薄氷を履むがごとし
危険でハラハラするような状態を「薄氷を踏む思い」という。もともとは中
国古代の詩集「詩経」の一句だ。

 論語一日一言より--村山孚