医師の日野原重明さんはおととしのある朝、左手の薬指と小指が曲がらず慌てた。
「脳か神経に異常か」。仰々しい検査を受けるが、軽いマッサージだけで完治する。「内科医として半世紀以上の経験があるが、骨や筋肉の病気にはまるで素人だとわかった」。
なでしこジャパンの試合をテレビで観戦中、興奮しすぎて気分が悪くなり入院したこともある。「血圧の高い患者さんに『試合の生中継は危ない。見るなら録画を』と勧めておきながら、自分は」と反省した。
週末別刷りのbeの連載「あるがまゝ行く」に載った体験である。偉ぶらず、飾らない筆致にひかれた。毎回、身近な話題から書き起こし、孔子や老子、ナイチンゲールや詩人タゴールの高みへ読者をいざなった。
日野原さんが105歳で亡くなった。医学界に多くの足跡を残したが、脳卒中や心臓病を「成人病」と呼び改めるよう提唱した功績は大きい。成人ならいずれ患うものと半ばあきらめてきた疾病が、生活習慣を改めれば避けられると気づかせてくれた。
「人生とは習慣である」「死ぬ瞬間まで人生の現役」「年齢は勝ち負けではありません。謙虚にそして存分に味わえばよいのです」。自著や対談、講演でそんな哲学を縦横に語った。病気の治し方ではなく、長寿社会を生き抜く知恵を教わった気がする。
91歳の秋に始まったbeの連載は、すでに700回を超えている。当面は書きためた現行の掲載が続く。達意のコラムを味わいたい。

 天声人語より