まだ"新コマ"が有った頃の・・都はるみショーより抜粋・・当時はサン・ミュージックプロダクション所属
北の宿から・ふたりの大坂・大坂しぐれ・東京セレナーデ・アンコ椿は恋の花・涙の連絡船・好きになった人
他に自身が一番の得意曲・・聖母たちのララバイ・無法松の一生(度胸千両入り)は極上のテクニックです。
浪花恋しぐれ都はるみ・岡千秋

彼女はサンミュージック所属歌手ですが同会社・専務取締役の福田時雄氏は演歌の崇拝者でした。いつも応援していたようです。
松田聖子や桜田淳子・早見優等が売れていたアイドルプロでしたが・・・当時、演歌歌手は都はるみだけというプロダクションでした。
後に湯島天神での梅祭りイベントで北原由紀がゲストとして招かれ音あわせをしていると何年ぶりかで福田氏がご夫婦で聴きに来ていらっしゃいました。まだ2月で寒い時期でしたが最後まで歌謡ショーを聴いてくださいました。
会社は違えど北原の活躍を期待していただきましたネ。おなじサンミュージックの牧村三枝子さんを一流にするんだと決意もしていました。
演歌大好き専務として有名でした。後に自殺した岡田由希子ちゃんの飛び降り時、現場に同席していたのが福田専務でした。もう80歳を超えたと思われますが頑張って欲しいものです。自社に所属したタレントは絶対にクビにはしませんでした。堀赳夫氏が社長だった「東洋企画」での直系後輩だったのが相澤社長でしたネ。・・・・サンミュージックスタッフは優しい人ばかりでした。
都はるみは途中コロムビア音楽所属~サンミュージックプロダクションへ再移籍。

"度胸千両"で思い出しましたが、やはりカラオケでこの曲を十八番でいつも歌っていた昔、担当していた演歌歌手「北原由紀」と
年始挨拶と言う事で先日、東京赤坂で会う機会が有りました。
現在は結婚してご実家近くの千葉県の山武町でお過ごしですが水害等で大変だったらしいです。
気には掛けていましたが・・・残念なことでした。
なお、歌の仕事は引退しましたが、無料での地域発展の為のボランティア歌謡ショーはOKだそうです。
あなたの街にぜひ呼んでください。気さくな人ですよ。僕の事は歴代マネで一番いやらしいマネジャーと言ってくださればすぐに判ります。

北原由紀(かしこい女じゃないけれど)RVC~東芝EMI
北原由紀所属:渡辺プロ(シュークリーム時代)~田中プロ~アクターズプロ~アーテイストハウス・ピラミッド


サンミュージック・プロダクションとは??

サンミュージックプロは会社設立前にバンドボーイだった後の御三家「西郷輝彦」氏を発掘する。
会社設立前でしたので相澤秀禎氏が担当マネージャーとしてマンツーマン活動・・
会社設立後、後に千葉県知事の森田健作氏を発掘。・・森田健作氏が所属1号タレントとなる。
会社設立前の為、西郷輝彦は幻の1号タレントとなってしまった。
代表取締役ー相澤秀禎・・・専務取締役ー福田時雄
相澤秀禎氏は堀赳夫氏リーダーのバンド(ワゴン・マスターズかスウィングウェストかは定かではありません)で一緒でした。
スウィングウェストではボーカル湯原昌幸が「雨のバラード」というヒット曲を飛ばしました。

福田時雄専務には公私ともお世話になりました。・・宮本