怨みを匿してその人を友とするは、左丘明これを恥ず。丘もまたこれを恥ず
本心は憎んでいるのに、そしらぬ顔で友達づきあいをする。こういう態度を
左丘明は恥ずべきこととした。わたしも同感でる。

うわべをとりつくろうことに慣れすぎると、心が麻痺してしまう。現代生活
では「恥」と考えたほどの潔癖さを保つことは難しいが、社会生活が複雑に
なればなるほど、心の素直さ、素直さを失わないように努力することが必要
ではなかろうか。

 論語一日一言より--村山孚