伯夷・叔斉は旧悪を念わず。怨みここをもって希なり。
伯夷と叔斉は人の不正を見逃すことのできない非妥協的な性格だが、過去の
過ちは気にかけなかった。人の怨みをあまり受けなかったのは、このためで
ある。

孔子は人の過去をいつまでも追求したり、根に持ったりすることをたしなめ
たことばである。

 論語一日一言より--村山孚