総選挙の年、私たちも試されている。
政治の行方を最終的に決めるのは国民・有権者である。
二大政党制の下で選択肢は多くないかもしれないが、どちらかに軍配を上げ
られなければ政治に対する「国民の負託」は実現しない。そして政治のパワ
ーは強くならない。目先の対策だけでなく、中長期的なビジョンも冷静に評
価して判断する「眼力」を身につけなければならない。
間違いなく政治の大きな節目となる今年。

 紙面より