味覚は経験を重ねて研ぎ澄ます。
赤ちゃんはふつう、甘いものは食べますが、苦いものははき出します。苦い
ものには「毒」が多く、それを避ける本能が備わっているのでしょう。
しかし、大人は、苦みとか、渋みといったものも割りと平気です。それを好
む人だっています。
実は、味覚は学習なのです。確かに鈍敏感はほかの感覚と同様に落ちてきま
すが、過去の体験がいきている。味蕾から脳に伝わるその時の反応に加えて
、見たり触ったりした際の感覚で「その物」の記憶が呼び覚まされ、脳内で
そうした情報が統合されるのです。
もちろん、ほかの感覚も記憶と結びついて情報処理されているのは、味覚と
異なりません。味覚はそれが一層顕著なのです。
人間の体には様々な働きがあります。一つひとつを分析していくと、ある年
代以降、働きぶりが落ちていくものもあります。
「だから年寄りは」という声が聞こえてきそうですが、「味」は経験を重ね
ないと分からないものなのです。

 柴田博・桜美林大大学院教授