NYダウ 終値6763㌦。東証は7,088円、7000円割れが現実に
大手金融機関が巨額損失を計上し、政府の支援策が拡大していることから、
金融危機への懸念が広がっている。
東京市場は米国市場の急落を受けて下落で始まり、終値としてはバブル後の
最安値をつけた。景気後退が長期化するとの懸念が高まっており、幅広い銘
柄で売り注文が先行。東証1部の33業種の大半が下落している。

 紙面より