食料が手に入らなくなる「食断」の懸念が広がる。
日本でも既に小麦や大豆の高騰を受けて、外食レストランも含め、食品全般に値上
げの波が押し寄せている。値上がりしても手に入るうちはよいが、バターなど乳製
品の一部には市場から姿を消したものもある。世界的な食料不足を見込んで、海外
では住宅が値下がりするそばで農地の買いあさりも報じられるようになった。
日本では幸いコメの生産に余裕があり、遊休農地も少なくない。米作農家の所得や
資産の増加期待がもたれる。それでも必要なカロリー量の4割しか自給できていな
い日本で食料輸入が途絶えると、致命的な打撃となる。その時になって慌てても、
食料供給がたちどころに増えるわけではない。
地方を中心に景気の先行き不安が広がる中でも、政府は無策を決め込む。今こそ景
気対策、食料安全保障の観点から、ハイテクを生かした農業生産の高度化、自給率
上昇をいそぐべきではないか。


 経済気象台より--千
民主党も、世間受けする問題ばかり取り上げずに、地道なこんな努力も大切だ。