を維持することは難しく、世界市場を
さらに開拓せざるを得ない。
今、日本企業が行うべきは、長期成長戦略を策定・実施することである。第
一は、今後の世界経済を牽引する中国、インド、ブラジルなどの新興国市場
を一層開拓すること。
第二は、電気自動車や環境、新エネルギー事業などの新たな技術分野で優位
性を築くこと。
第三は、量産品分野から事務機、原子力発電設備のようにトータルサービス
の優秀性で世界市場を開拓する事業モデルに方向転換することである。
そして、政府は、これらを支援する政策を早急に策定・実施するべき時であ
る。

 経済気象台より---創