警戒、世界インフレ
安い製品の売り手として台頭した中国などの新興国が、食糧やエネルギーの買い手
としても力をつけたことが現在の世界的なインフレの背景にある。しかし、油を注
いだのは米国だ。
市場に流れ出た大量の資金はサブプライム危機で行き場が乏しく、一部が原油や穀
物の市場に殺到。ドル安も進み、ドル建ての原油価格を押し上げた。
世界経済はここ数年、高成長と低インフレを楽しんできたが、その基盤は崩れてい
る。新興国の金融当局はインフレ抑制に動き出したが、後手に回っている。

 紙面より