2012年10月の記事


政局
原発に消費税。
捨てがたい異はいくつもあり。
つくべき大同はいずこにある第三局。
極の磁力は老人の暴走力か。

素粒子より
コメント (0)

地震と科学
科学的な情報をその限界とともにきちんと伝え、命を守る行動につなげていく
ことだ。科学者と、最終的な責任を担う行政との分担も明確にしておく必要が
ある。
日本地震学会は、東日本大震災を予測できなかった反省に立ち、改革に向けて
の行動計画を発表した。
その中で、地震の「時間、場所、大きさ」の三つの要素を特定して事前に判断
する、いわゆる「地震予知」はきわめて困難であることを改めて認め、誤解を
招かないよう、予知という言葉を厳密に使うとした。地震学の現状を、限界も
含めて一般市民の目線に立ってわかりやすく伝えていく、とも決めた。
地震学は進歩したが、社会が求めるレベルとは、なお大きな隔たりがある。限
界を認めつつ、最新の研究成果を防災にどう役立てていくのか、地震学者の責
任は重い。
地震の最初の波をとらえて対応するリアルタイムシステムをさらに進めるなど
、被害軽減のための研究ももっと必要だ。
政府と国会は、東海地震の予知を前提とした大規模地震対策特別措置法の改廃
を急がなければならない。

 社説より
コメント (0)

首相の演説
「明日への責任」が連呼されるほどに明日は曇り不安は募る。

素粒子より
コメント (0)

市場からのメッセージ
日本の企業の多くは、年功序列などの「日本型経営」を大事にしてきた。海外
の投資家が、日本のやくいんかいの写真を見れば、驚くはずだ。ほとんどが日
本人男性で50~60歳代で「この組織は、外国や外国人のことを分かっているだ
ろうか」と思ってしまうのではないか。
欧米では、取締役の多くは社外から招き、社長の経営手法や業績などをチェッ
クしている。日本の経営者は自分で決断して、自分でチェックしている感が否
めない。
このせいか、極めて低いPBRを問題視する企業は少ない。日本の経営者たち
は、この数値を市場からの厳しいメッセージと受け止めるべきだ。

 経済気象台より---猿
コメント (0)

国会開幕
片や選手が足らなくなろうが前後半に延長戦も辞さず。
片や30分ハーフでけりにしたい。
試合になるのか、国会。

素粒子より
コメント (0)

就職活動の現実
保護者を対象とした大学の就職説明会が大はやりである。我が子の将来を心配
する気持ちは分からぬでもない。しかし、大学生の年齢になってもなお、自ら
の進路を考え、決めることができないのなら、そのこと自体が問題だと思った
方がいい。
若者が自らの仕事先を選ぶのは自由であり、何十年とエントリーシートを提出
するのも自由である。我が国の場合は、米国の大企業のようにな徹底した指定
校主義はとっていない。建前として誰でもが応募できる。
しかし、企業の採用の基本は、「学歴」ではなく「学校歴」であることを、学
生は知っている。
ただ、少しはではあるが、マージンともいうべき領域があって、有名校以外で
も、採用はゼロではない。それゆえ、あきらめがつくまで彼らは挑戦し続ける
。しかし夏休みが過ぎ、秋がきて、再募集のシーズンも終わりになると妥協す
る。もう次の学年の就職活動が始まるからだ。
学生たちは現実を知っている。知らないのは一部の親である。そして、「就活
」をビジネスとしてる人たちは全てを知っているはずだ。

 経済気象台より---遠雷
コメント (0)

がん予防も運動から
日本人のがんによる死亡は1960年代から増え続けています。がん統計によると、
2005年の患者数は67万人、死亡数が34万人と、約半数の方が亡くなっている。
74歳までにがんになる確率は47%で、74歳までにがんで死亡する確率は21%。
2人に人のはがんになるということだ。
米ハーバード大の有名な研究では、がんの要因はたばこが30%を占め、食事や肥
満など生活習慣による影響も大きい。日本人では、たばこによるがんは、年間約
9万人に上る。そして肥満もがんのリスクになる。私も14年ほど前は、不摂生で
体重が85㌔ぐらいあった。血圧も180ぐらいで、コレステロール値も300近く。
思い立ってダイエットを開始。約半年間で25㌔減らし、今もその体重を維持して
いる。
その方法は、低炭水化物ダイエット。海外の論文を読んでこれだと考えた。徐々
にご飯、パン、麺類を減らしておかずをメーンにするもの。カロリーはタンパク
質で取った。自分で自分を褒めながら続けた。ジョッキングを始め、マラソンに
も挑戦している。
がんを防ぐにはまず、適度な運動に加えて、禁煙、健康な食事、検診だ。日本の
がん検診受診率は2割を切る状況で、先進国で最低だと言われている。
ただ、それでもがんになってしまう人は多い。その時は、医師とコミュニケーシ
ョンをよくとって信頼できる情報を得て、自分を責めず、頑張りすぎず、あきら
めないで欲しい。

 紙面より---勝俣範之
コメント (0)

ナショナリズム
なぜナショナリズムは、重すぎる負担を分担してくれと訴える多くの同胞より
、むしろだれも住んでいない島に向かったのか。中国のように暴走はしないけ
れど、日本の世論も熱を帯びたのは尖閣問題の方だった。
沖縄は、日米安保を重要だと思うのなら、本土も負担するべきではないか、と
いうわけだ。
本土の同胞から自分たちに連帯感が届かないいらだち。ナショナリズムの尖閣
問題への傾斜はそれをに拍車をかけた。
ナショナリズムは非常に有害なときもあるが、人々を統合する力にもなる。
異なった文化や言葉を持ち、会ったこともない者同士が共有する「私たち」と
いう感覚。
日本でも、明治維新のあと人々を統合するのに大きな役割を果たしたはず。
それは民主主義の土台にもなる。沖縄では、本土の姿勢を「構造的差別」と批
判する声が広がっているという。ナショナリズムは「私たち」という感覚をも
たらせなくなりつつあるのかもしれない。

 紙面より
コメント (0)

老いを遅らせるには--心がけが大切
「アンチエイジング」という言葉が注目を集めている。アンチエイジングと
は、できる限り老いを遅らせて若さを保とうという試みだ。
若さ、アンチエイジングというと、スキンケアやサプリメントなどを思い浮
かべる人は多いが、一番大切なのは「気持ち」だ。やりたいことをやること
。無理をし過ぎないことを心掛けると良い。自分を責めないで、いい加減に
、気ままに生活することがお薦めだという。
また、適度な緊張感、ストレスも刺激につながる。ある程度の年齢を過ぎた
ら仕事をしないで家の中で閉じこもっている人は少なくない。だが、ボラン
ティアでも良いので「誰かの役に立っている」という実感を感じられること
を意識的に行うことが大切だ。
そして「きれいになりたい」と願い、行動を起こすことは、世界を広げ自分
を内面からも輝かせる。
たばこと紫外線はなるべく避けよう。特にたばこは肌に悪く、体の循環に悪
影響を与える。
アンチエイジング5カ条
◆いくつになっても男と女
  「美しさ」に磨きをかけよう
◆肌の若返りは心の若返り
   メークアップは外見、心も若返らせる
◆バランスの良い食事と適度な運動
   アンチエイジングの効果は食事と運動が9割
◆よく笑い、よく話し、よくかむ
   笑いは免疫力を高め、かむことは脳の活性化になる
◆長生きこそ最大の誇り
   いくつになっても積極的に社会貢献を
 
 北里大名誉教授・塩谷信幸
コメント (0)

石原都知事辞職して国政へ
近く新党を結成し、新党代表として次期衆院選で比例区から立候補する意向を
示した。
新党は、石原氏が「応援団長」を務めるたちあがれ日本を母体とし、保守勢力
の再結集を目指す。たちあがれ日本の平沼代表は「解党して、新しい政党を作
ると述べ、来月上旬をめどに所属国会議員5人全員が新党に参加する考えを示
した。
新党は、第三極の結集をめざし、日本維新の会の橋下氏との連携も模索。

 紙面より
コメント (0)

FRB金融政策を維持
連邦公開市場委員会は、金融政策を据え置くと決めた。
9月の前回会合で決めた量的緩和第3弾を継続し、短期国債を売って長期国債
を市場から買う緩和強化策も、今年末まで続ける。
2008年12月から続けているゼロ金利政策について、「少なくとも15年半ばまで
」としている見通しも変えなかった。
12月の次回会合では、短期国債をぅつて長期国債を買う措置の終了後に、何ら
かの追加策を採るかどうかが注目される。

 紙面より
コメント (0)

寒さが
コートを羽織る人ありシャツだけの人あり。
気づけばまだクールビズ。
月が替わればいきなりウオームビズとは。

素粒子より
コメント (0)

強まる解散先送り論
内閣支持率が1割台に突入した。田中慶秋法相を起用した任命責任や米軍オスプ
レイの沖縄配備への批判も強く、政権運営が一層厳しくなるのは必至。衆院の
早期解散は難しいとの見方が広がり、低支持率の首相の辞任論が噴出する可能
性もある。首相周辺は「首相は解散どころか、何もできないまま総辞職に追い
込まれかねない」と警戒感を募らせる、「ポスト野田」も視野に入れ始めてい
る。

 紙面より
コメント (0)

真犯人
なんだか一件落着。
遠隔操作で誤認逮捕された人におわびして。
マイナリさんの無罪決まって。
で、真犯人は?

素粒子より
コメント (0)

田中法相辞任
野田政権の体たらくは目を覆うばかりだ。
田中氏に法務行政の責任者が務まらないことは、いくつもの理由から明らかだ
った。
辞任は当然のことだが、それで済む話ではない。
法相就任以来の田中氏の記者会見では、しどめーろもどろの答えが続いたり、
質問と答えがかみ合わなかったりする場面が目立った。こんな「素人法相」に
、検察改革など喫緊の課題を任せるわけにはそもそもいかなかった。
野田首相はなぜ、田中氏を法相に任命したのか。
結局は、9月の党代表選で旧社民党グループの支援を受けた見返りに、グルー
プ会長の田中氏を初入閣させた。つまり、能力や経験より論功行賞、党内融和
を優先させた安易な組閣の帰結というほかない。
首相の任命責任は極めて重いと言わざるをえない。
もうひとつ、あいた口がふさがらないのは、民主党の側から田中氏に決算委員
会の欠席を求めた経緯があったことだ。「国会を欠席せよ」と言われて唯々諾
々と従う田中氏だが、「答弁されるよりまし」と欠席を求めた民主党の姿勢に
もあきれるほかない。野田内閣の政権担当能力そのものに、重大な疑問符がつ
きつけられている。

 社説より
コメント (0)

地震予知
だましたつもりはないけれど。
イタリアで地震学者に禁固刑。
なるほど日本の学会が「予知」の看板を下ろすはず。

 素粒子より
コメント (0)

12年上半期の貿易統計、赤字額が過去最大に
政府債務危機が広がる欧州の景気低迷で、欧州連合向けが半期ベースで初めて
赤字になったのが響いた。さらに9月は、中国の反日デモなどの影響で中国向
けの輸出が大幅に減り、貿易赤字も急増したことが拍車をかけた。この状況が
続けば、赤字拡大は止まらず、12年度1年間の貿易赤字も過去最大になるお
それがある。
輸入額は、前年同期比3%増の35兆3793億円だった。各地で止まっている原発
の代わりに火力発電が増えているため、その原料となる液化天然ガスの輸入額
が同24%増と急増したことも響いた。輸入の増加が続いていることも貿易赤字
の拡大につながっている。

 紙面より
コメント (0)

大リーグ
グローバル人材の成長を喜ぶのか、才能流出と嘆くか。
160㌔右腕の大リーグ挑戦に未練がにじむ日本野球ムラ。

素粒子より
コメント (0)

現代のリーダー論
現代のリーダーシップに必要なものは六つ。先見力、情報力、判断力、決断力
、実行力、そして体力です。このうちトップに欠かせないのは、これで行こう
と決める決断力。あとは補佐役の仕事です。ダメなのは、現場で部下の仕事を
見て「何をやっているんだ。俺にやらせてみろ」というタイプ。これでは良い
人材が育ちません。
トップが自分なりに情報を収集し、選択肢を設定したとしても、部下の提案と
照らし合わせればいい。今のリーダーには、そういう器量や包容力が欠けてい
ると思います。早く結果を出そうと、功を焦りすぎるんだね。
リーダーシップのあり方を、高圧電線にたとえて考えるといい。強い風や雪の
重みに耐えられるようにたるませておき、決して一直線には張らない。ところ
が、今の組織は、2点間の最短距離を直線で結ぶことばかり求めている。それ
では切れてしまいます。
日本には誇るべき風土があります。
かって朝鮮半島で高句麗、新羅、百済の3国が戦争を繰り返し、多くの民が日
本に逃れて来た。そんな人たちが日本に来ると、けんかをせずに手を結ぶよう
な風土の香りが日本にはありました。今の日本のリーダーには、これを思い起
こしてほしい。外交問題で相手を挑発するばかりではなくね。
人間には「風度」というものがあります。中国の古い言葉で、「らしさ」のこ
とです。この人なら協力しよう、この人のためならと思わせる。リーダーには
、この風度が必要だと思います。

 リレーオピニオンより---作家・童門冬二
コメント (0)

トレッキングの注意点
山歩きをしていて、ひざの痛みを訴える人が少なくありません。
たびたび痛くなったり、痛みが取れないようなら、医師の診断を受けること。
そのうえで、山歩きをしても支障がないということなら、
ひざへの負担を軽くするために普段から足を鍛え、筋力を高めておくことも
大切です。太ももの筋肉を鍛えることです。真っすぐ立ち、ひざを直角にな
るまでももを上げる足踏みをします。左右で1回として50~60回繰替えしま
しよう。いすに座ったままでもできます。その場合は両手でひざを軽く押さ
えつけて負荷をかけ左右20回ずつ。
寝ころんでは、仰向けになり、ひざを伸ばして10~20cmほど上げます。
これも左右交互に20回。回数はあくまで目安。
無理せず、続けることが肝心です。除々に回数を増やしたり、足首に軽い重
しをつけたりしてもよい。縄跳びや階段上がりも効果があります。
山歩きでは、とりわけ下山時にひざに負担がかかります。
体重の2~3倍ともいわれます。このうえ、ザックの重みも加わりますから、
荷物をなるべく少なくする工夫をします。
傾斜の緩やかなコースやストック(つえ)を使うのも効果があります。
歩幅は小さくするのことも心がけましよう。
これから時期は足を冷やさないことも大切です。サポーターも有効ですが、
締め付けていると、血行が悪くなりますから、休憩時には外したり、ずらし
たりしましよう。
コメント (0)

高すぎる実験コスト
3年前の総選挙で民主党が圧勝し、政権交代が実現した。当時の各種の世論調
査で見ると、国民は民主党に信頼を置いていたわけではない。政権交代という
一種の実験に対し、期待と不安が相半ばする状況となっていた。
いまやみの政権交代の熱気は完全に去った。国民目線は冷ややかだ。そして、
この「実験」が支払ったコストを考えるべき時期に来ているようだ。
第1に、外交・防衛でとった民主党の稚拙な行動は目を覆わんばかりである。
沖縄での基地移転、尖閣の国有化と中国での反日騒動などで国益を大いに損ね
た。中国だけでも、その経済的損害は甚大である。
第2に、財源確保もせずに子ども手当などバラマキ政策を繰り返した。八ッ場
ダム建設でも、地元の問題などに抜本的な解決策を示さないまま再会した。
さらに、採算性に課題がある整備新幹線の建設も選挙対策上、認めている。
一方で、社会保障給付の削減など歳出の削減には消極的だ。これらの一連の施
策や対応は、財政赤字という将来のコストを増やすのみである。
第3に、政治主導と称し、政治決定システムを変えようとしたが、いたずらに
官僚組織の混乱を惹起させたのみで、重要な政策を何一つ決められないという
時間的なコストを引き起こしている。
これら問題が山積みする中で、ただ一つ、救いがあるのは野田首相の頑張りに
より消費増税のメドがついたことであろう。
ムード的な政権交代による実験コストが、いかに高くつくか国民の多くが分か
ったはずである。次期総選挙に、この経験を生かすことが重要となろう。

 経済気象台より---安曇野
 
コメント (0)

復興予算
風も吹かぬのに桶屋が群がる復興予算。
怪しげな三段論法、四段論法飛び交い、みな被災地のためと詭弁論大会。

素粒子より
コメント (0)

尖閣問題、もっと発信の努力を
これほど大きな問題になっているというのに、「領土問題は存在しない」とい
う日本政府の立場は、第三国から見ると分かりにくいかもしれない。
日本政府がこだわるのは、領土問題の存在を認めた場合、島がどちらに帰属す
るのかという交渉に入らなければならなくなるためだ。その結果、日本が主権
の一部を失うことになるかもしれない。日本の立場が後退したとみらされ、国
際法上、不利に働く恐れもある。
だが、日本が守るべきは「尖閣が日本の領土であることは間違いない」という
一線だ。
であるなら、「領土問題はない」と強調するあまり外交の幅を狭めるのではな
く、日本の正当性を史実や国際法に基づいて丁寧に説明すべきだ。
同時に、世界第2位、第3位の経済大国の争いを、各国が困惑の目で見ている
ことも事実だ。
日本は、国際社会にみずからの意思を伝えることが不得意だった。ここは、尖
閣問題にとどまらず、日本がアジアの平和と安定にどう寄与しようとしている
のか、中国とどう向き合おうとしているのか、さまざまな機会を捉えて発信す
べきだ。

 社説より
コメント (0)

国会
足元が崩れそうなのに危機感は希薄、小手先の対策すら進まず。
衆参とも違憲状態。
東電なみの思考回路の国会。

素粒子より
コメント (0)

円高異聞
情報にもいろいろあるが、なべて悲観的なものが好まれるようだ。あれも足り
ない、これもだめだ、といった教訓的、批判的なものが專らで、大丈夫、大丈
夫なんて叫ぼうものなら「少しばかり状況が読めないのではないか」と軽蔑さ
れる。
かくて、上から下まで国を挙げての深刻面となる。取り上げるテーマのなかで
もゴシップ類が特に喜ばれるようで、多くのメディアはそれで持ちきりである
。心ある人はそんな対象にされるのはまっぴらとばかり、韜晦・逃避するから
なかなか人物が育たない。
結果として、鉄仮面で目立ちがり屋の軽薄な輩ばかりのさばることになる。そ
れらがお互いに仲良しグループをつくって愚にもつかないダジャレ、ゲラゲラ
ガヤガヤで話題を独占するようになる。
平和と言えば平和だが、このような平和は脆いものだ。やがて人々は平穏に倦
み、英雄と独裁を求めるようになる。いわゆる「自由からの逃走」が始まる。
革新に名を借りた独裁者が生まれる社会的基盤が出来上がっていくのは、この
ような時である。ムッソリーニもヒットラーも最初は革新の旗手として現れた
ことを忘れてはならない。

 経済気象台より---可軒
コメント (0)

PC遠隔操作
今回はこのぐらいにしておくと。
関西弁ならまるでグリコ森永犯。
真犯人に暴かれた警察の自白の強要。

素粒子より
コメント (0)

金融緩和への幻想
現在、日銀も含めて主要国の中央銀行は、軒並み金利を事実上ゼロに下げ、ブ
レーキの摩擦をゼロにする究極の緩和状態にある。それでも車が動かないのは
、世界経済が先行きが不安で、借り手がゼロ金利でも借金する意欲に欠けるか
、もしくは貸手が不良債権の後遺症で貸し出しというリスクを取れないことに
原因がある。
為政者がすべきことは、税制や規模緩和によって車を動かすことだ。政府は歳
出や税制で需要をつくり出せる。京都大iPS細胞研究所へ予算を重点配分して
もいい。様々な手法でアクセルを踏むことが可能だ。
それをせずして金融緩和にばかり走る政治家は、無責任のそしりを免れない。
異常な金融緩和による悪性インフレは、かってのドイツも日本も経験済みのは
ずだ。

 経済気象台より---千
コメント (0)

ノーベル賞
経済学賞に米の2氏。
ゲーム理論で解が出るなら応用してほしい分野多数あり。
たとえばみな損をしている日中韓。

素粒子より
コメント (0)

成長減速に危機感、IMF委声明
IMFの主な国・地域が参加する国際通貨金融委員会が、世界経済について「
成長は減速しており、不確実性と下ぶれのリスクが残っている」との危機感を
示した共同声明をまとめた。各国・地域には「負の悪循環を断つために断固と
した行動が必要だ」と訴えた。
欧州に対しては、欧州中央銀行が経済危機国の国債を無制限に買い支えるよう
にしたり、危機国にお金を貸して支援する欧州安定メカニズムができたりした
ことを歓迎した。
米国には、年明けにかけて急激な歳出削減と減税終了が待ち受ける「財政の崖
」をうまく乗り切るよう求めた。

 紙面より
コメント (0)

平和賞
こちらにこそ平和賞を。
女性の権利をうったえて過激派に銃撃されたパキスタンの少女。
かなえ、女子教育に尽くす夢。

素粒子より
コメント (0)

日中問題
社会的ヒステリーがクルマや建物の破壊に向かうか、排除や控訴に向かうか。
形の違いはあれど、そこには背景ときっかけがある。
30年前に米国で日本車がたたき壊された。背景には長期化する米国の不況が
あり、きっかけは日米自動車貿易不均衡だった。
大量に輸入された日本車が米国人の雇用を奪ったと吹聴され、日本車がやり玉
に挙げられた。米国の消費者が環境性能に優れた日本車を選んだことに目は向
けられず、反日感情があおられた。
その反省から日本メーカーは、完成車輸出を米国生産に切り替え、米国人の雇
用拡大に貢献してきた。
今回のきっかけは、尖閣諸島の国有化。その是非とは別に、それが、これほど
中国人の怒りを買うと誰が予想してたか。背景にある中国人の経済的な不満の
鬱積が、日本製品排除に結びつく可能性について検討はされたのか。
すでに日本の自動車産業にとって、中国での販売は世界全体の15%近くを占
める。政治的な解決を模索する一方で、きっかけと拝啓を作らない努力が問わ
れる。

 経済気象台より---窯
コメント (0)

IMFと世界銀行の年次総会、中国はトップを送らず
約2万人が来日するこの祭りに、中国はトップを送らず、大手銀行も欠席させ
るという。尖閣の一件を理由に、日本に恥をかかせる腹なのか。あらゆる機を
とらえての意趣返しは、体ばかり大きい子どもを思わせる。
IMFは世界の成長見通しを引き下げた。ユーロ危機は長引き、日米の財政難
は変わらず、新興国の勢いにも陰りが見える。こんな時こそ協調が必要なのに
、大国の自覚はないらしい。せっかくの場をプロパガンダに使う粗雑さは、未
熟な国内市場とも重なる。
中国では日本車の販売が失速した。9月はトヨタが昨年の半分、日産やホンダ
も約4割の減で、ドイツや韓国の車が売れている。政府が不買を容認し、性能
や価格で選ばれるべき商品が増悪の的になる。悲しいかな、これが「世界一の
新車市場」の現実である。
報復を案じてか、日本ツアーの解約も続く。心配ご無用、少数の嫌がらせはあ
ったが、五星紅旗も中華街も安泰だ。国柄や民度に触れるまでもなく、それが
世界の常識というものだろう。
経済規模で世界2位とはいえ、その源泉である13億人の所得格差は広がり、
民主主義なき発展の矛盾は覆いようもない。官民あげての「愛国無罪」も、国
際社会の評判を落とすだけである。とりあえず「大人の所作」を覚えよう、と
難じておく。

 天声人語より
コメント (0)

人生の目的意識と死亡率
人生に対する目的意識の高い高齢者の方が長生きするという研究が報告され
ている。
人生の目的意識に関するテストは
1、私は人生に方向性と目的の感覚を持っている。
2、私は将来の計画を立て、それを実現させるために働くことを楽しむ。
3、人生を目的なしにさまよう人もいるが、私はそうした人々の1人ではな
い。
4、私は人生でなすべきことをすべて行なったように感じることがある。
など10項目からなる。
各質問への回答を5段階の選択肢から選び、合計点を質問数で割って一人ず
つ平均点を出した。平均点は3.7点だった。
その結果、人生の目的意識に関する5点満点の点数が下位10%の人と比べ、上
位10%の人では、死亡率が43%も低かった。
人生の目的意識に関するテストは、ナチの収容所を生き延びた精神科医ヴィ
クトール・フランクルの思想などに由来する。彼の思想とは、極度の逆境下
でも人生を意味あるものとするのは可能であり、人生に対する目的意識を持
つことが、心理的健康を維持する上で本質的である、とするものだという。

 やさしい医学リポートより---東北大教授・坪野吉孝
コメント (0)

再チャレンジへの期待
安倍氏が自民党総裁に返り咲いた。
安倍氏については、安全保障問題の保守派的スタンスが耳目を集めるが、筆者
がひそかに期待しているのは、経済政策である。とくに、安倍氏が前回総理時
代に掲げた「再チャレンジ」政策の実行が、日本経済再生の大きな原動力にな
ると考えている。
安倍氏は、小泉政権が重視した市場メカニズムの機能を継承しつつ、格差の固
定化を回避するため、再チャレンジを可能とする柔軟で多様な社会の仕組みの
構築を打ち出した。それは、新卒の一括採用システムの見直しや、正規・非正
規労働者間の処遇均等化のほか、若者の自立支援、破綻企業経営者・離職者の
再起業や再就職の支援などを含むものである。
しかし安倍政権の終焉とともに、「再チャレンジ政策」の看板は消え、格差拡
大・固定化が進んだ。新卒・大企業重視の採用市場や、正規労働者中心の賃金
体系・労働慣行は代わっていない。退職女性の再雇用機会も少なく、創業に対
するリスクマネー供給も停滞したままだ。これら「ヒトと能力の無駄遣い」が
、日本経済の潜在力を損ね続けている。
経済停滞の根源にある人材と能力の加圧を、再チャレンジ政策の再興によって
解消することができれば、経済は再生に向けて大きく動き出す。

 経済気象台より---山人
コメント (0)

党首会談へ
握った手でなにが伝わったか。
民自ようやく歩の交換。
なお長考のふりをして、幹事長の携帯番号を聞くなかれ。

素粒子より
コメント (0)

日本代表、山中京大教授のノーベル医学生理学賞だ
教授が先駆けた「iPS細胞」はあらゆる人体組織となり、再生医療の切り札と
期待される。ご自身が「まだ一人も助けていない」と謙遜した通り、いわば現
在進行形の発明だ。
自分の皮膚から作った細胞で、臓器を治せる日が来るかもしれない。山中さん
には、難病の患者や家族から激励と相談が絶えないと聞いた。「待つ人」の存
在はありがたくも、身が引き締まる思いだろう。
同僚のチームはマウスのiPS細胞から卵子を作り、子を誕生させた。万能細胞
をめぐる日進月歩を、山中さんは冷徹に見守る。今は京大iPS細胞研究所の初
代所長として、倫理面など、ほやほやの技術の管理にも関わる立場となった。
お見かけする限り近づきがたさはない。白衣より小じゃれたジャケットが似合
う。ナイスミドルの趣だ。19歳で芥川賞を受けた綿矢りささんが、苦節何年
の風情から遠かったのを思い出す。「らしくない」人の栄誉は、清新でいい。
この賞も、ゴールではなく新たなスタートだろう。道を究めれば、一人の医者
が一生かけて救える命の、何倍もを救える。まだ見ぬ功績は「日本代表」域を
超えて、人類史に刻まれるかもしれない。未来につながる「現役の頭脳」の快
挙を、ともに喜びたい。

 天声人語より
コメント (0)

議事録
30年後にがっかりでは。
政権も末期になって閣議と閣僚懇談会の記録作り。
議事録に読むべき議事があることを。

素粒子より
コメント (0)

IMF世界銀行総会、危機克服の流れ加速を
関連の催しを含め、加盟188カ国の財政・金融政策のトップら、官民合わせ
て約2万人が集まると見込まれる。
世界的に経済の減速感が強まるなか、総会は文字通り世界の総会として、危機
克服に向けた政治のリーダーシップを求める場になりそうだ。
最大の課題である欧州問題では、欧州中央銀行が先月、南欧諸国の国債買い入
れを表明した。8日には新たな安全網である欧州安定メカニズムも発足。IM
Fはこれとは別に4560億㌦の資金基盤を整えた。
当面の焦点は、財政と金融の不安に揺れるスペインがいつ国内改革を決断して
支援要請に踏み切るかだ。ギリシャも構造改革を続け、ユーロ圏がそれに応じ
て追加支援に踏み込む柔軟な構えが求められる。
さまざまな議論を通じて事態解決への流れを加速させなければならない。

 社説より
コメント (0)

中国
異民族の笛に涙したのははるか昔。
いま観光客が押し寄せラクダも過労死するシルクロード。
膨張中国は東へ西へ。

素粒子より
コメント (0)

日本を囲む領土問題、「中立」の裏に米国の打算
ニューヨークの国連会議場、日本語で原稿を棒読みする姿は、いつもの「ド
ジョウ」型だったが、日本の国連演説としては異例の言葉遣いだ。
中国代表団はペンで遊んでいた外交官は必死でパソコンをたたく。隣の男性は
ノートに細かくペンを走らせる。首相の一言一句を逃さぬように。
この間、動きがなかったのは韓国だけではない。米国も淡々と聞くだけだった
。その姿は、領有権については誰の見方もしないという今の米国の政策と重な
って見えた。
米国の真意はどこにあるのだろう。CIAの1971年の極秘報告書は、日本の尖
閣の領有権の主張には理があると認めていた。米国は戦後の沖縄を支配し、海
軍は尖閣を射撃場にも使っていたのだから無理もない。ではなぜ、日本の領有
権を公に認めないのか。
歴史を振り返れば、「尖閣、竹島、北方領土」とは、冷戦下の米国のアジア戦
略から生まれた同根の問題に見えてくる。つまり、反米陣営に染まりかねない
近隣国と日本の間に領土問題を残し、米国が日本に足場を残し続ける構造を築
いた---。

 紙面より---立野純二
コメント (0)

山中教授、ノーベル賞
iPS細胞はワン・フォー・オール。
ラガーマンの責任感が談話ににじむ。
ジャマナカ変じてトライゲッターに。

素粒子より
コメント (0)

党首会談、逃げてはダメだ
野田政権の延命や、民主党の離党者防止のためにあるのではない。
自民党の新総裁が決まってから1週間あまり、公明党をまじえた3党の党首会
談がなかなか開かれない。
野田首相をはじめ、民主党の逃げ腰のせいだ。
党首会談を開けば、自公両党から「近いうち」の衆院解散の約束を果たすよう
迫られる。その結果、次の臨時国会での解散が現実味を帯びれば、さらなる離
党者が出かねない。
折しも、田中法相に外国人からの違法献金問題が発覚した。自民党は臨時国会
で厳しく追及する構えだ。
「そんな臨時国会なら開く必要はない」民主党にはそんな声すらある。
だが、それでは通らない。
先の国会で赤字国債発行法案が廃案になった結果、9月から5兆円の予算の執
行が抑制されている。地方交付税の支給延期などの異常事態は、すみやかに正
す必要がある。
そのために、首相が選ぶべき道はひとつしかない。
ただちに党首会談を呼びかけ、譲るべきは譲って3党の協力態勢を改めて確認
する。そして早期に臨時国会で懸案を片付けることだ。
動かない首相に、自公両党は不信を募らせている。解散を恐れ、逃げ回るばか
りなら、「決められない政治」に逆戻りすることは目に見えている。
首相に問いたい。
野党と正面から向き合い、一体改革をまとめたときの熱意と粘りはどこへ消え
たのか。
ヤドカリが貝殻に隠れるように、身をすくませるだけでは政権党の名が泣く。

 社説より
コメント (0)

般若心経とは
般若とはすばらしい知恵のこと。そして波羅密多とは六波羅密多、すなわち
自分よりも他人の救いを先にする「大乗の菩薩」という考え方による実践の
徳目です。
人間は生前の行いによって、地獄、餓鬼、畜生、修羅、人間、天という6つ
の世界に生まれ変わります。人間よりも下に落ちるのを救うためには、布施
、持戒、忍辱(にんにく)、精進、禅定、智慧という6つの修行をして、成
仏しなければなりません。
布施とは、僧にお経をあげてもらったときや寄付をする際に差し上げるお金
などの財物のことです。布施はお金に限りません。相手の不安をなくす、や
さしいまなざしや言葉などもあります。
持戒とは、戒を持つこと。これを十戒といい、具体的には十戒善を差します。
不殺生、不偸盗、不邪淫、不妄語、不綺語、不悪口、不両舌、不慳貪、不瞋
恚、不邪見。
忍辱とは、辛抱すること。
精進とは、一生懸命努力すること。
禅定とは、坐禅を組んでこころを落ち着けることです。
6つの修行をすると、智慧が出てきます。これが"般若"です。
仏様の場合、「智慧」と書きます。"知"の下の"日"は、宇宙の真理を指しま
す。
この6つのことを修行することを「六波羅密多行」といいます。こうするこ
とで自身が成仏する助けになります。
お仏壇に水、塗香(ずこう)=塗香(ずこう)は非常に細かい粒子のお香で、
塗香入(ずこうい)れに入れて用います。小麦粉にも似た触感があり、少量を
手に塗り、その香りを吸い、仏前で自らの心身を清めるために使用します。
花、線香、飯、ローソクの6品をお供えするのは、六波羅密多行を知らずに
亡くなったご先祖様に、6つの修行をすることで成仏できることを知らせる
ためです。
水は布施(感謝する気持ち)、塗香は持戒(よいことに励む)、花は忍辱
(怒りやすいこころを鎮める)、線香は精進(怠けごころをなくす)、飯は
禅定(こころを落ち着かせる)、ローソクは智慧(人間の悩めるこころを智
慧の光で明るくする)を表しています。これら6つをお供えすることを六種
供養といいます。お仏壇にお供えをして、お仏前でお経を唱えます。こうす
るこによってご先祖様が成仏できるのです。
コメント (0)

中国リスクへの対応
日系の流通業や工場などが抗議活動の標的となり甚大な被害を受け、その運営
に支障をきたしている。
これは短期では済まない可能性が強い。中国の次の政権のもとでも同様の事態
は再三、生じるとみてよいだろう。
このリスクに対して「中国プラスワン」という考え方が経済界にある。だが、
現状では不十分である。新興国の一つとして位置づける「中国、ワン・オブ・
ゼム」という視点、つまり中国を相対化することが必要だ。
他の新興国への投資の拡大、中でも東南アジアをその拠点とすべきだろう。
これらの地域は言語も宗教も民族も多様ではあるが、基本的には民主主義と市
場経済という共通の価値観を持っている。人口規模も6億人を超え、中国の半
分くらいに達している。
また、最大級の市場となる可能性を持つ新興国インドとも隣接し、そらには、
対中国の政治的問題では共同戦線を構築できる点でも望ましい。
ミャンマーの市場開放が現実化しつつあるこの時期に、「中国からASEAN
へ」と明確にかじを切ることが、中国リスクへの確実で長期的な対応策となる
だろう。

 経済気象台より---龍
コメント (0)

近年乳がんになる女性が増えた。
食生活や生活習慣の欧米化により、エストロゲンという女性ホルモンの分泌
が増加したことが原因という説が有力です。
乳がんになる人は30代から40代にかけて急増し、最もなりやすいのは40代後
半の女性といわれています。壮年期の女性ががんで亡くなる場合、一番多い
のが乳がんです。「閉経後は大丈夫」「50歳すぎたら乳がんにならない」と
いう説はあてになりません。一方、まだ20代の若い女性も安心は出来ません
。各自が早期発見法を身につけるべきです。月に1回は自分で乳房に指をあ
てて、しこりがあるかないかを調べる自己チェックをぜひともやってほしい
のです。
鏡の前で裸になって立ち、左右の乳房の位置や形に違いはないかを見たあと、
指先でしこりの有無をチェックするのです。生理が始まって1週間後の頃が最
適です。
病院など専門機関での定期検診は20代から受けても早すぎることはありませ
ん。超音波検査(エコー)か乳房のレントゲン撮影(マンモグラフィー)の
いずれかをできれば年に1回、少なくとも2年に1回はぜひ受けることを勧め
ます。
今のところ、よい予防法はないので、早期に発見することが最善の方法なの
です。
指ではしこりがわからないごく初期のものでも、X線や超音波の検査で発見
されることがあります。こうした初期乳がんは、早く治療すれば90%以上の
人が治癒しています。
昔の治療法では、乳房全体を切り取り、傷が残ることが多かったのですが、
今では乳房を保存する技術も進んでいます。
乳がんは早期発見が何より大切だということから、「乳房健康研究会」が結
成され、乳がんのことを知ってもらう活動をしています。
http://www.breastcare.jpです。

 私の証あるがまゝ行く----日野原先生
コメント (0)

党首会談、見通し立たず-衝突回避へ二の足
民主、自民両党の党首会談の日程が決まらない。早期の衆院解散を迫る自民党
との衝突を避けたい民主党が、二の足を踏んでいるからだ。
特例公債法案など臨時国会の懸案の道筋もつかず、両党の新執行部の間に不信
感が膨らんでいる。
首相が積極的な環太平洋経済連携協定で新閣僚から慎重論が出るなど、早くも
「閣内不一致」の可能性が浮上。臨時国会を開けば与党が厚生にさらされるの
は確実で、民主党としてはできるだけ先送りしたいという本音がある。

 紙面より
コメント (0)

原発
政権代われば動き出すさ。
とりあえず白紙の上関原発。
腰の引けた脱原発に、もうしばらくよ雌伏する者多し。

素粒子より
コメント (0)

皇室制度見直し
野田政権は、皇室典範の見直しに向けた論点整理を発表した。
女性皇族が結婚後も皇籍にとどまる「女性宮家」創設案と、結婚して皇籍を離
れても新たな称号を使うなどして皇室活動を続ける2案を併記。
制度改正を最小限にとどめるため、いずれも対象を天皇の子や孫にあたる「内
親王」に限定した。
有識者からヒアリングした結果を踏まえ、2案の併記。女性・女系天皇につい
ては根強い反対論があったことから皇位継承制度には踏み込んでいない。
新制度にする場合でも一律には適用せず、女性皇族の意思を反映できる仕組み
にする。すでに皇籍を離れた旧宮家の男系男子孫の皇籍復帰は検討対象外とし
た。

 紙面より
コメント (0)

近いうちに
一度は手を握ったけど。
相手が代わったし、手打ちはしたくないし。
その手は食わぬと手を引っ込める野田首相。

素粒子より
コメント (0)

内閣改造 一体何がしたいのか
政権発足からほぼ1年で、3度目の改造である。猫の目のようにクルクルと閣
僚が代わるめまぐるしさは、政権弱体化の表れにほかならない。
事実、前回、前々回は、閣僚の問責決議で追い詰められた末の改造だった。
今回は、野田首相が民主党代表選で再選されたのを受けた態勢づくりだ。
首相は改造のねらいについて「政府・与党が一体となり、チーム力を最大限発
揮していく」ためだと説明した。
では、首相はそのチーム力を使って何をしたいのか。新閣僚の顔ぶれを見ても
、それがちっとも見えてこない。
8人の初入閣組には、国民の生活が第一の小沢代表に近かった議員もいれば、
党役員人事で外れた人もいる。
民主党では離党者が後を絶たず、もう少しで衆院で単独過半数を割り込む。
そうなれば内閣不信任決議案の可決も、現実味を帯びくる。そんな事態を避け
るため、多くの議員にポストを割り振ろうとしたのかもしれない。
だが、それで党がまとまるか大いに疑問だ。なにより、これまで所管分野と縁
が薄かった「素人閣僚」が目につき、適材適所とはいいがたい。
民主党政権の一枚看板は「政治主導」だったはずだ。ところが、この3年で首
相は3人、改造は計5回にのぼる。衆参がねじれ、難しい政権運営を強いられ
ているという事情があるにせよ、これでは閣僚が落ち着いて仕事ができない。
そもそも政治主導以前に、任に堪えない人材も多すぎた。
改造内閣は、まずは全力で懸案に取り組まねばならない。
やはり粗製濫造だったとあざけりを受けぬよう、閣僚は気を引き締めてほしい


社説より
コメント (0)

油田
掘ってみれば出るもの。
秋田の油田から日本初のシェールオイル。
埋蔵量はわずかでも、気分はちょつと産油国。

素粒子より
コメント (0)

あってもいい消費
今、私たちは、様々な分野で科学の恩恵を受けている。猛暑や厳冬でも快適な
暮らしができる。世界中の情報を瞬時に知ることができる。私たちの求めてい
る基本的なものは、ほとんど実現されていると言っても過言ではない。
新商品でなくても、パソコン、携帯電話、クルマなど、今使っている商品で不
自由することはない。言い換えれば、「どうしても欲しいものがない」時代だ
。そして、今、私たちが実際にしょうひしているものは、あったらあったで便
利な「あってもいい」商品であろう。
しかし、そのような飽和な時代のなかでも、企業は新商品や新サービスを消費
者に提供し続けなくてはならない。
ところで、回復しない景気のなかで、セールや100円ショップ、アウトレッ
トは、消費者に「安いから、後悔しない」という気持ちの余裕を生み、そんな
「あってもいい」消費を後押ししている。
一部のマニアやオピニオンリーダーが新商品を高く評価すると、インターネッ
トによって広がり、一般のユーザーにとっては「あってもいい」商品が、「ど
うしても欲しい」商品に姿を変えることも少なくない。
多くのイノベーションが望めない今、「あってもいい」商品に格上げするため
に、企業は、消費者心理に向けて様々な戦略を展開せざるをえないのである。

 経済気象台より---ほろほろ
コメント (0)

シリア
世界遺産のスーク焼く。
自国民に銃口を向ける愚かさよ。
弾痕が残るアンコールワットの壁を思い出す。

素粒子より
コメント (0)

怒って、嘆いた後に
今春の大卒者のうち約8万7千人は就職も進学もせず、4万2千人は非正規社
員やアルバイトに。5人に1人が安定した職に就いていない。
非正規社員は正社員と比べ、結婚している割合が明らかに低い。
人材しか資源のないこの国で、吸収力のある時期に訓練を受ける機会に恵まれ
ない。若者が不安定な雇用と低賃金ゆえに結婚や出産をためらい、中高年化し
ていきかねない時代である。
本当の危機は日常風景にまぎれて、目立たぬように進行する。1975年に合計特
殊出生率が2を切って以降、超高齢化と人口減に向けた坂道をゆっくりと転が
ってきた間もそうだったのだ。
隣国が無礼に振る舞うのは、日本の国力が下がったからだ----。怒り、嘆いた
後は、根本的な原因について自問したい。

 窓より---浜田陽太郎
コメント (0)

改造内閣
浮き立つ春の心はむろんなく、収穫の喜びがあるわけでなし。
秋の夕暮れの寂しさをかみしめる。
野田改造内閣。

素粒子より
コメント (0)

景況感3期ぶりに悪化
9月の日銀短観は、大企業・製造業の業況判断指数がマイナス3で、前回6月
調査から2?悪くなった。悪化は3四半期ぶり。
欧州危機に加え中国の成長が鈍り、輸出と生産が低迷したためだ。日本の景気
が「踊り場」に入ったことを示した。
大企業・製造業では、エコカー補助金が9月に終わった自動車の落ち込みが目
立ち、DIは前回よりも13?悪化のプラス19。自動車向けの不振などで、鉄
鋼は11?悪化し、マイナス28だった。
一方、大企業・非製造業では、前回と同じプラス8だった。東日本大震災の被災
地で公共事業が増え、建設と不動産のDIがよくなった。ただ、夏のボーナス
の減少などを受け、個人消費の動向を反映する小売りは悪くなった。
3カ月後の先行きは、大企業・製造業がマイナス3と横ばい。大企業・非製造
業はプラス5と3?の悪化を見込んでいる。

 紙面より
コメント (0)

火事
消防士の犠牲が痛ましい。一工場の爆発で世界のおむつ生産に影響とか。
意外なところで知る日本の製造業の力。

素粒子より
コメント (0)

細る政治の人脈
今こそ、政治のパイプが必要なのに、日中双方に人材がいない。
この40年、日中関係は現在と同様に冷え込んだ時期はあった。だが双方が知日
派、知中派の政治家や民間団体など、様々なチャンネルを通じて関係改善を探
るという動きもあった。
民主党政権になってからは、特に2年前の尖閣沖での漁船衝突事件以後、政府
間以外のパイプの動きは鈍い。民主党には中国とつきあいの深い人材が少なく
、友好団体の会長も、自民党議員や元議員が4人を占めるのに対し、民主党で
は江田五月氏1人だ。
「人材」がいなくなった点は中国側も同様だ。共産党や政府内で影響力のある
知日派は減り続けている。共産党も含め、対日政策の決定過程に現在携わる知
日派の高官はほとんど見当たらない。

 紙面より
コメント (0)