2005年02月の記事


続・スタイルシートの話
前回例に挙げたcssをもう少し詳しく。

body{background-color:ivory;}
これを日本語訳(?)すると
「bodyのタグの部分(body)の背景色(background-color)を
ひよこ色(ivory)にする」となります。
body{font-family:ms ui gothic;}だと
「bodyのタグの部分(body)のフォントの種類(font-family)を
ms ui gothicというフォントにする」です。

では、これはどうでしょう?
a{background-color:lightblue;}
「リンクのタグの部分(a)の背景色(background-color)を
薄い青(lightblue)にする」です。

他にも例をいくつか。(訳はつけませんがだいたいわかると思います)
textarea{background-color:black;}
p{background-color:blue;}
a{font-family:ms gothic;}

そろそろパターンが見えてきませんか?

あまり一度にいろいろやると混乱するので
とりあえず「背景色」と「フォント」だけにとどめましたが
実際にはもっといろいろなことができます。

つづく(多分)

(2017/04/09追記)
この記事を最後に三年間放置と相成る。
その期間中に飽きてやめた人もいる。
そこを持ちこたえれば2007年末に大量移民が流入したのだが。
コメント (3)

スタイルシートの話
えー、スタイルシートというのは(中略)です。
終わり。

って、これじゃあんまりなのでもう少し。

あまり小難しいことはわからないんですが
スタイルシートってのはwebページのお化粧に使うものです。
htmlのタグでもある程度同じようなことができるので
知らなくても困らないものだったかもしれませんが
eclatではタグ打ちできるのがメインとメニューだけなので
いやでもスタイルシート(以下cssと表記)を覚えないとダメです。
それにcssのほうが細かく装飾できることでもありますし。

このcssですが、実はそれほど難しくありません。
というかタグのほうがよっぽど覚えるのが面倒だったような。
cssって覚えちゃえば面白いんですよ。

で、まあ簡単な解説でもやってみようかなと。
まずその前に、ページが真っ白で悲しいという方に
cssの効果を実体験してもらおうと思います。

メニューの「デザインの変更」をクリックして
編集対象を「共通設定」にして
以下のcssを貼り付けてみてください。

body{background-color:ivory;}

背景色がひよこ色になったことと思います。
ivoryの部分をblackとかpinkとか好きな色にして試してください。
mintcreamとかsnowなんてお上品でいいかもしれません。

では同様にこれも貼ってみてください。

body{font-family:ms ui gothic;}

フォントが変化したと思います。
ms ui gothicの部分をms 明朝やms gothicなどに変えることもできます。

body{background-color:ivory;}
body{font-family:ms ui gothic;}

この2行だけでも、いくらか寒々とした感じはなくなると思います。
とまあ、うだうだ書いてみましたがいかがでしょうか?
どなたか反応ががあれば続きますがなければ続きません。
コメント (8)

看板に偽りあり
ここのメインに

Hello!!
Welcome to My HomePage!!
Enjoy your time!!

ここが、じぶんのメインページになります。
いろんなことを、情報発信しよう!!。

なんて書いたけど、さっぱり情報発信してないや。
我ながらうそつきサイトだと思う。
来週くらいには何か情報発信するか。
コメント (3)

ネタ枯渇
ロゴ変えるくらいしかすることなくなっちゃったよ。
コメント (3)