評論家の犬養道子さんは子どもの頃、首相官邸の敷地に澄んでいたことがある。
祖父の犬養毅が首相に就いたため、秘書官の父と一緒に移ってきたあるとき立派な扉があるので力いっぱい開けると、いかめしい顔の男たちが話し込んでいた。閣議の真っ最中だった。
「おっと、入っちゃいかんぞ」。やさしく、祖父にたしなめられた。様々な思いでのある官邸は、やがて悲劇の場となる。1932年の5.15事件である。押し入った将校たちの凶弾に、祖父は倒れた。
事件の根本にあるのは、ひとりよがりのナショナリズムだ。勉強して大人になったら、それを日本の国からなくす仕事を一生かかってやろう----。子ども心にそう決めたと自伝にある。クリスチャンになり、国家に翻弄される難民たちの支援に尽くした。
難民とは何か。犬養さんは書いている。「いまという時代の抱き持つ、あらゆる面での歪みひずみが、いかなる人間苦を生み出すかを、身をもって示し、無言に語る証人なのである」。
ベトナムからのボートピープル、湾岸戦争のクルド難民-----。各地に足を運んで、目を蘇武家たくなるな現実を日本に向かって書いた。基金を設け、難民たちの教育に力を入れた。難民に冷たい日本人に対し、ときに厳しい言葉を発しながら。
犬養さんが96歳で亡くなった。基金で学ぶ機会を得た人たちがいる。その著書に会い、難民支援の仕事に進んだ人たちがいる。背中を押され、背中を追う。未来へとつながる足跡がある。

 天声人語より