「とりあえず」という名のビールを発売したらどうか。真剣に考えたことがあるのだと。
酒造メーカーに勤務していた村上さんが書いている。居酒屋での決まり文句「とりあえず、ビール」に便乗して、注文を誘う奇策である。さすがに実現はしていない。
この暑さでは、とりあえずではなく最初から最後までビールの方も多かろう。二十四節気では「小暑」にあたるというが、とても「小」とは言えぬ日が続く。暑気払いに出かけたくなる期間が年々長くなる気がする。
夏の宴会の代名詞になっている暑気払いだが、もともとは体を冷やしてくれるものを口にする習慣である。江戸の世では、冷水に入れた白玉や、暑さに負けないという触れ込みの薬が定番だった。
薬売りは身をもって効き目を示そうと、炎天下でも笠をかぶらず、元気に薬箱をかつぎ回ったというから、プロ根性に頭が下がる。救いがあるとすれば、当時の暑さは今ほどではなかったと思われることだ。
この酷暑は日本に限らない。世界気象機関によると、各地で異常な高温が続いており、5月にパキスタンで54度、6月に米カリフォルニア州で51度を記録した。米国では高温で空気の密度が下がり、航空機が飛びにくくなるため欠航が出た地域もある。地球温暖化の現実であろう。
先日の朝日川柳に<夏が好きされど昔の夏が好き>とあり、何度もうなずいてしまった。昔より今の方がビールのうまさが引き立つはずだと言っても、何のなぐさめにもならないか。

 天声人語より