参院第一党の「力」を民主は自覚を
今国会で世論を巻き込んだ争点をつくれないのは、本来その能力に秀でた民
主党の「金縛り」に原因がある。もちろん、小沢代表の秘書が政治資金規正
法違反容疑で逮捕されたことが大きい。ただ、定額給付金への抵抗が不発に
終わったのを見ると、「100年に一度」といわれる経済危機を「民主党がさ
らに悪化させた」と批判されることを恐れているようだ。
争点の不在だけでなく、最近は理解不能な民主党の「ぶれ」も目立つ。早期
の衆院解散を当て込んでスピード審議に協力したかと思えば、言いがかりを
つけて与野党合意の採決日程をひっくり返す。
参院第一党であるならば、自らが持つ「国会の力」を自覚すべきではないか
。民主党による辛口の追求をもっと聞きたいし、質の高い審議の中にこそ、
国会の価値を見いだしたい。

 紙面より---金子桂一