老いのまさに至らんとするを知らず。
熱中のあまり、老いが迫っている身であることも気がつかないほどである。

老いは避けられない生理だが、精神の状態で左右される要素もきわめて大き
いのだ。

 論語一日一言より--村山孚