薬味に欠かせないネギだが、ビタミンCが多く、葉ネギは緑黄色野菜に分類されているほどカロテンが豊富だ。
ネギはビタミンB1の吸収を高め、風邪などに対する抵抗力をつけるため、
民間療法に使われてきた。
ネギは、主に白い部分を食べる「根深ネギ」と、葉の部分を食べる「葉ネギ
」に大きく分けられる。関東地方では「根深ネギ」を主に食べ、「葉ネギ」
が食べられてきたが、今では関東でも関西でも、どちらのネギも手に入るよ
になった。
ネギの辛味成分には体を温める効果がある。こうしたネギの働きは古くから
知られており、焼きネギ湿布やネギ湯など、多くの民間療法が伝えられてい
る。
ネギのにおい成分である硫化アリルは、比較的に穏やかなので、生のままで
も食べられるが、さらしネギや白髪ネギにして、肉や魚の、臭みを抑えるた
めによく用いられる。日に当たった緑色の部分は栄養価が高いので、残さず
利用しよう。

 料理より