2011年12月の記事


大晦日
年惜しむ、とは言いづらい1年だったが、人の強さや優しさも知った。
はかなき四季を共に過ごす奇遇、誰かとつながる喜びを、かみしめたい。
被災地に笑顔が戻る日を願い、よいお年を。こんどこそ。

天声人語より
コメント (0)

新しい年に
災いを恨んだ年の暮れ、来年の賀状のあいさつ言葉に迷う人が多い。「一陽来
復」の四文字を選んだ方もおられよう。衰えの極まった太陽が復活に転じる意
味で、凶から吉に向かう例えでもある。暦の上では、きょうが変わり目の冬至
になる。
昔から、この日は柚子湯につかり、南瓜や小豆粥を食べて息災を願った。夏の
太陽は冬には植物の実に仕舞われていて、それに浴し、食することで命を養う
意味があるそうだ。すたれがちな習わしだが、これに限らず、厳しかった今年
は「古き良き日本」に癒される人も多かろう。
そして、冬至を過ぎると師走も「数え日」となる。年内も指折り数えるほどに
なった日々を言い、せわとさは募る。先急ぎするような気持ちと、見送ってい
たたずむような思いが入りまじるときだ。
<時計でも/十二時を打つとき/おしまひの鐘をよくきくと/とても 大きく打つ
>。それは今日という日が別れていくため、とうたう室生犀星の詩にも似て、
歳と別れる12月の打つ鐘が、今年はひときわ大きい。
今日という日が<地球の上にもうなくなり----茫々何千年の歳月に連れこまれる
>と犀星の詩は続く。2011年も間もなく過去の歳月にまじる。忘れたいこと。忘
れ得ぬこと。忘れてはならないこと。誰もがかみしめつつの数え日となる。
列島はクリスマス寒波の到来だが、冬至の日に一陽来復を願う心には、素朴な
再生への祈りがある。早い日暮れに灯る明かりのどの窓にも、人の幸いがあれ
ばいい。

 天声人語より
コメント (0)

生きる
私たちは将来が不安だからと現在を我慢してしまうけど、今を大切に生きることを見直してもいい。

紙面より
コメント (0)

消費税「2015年に10%」提示へ
民主党税調は消費増税法案の素案策定に向けて、引き上げ税率や時期を記さな
い骨子案を示した。だが、批判が続出したため、「2015年度に税率10%」の案
を再提出する。素案について、野田首相は政府・民主三役会議で、年内に党内
でまとめるよう指示。慎重派に配慮して税率と時期を入れない方針を確認し、
消費増税に対する考え方をまとめた「骨子案」を総会に示した。
だが、「税率や時期がかわらなければ議論できない」として議論は紛糾。役員
会は2015年度に税率10%とする案を示すことを決めた。段階的に引き上げる時
期や税率を示す可能性もある。
一方、増税を容認できない離党者は10人規模に膨らむ見通しとなった。党内の
亀裂は深まっている。

 紙面より
コメント (0)

北朝鮮
一つの虚構を守るために十のうそを創り、それを支えるのに百のうそが要る。

素粒子より
コメント (0)

政治主導
野田首相の訪中、どれほどの成果があったのか。この時期、中国首脳と北朝鮮
を語る意味はあろうが、首相の言動は霞ヶ関の台本に忠実すぎる嫌いがある。
経済的にも軍事的にも、中国の重みは40年前の比ではない。自信過剰の振る
舞いに、アジアの海は荒れ放題。日中の懸案も多くも、ガス田からパンダの貸
し借りまで、先方に主導権があるかに見える。
不利な形勢でまみえるには、倍旧の外交力が要る。ところが、日本には田中も
大平もいない。二回り小粒で、のべつ交代している首相と外相がいるだけだ。
政治を見限った官僚たちの中には、妙に活気づく者もいる。
大衆人気を誇った田中首相も、狂乱物価と金脈批判で退陣に追い込まれた。そ
してロッキード事件。それでも2年前の本誌調査では、戦後首相の一番人気で
ある。前に進まない政治は「小粒」だけの責任ではないのだが、強烈なリーダ
ーシップへの郷愁は理屈抜きらしい。

 天声人語より
コメント (0)

民主党
日々の倹約を怠り年越しの算段もできぬのに、極月末にもなって旦那はぬかっていた外回り。
帳面の後始末に番頭や手代がけんか腰の大騒ぎ。

 素粒子より
コメント (0)

将来担う若者と向き合え
増税で財政赤字を減らす必要はない。インフレになって持てる者と持たざる者
の立場が逆転するなら、その流れに任せればよい----。
若者の間にそんな虚無感が生まれているのだろうか。だとしたら、それは危う
い。インフレは大きな混乱を生み、社会的弱者に深刻なダメージを与える。
年金や医療保険の制度も立ちゆかなくなる。世界の中で日本の信頼は地に落ち
、回復は容易ではない。
そうした混乱を避けるために消費増税で財源を確保し、社会保障を充実させ、
若者が安心して働ける環境づくりを進める。野田種子用が取り組む制度改革の
狙いも、そこにあるはずだ。ならば、野田首相をはじめ消費増税を支持する政
治家は、若者の間に飛び込んで「インフレでは問題解決にならない。税と社会
保障の制度を地道に改めることが大切だ」と説得すべきだ。
だが、現実はどうか。首相は官邸に閉じこもって官僚の言い分に耳を傾けてば
かり。
多く政治家は、次の選挙での逆風を恐れて、増税や負担増を明確に打ち出そうと
しない。若者の不満は、困難な問題に正面から立ち向かおうとしない大人たちに
向けられているのかもしれない。

 政治考より---星 浩
コメント (0)

来年は
小泉、安倍、福田、麻生、鳩山、菅、野田。
この7年、毎度違う首相と年越し。
さて来年は。鬼も首をかしげて。

 素粒子より
コメント (0)

来年度予算実質96兆円、過去最高
震災復興費と年金の国の負担を一般会計から外すことで、形だけは整えた来年
度予算案は、日本の財政が限界にきていることを示している。
新たな国債の発行額を44兆円以下に抑えるという目標を守るため、こんな「
飛ばし」のような手法をとらざるを得なかった。積み重なった借金のあまりの
重さに、予算編成のやりくりに無理が生じている。
今回の予算案は増税を織り込んで成り立っているという性格も持つ。復興費は
今後25年間の所得増税をあてにし、交付国債による年金の国庫負担の「立て
替え」も、消費増税を前提にしているからだ。
だが、増税に理解を求めるお金の使い方とはとてもいえない。大型公共事業が
相次いで復活。社会保障費と比べればケタは二つ三つ小さいが、国民には、増
税しても無駄に使われるのではないかと映るだろう。
民主党が掲げた「コンクリートから人へ」の理念は「人からコンクリート」へ
と逆流し、「総予算の全面組み替え」も崩壊した。民主党政権の限界がはっき
りした予算案といえる。

 紙面より
コメント (0)

祖父の姿に似せ父の足跡をたどる当代に目線を上げる余裕はなく。
悲嘆を強いられる国民はひたすら地を見つめ。

 素粒子より
コメント (0)

北朝鮮の行方、米は静観 頼みは中国
米が発しているメッセージは大きく2点。同盟国の日韓へは「安全保障を守る
決意」、北朝鮮の指導部へは「平和の道を選ぶことを期待する」との内容だ。
核を持つ北朝鮮の不安定化は、アジア・太平洋を「最重要地域」と位置づける
オバマ政権の安全保障・経済戦略を大きく揺るがすからだ。
北朝鮮の権力中枢の動きを把握できず、打つ手が乏しいという事情もある。
新指導部にパイプがない米政府は、北朝鮮を支援する中国の影響力をあてにせ
ざるを得ない状況だ。だが、米中は北朝鮮の安定が重要との認識では一致する
が、有事を前提にした議論に中国側は応じていない。
米では、いまこそ中国と腹を割った話し合いを求める声が相次いでいる。

 紙面より
コメント (0)

経験則
聖夜の前後が凍てつくと、元日あたりに寒が緩むらしい。
混乱の後は平穏、拙政の果てには賢政が待つと念じたい。

天声人語より
コメント (0)

今こそ首相の出番だ
社会保障と税の一体改革に関して、民主党内で選挙を意識した議員による反対
の動きが強まっている。
このような動きに対し、野田首相は「私が先頭に立ち不退転の決意で望む」と
正面突破を目指しているが、その前途はまったく不透明である。
国民の反対の割合も増えてきている。これを受け、小沢グループを始めとし、
野田首相の行く手を阻む党内勢力も大きくなってきた。
この状況を打開するために、野田首相が前面に出てまず国会議員の定数削減な
ど身を切る覚悟を表にだし、消費税増税の必要性を国民に訴えるしか他に策は
ない。
最近、野田首相の人気が低下しているのは、その待ちの姿勢に国民が飽き足ら
ないからである。
いまこそ、これまでの政治家としての自分をさらけ出し、何をすべきなのか国
民の琴線に触れるような見解を述べるべきである。
衆目の見るところ、これ以外に国民の支持を受け、国家の危機を乗り切る手立
てはない。

 経済気象台より---安曇野
コメント (0)

アンデルセン童話
ただ一つだけ、パンにバターをたっぷりつけてあげたい子が、地球に多く暮らすことを忘れないようにして。

天声人語より
コメント (0)

財政不安の改善ルート
それには四つのルートがある。
第一は資産売却。日本は政府債務も大きいが資産も大きい。だからネットの債
務はGDPの100%程度だ。表示方法をネットに統一するか、あるいは政府が保
有する金融資産を売却して債務を減らすことだ。金融資産の多くは特殊法人へ
の出資金などだから、これを減らせば政府のスリム化、天下りの縮小にもつなが
る。
第二は税収を増やすことだ。消費税などの税率を引き上げたが、結果的に税収
が増えなかった。増税が景気を悪化させたためだ。ここでは税率ではなくて、
税の捕捉率を上げる道がある。
広く公平に負担してもらうことで増収を図るべきだ。
第三は、特別会計の不要不急の歳出、議員定数削減による歳費など景気への影
響が小さい分野の削減を進める。
第四は、財政を使わない手法で、規制緩和や産官学共同の技術開発、産業育成
を図ること。これで名目GDPが増えれば債務比率の低下ばかりか税収も増え
る。

 経済気象台より---千
コメント (0)

財政不安の改善ルート
それには四つのルートがある。
第一は資産売却。日本は政府債務も大きいが資産も大きい。だからネットの債
務はGDPの100%程度だ。表示方法をネットに統一するか、あるいは政府が保
有する金融資産を売却して債務を減らすことだ。金融資産の多くは特殊法人へ
の出資金などだから、これを減らせば政府のスリム化、天下りの縮小にもつなが
る。
第二は税収を増やすことだ。消費税などの税率を引き上げたが、結果的に税収
が増えなかった。増税が景気を悪化させたためだ。ここでは税率ではなくて、
税の捕捉率を上げる道がある。
広く公平に負担してもらうことで増収を図るべきだ。
第三は、特別会計の不要不急の歳出、議員定数削減による歳費など景気への影
響が小さい分野の削減を進める。
第四は、財政を使わない手法で、規制緩和や産官学共同の技術開発、産業育成
を図ること。これで名目GDPが増えれば債務比率の低下ばかりか税収も増え
る。

 経済気象台より---千
コメント (0)

ゆとり
善意でも健康成人のペースで測っては、できることも奪ってしまう。
周囲で街で、心と時間のささやかな余裕を、お互いに贈りたい。

紙面より
コメント (0)

ベールの向こうの国
先日は、50日以上姿を見せない女性看板アナが取り沙汰された。異変の兆候か、
などと憶測を呼んだ。その人が久々に画面に映った。喪服に涙で報じたのは、
最高指導者。金正日総書記の急死である。
「金王朝」の2代目は、徹底した社会主義独裁と、軍をすべてに優先する政治
を進めた。抑圧と欠乏に民衆の疲弊は深い。米の外交専門誌フォーリン・ポリ
シーは去年、世界の独裁者ランキングで、この人を「最悪」に選んでいる。
「アラブの春」の起きた今年、何人かの独裁者が権力の座から引きずり降ろさ
れた。その原動力は「抗議する人」すなわち民衆の力だった。片や極東の独裁
者は病で権力から去った。いわば「陽」と「陰」の、時代の変わり目である。
そして早々と3代目への世襲が宣言された。だが、その資質の程はほとんど知
られていない。賢愚の次第で民は泣き、国際社会は迷惑を被る。拉致被害者の
早い救出も、そこによるところは大きい。
世継ぎへの忠誠心争いや、どさくさの権力争いで、ミサイルや砲弾が他国へ飛
ぶ事態もないとはいえない。ベールのすき間から漏れて来る少ない情報を分析
し、「たら」と「れば」で推測する。気の抜けない時がしばらく続く。

 天声人語より
コメント (0)

東電値上げ
安易な値上げにならないように、政府に監視を。
しかし国有化されては値上げは必然が。
コメント (0)

東電、国有化
政府は東京電力を事実上国有化する方向で調整を始めた。
事故を起こした福島第一原発の廃炉費用がかさみ、このままでは東電の借金が
資産を上回る「債務超過」になるからだ。
賠償支払いを支援する原子力損害賠償支援機構が東電に新たに1兆円規模を出
資する。いまの東電の株式の時価総額は約4千億円のため、機構が経営上の大
事なことを決める権利をにぎる3分の2以上の株式を持つ。
株式を買うお金は、東電が経営破綻したら政府が必ず返すという保証をつけて
金融機関から借りる。このため、機構を通じた「国有化」になる。

 紙面より
コメント (0)

遺徳
レーニンも毛沢東も、ろう人形のように。
社会主義の個人崇拝。
北朝鮮は宮殿に首領様と将軍様を並べるらしい。
遺徳にすがる次代のしわざ。

 素粒子より
コメント (0)

政策の舵取り
社会保障と税の一体改革の必要はよく分かる。だが、日本の経済が多年にわた
り凋落してきた状況を更に加速することの危うさを思えば、消費税の増税を小
刻みにするなど実体経済に配慮する必要がある。日本の貯蓄の構造からすれば
相続税の徴収幅を広げ、全体的な税収を上げる道もある。
財政の健全化と経済の活性化を対立させるのではなく、この閉塞感を打ち破る
希望のある国づくりをするために、日本の実態に即した政策を主体的に選択す
るのが政治の役割だろう。
国民の貯蓄という土台があり、技術や労働の質も高い日本が、世界の地殻変動
という好機の中で停滞し続けたのは何が原因なのか。政策の選択が問われてい
る。

 経済気象台より----瞬
コメント (0)

北朝鮮
ユーラシアプレートは朝鮮半島から突如動き出す。
周辺に先んじて。
激震は起きないか。
ひび割れは走らないか。
 
素粒子より
コメント (0)

隣り合う国の不仲
訪日した李韓国大統領が、野田首相との会談で、旧日本軍の慰安婦問題に初め
て言及した。この件を優先して解決する「誠実な勇気」を促したという。首相
は国交回復時に解決ずみとの立場を繰り返し、慰安婦像の早期撤去を求めた。
ソウルの日本大使館前にできた像は、慰安婦の少女期をモチーフとする。
民族衣装で椅子に座り、道を隔てた日の丸を見つめている。日本に謝罪と賠償
を求める団体が、この場での集会が千回になったのを記念して建立した。
日本にすれば、在外公館の尊厳を損ねる非礼にあたるが、大統領は憲法裁判所
と世論に背を押され、強く出ざるを得ない。お互い別の隣国に難渋している折
なのに、未来志向の関係に銅像ひとつが水を差す。残念ながら日韓の現実であ
る。
韓国政府に届け出た元慰安婦は、今年16人が亡くなり、存命は63人になった。
しわに刻まれた風雪は偲んで余りある。だが、少女像が日本の世論をとがらせ
ては、抜けるトゲも抜けず、双方の不幸となろう。
売り言葉に買い言葉という。同じことを、あちらではより前向きに、優しく「
行く言葉が美しければ、来る言葉も美しい」と説くらしい。文化や芸能で深ま
る絆を思えば、越えられぬ壁はない。反日と嫌韓の連鎖はそろそろ断ち切りた
い。

 天声人語より
コメント (0)

猫は猫と呼ぶべきだと仏の貿易担当相。ドーハーの失敗を認めよと。
肥えた猫に鰹節を奪われる、と痩せ猫たち。

素粒子より
コメント (0)

増税ができればいいのか
増税が出来ればいい、というのが本音なのではないか----。野田政権の社会保
障改革案を見ると、そんな疑念がぬぐえない。
貧困問題など社会の変化でほころびが出る安全網の立て直しは急務だ。一方で
、働く世代が減りお年寄りが増えるなかで、制度の先行きへの不安は高まり、
国民皆年金・皆保険からこぼれる人たちも出てきた。
時代に合った形にどう変えていくのか。みんなが安心、納得できるような制度
の姿を示した上で、それを支えていくのに必要な財源の確保に、国民の理解を
得ていく。それが税と社会保障を一緒に議論する意味だったはずだ。
ところが、今回は、そうしたいまの制度が抱える課題や問題点をどう克服する
のかという議論が、次々と先送りされてしまった。
本当に必要なところにお金が振り向けられているか、いま一度、政策の優先順
位を考えてほしい。そして、今の制度が抱える課題を直視して、立て直しにき
ちんと踏み出してほしい。
そうでなければ安心感は生まれない。

 紙面より
コメント (0)

トレッキングの注意点
山歩きをしていて、ひざの痛みを訴える人が少なくありません。
たびたび痛くなったり、痛みが取れないようなら、医師の診断を受けること。
そのうえで、山歩きをしても支障がないということなら、
ひざへの負担を軽くするために普段から足を鍛え、筋力を高めておくことも
大切です。太ももの筋肉を鍛えることです。真っすぐ立ち、ひざを直角にな
るまでももを上げる足踏みをします。左右で1回として50~60回繰替えしま
しよう。いすに座ったままでもできます。その場合は両手でひざを軽く押さ
えつけて負荷をかけ左右20回ずつ。
寝ころんでは、仰向けになり、ひざを伸ばして10~20cmほど上げます。
これも左右交互に20回。回数はあくまで目安。
無理せず、続けることが肝心です。除々に回数を増やしたり、足首に軽い重
しをつけたりしてもよい。縄跳びや階段上がりも効果があります。
山歩きでは、とりわけ下山時にひざに負担がかかります。
体重の2~3倍ともいわれます。このうえ、ザックの重みも加わりますから、
荷物をなるべく少なくする工夫をします。
傾斜の緩やかなコースやストック(つえ)を使うのも効果があります。
歩幅は小さくするのことも心がけましよう。
これから時期は足を冷やさないことも大切です。サポーターも有効ですが、
締め付けていると、血行が悪くなりますから、休憩時には外したり、ずらし
たりしましよう。
コメント (0)

民主 師走の迷走、マニフェスト回帰論も台頭
民主党がマニフェストの修正で、自民、公明両党と8月に交わした3党合意が
形骸化してきた。与野党協議が進まないうえに、党内にマニフェストへ回帰を
求める意見が台頭しているためだ。党内執行部には消費増税反対派を取り込む
思惑もあるが、どの政策も実現可能性は低い。
その代表例が、子ども手当てだ。民主党が決めた「子どものための手当」への
変更に名前がおかしいと自民党が反発。8月の合意では「児童手当法を基本と
する」としていただけに、3党合意をないがしめにしていると批判。
民主党執行部は野党の厳しい空気を感じ、今度は党内向けにマニフェストへの
回帰を強調し始めている。
民主党の戦略のふらつきは党内の合意も野党との協調もできない「あぶはち取
らず」となりかねない。

 紙面より
コメント (0)

廃炉
最長40年。それも目標にすぎず。
M9クラスの地震が起きる確立が30年以内に30%。
ため息の出る綱渡り。

素粒子より
コメント (0)

廃炉
最長40年。それも目標にすぎず。
M9クラスの地震が起きる確立が30年以内に30%。
ため息の出る綱渡り。

素粒子より
コメント (0)

原発事故 収束宣言
野田政権は原子力災害対策本部を開き、東京電力第一原発事故収束に向けた工
程表ステップ2終了を確認し、事故の収束を宣言する。「事故の収束」という
踏み込んだ表現をすることで、内外に安全をアピールする狙いだ。
住民帰還のめどが立たない中での収束宣言には、避難住民から反発が出そうだ

より強い表現にしたのは、風評被害など国内外に根強い原発事故への不安を払
拭したいという狙いがある。政権は今後、放射性物質の除洗を進めていく方針
。避難区域の縮小も行い、住民の帰還へとつなげたい考えだ。

 紙面より
コメント (0)

冷温停止
なかなか冷温停止できないもの。
中韓の争い、ロシアのデモ、イラクのテロ、巨人の内紛、野田政権の不支持率。

素粒子より
コメント (0)

公務員優遇存廃先送り、民主党慎重論拡大
会社員と公務員の年金統合議論で焦点になっている公務員の年金上乗せ部分に
ついて、野田政権は、存廃の決定を先送りする方向で調整に入った。上乗せ維
持を求める公務員労組や民主党議員に配慮し、政府の社会保障改革案に「人事
院調査の結果を踏まえて検討」と明記した。消費増税で国民に負担を求める一
方、公務員の優遇見直しは骨抜きになりかねない状況だ。
民主党は党の支持基盤の陳情を受けて先置くにを決めた。
こんなことでは国民は増税に反対だ。

 紙面より
コメント (0)

景況感一転マイナス
日銀短観の12月は大企業・製造業の景況感が悪くなり、2四半期ぶりにマイナスとなった。
円高・欧州危機響く。

紙面より
コメント (0)

野田内閣不支持率下落
野田内閣の支持率は31%、不支持率が43%となり、初めて不支持率が上回った。
問責決議を受けた一川防衛相と山岡消費者相を首相が続投させたことについては
「評価しない」人が59%に上った。
不支持の人に理由を聞くと、「実行力の面から」が48%に増え、最も多かった。
内閣発足から3カ月。「首相として何をしたいのか、伝わってこないと答えた人
は71%にもなった。
首相官邸の危機感は薄く、次の衆院選を意識する民主党は打つ手なしの状況だ。

紙面より
コメント (0)

子ども手当て
児童手当が子ども手当てになって、今度は「子どものための手当て」。
民主党マニフェストのための手当てではないの。

素粒子より
コメント (0)

問責可決は妥当な結論。更迭し新態勢を
そもそも、一川、山岡両氏の人事は、野田首相が民主党の小沢元代表や輿石幹事
長に配慮して決めた。野田政権の弱点である。
敵の弱みを突くのは攻防の鉄則。自民党が民主党を追い詰めるために一川、山岡
両氏を責め立てたのは当然だ。自民党単独では可決できない中で公明、みんな、
共産の格闘などが一川、山岡両氏の言動を点検し、問責決議に同調。可決の流れ
ができた。
緊張感あふれる論争で閣僚の資質をチェックし、場合によっては退場を迫る。
まっとうな議会の意思を政府に突きつける問責決議なら、意味は大きい。一川、
山岡両氏の問責には、政局絡みの思惑も込められているけれど、可決は妥当な結
論だろう。
野田首相はどう動くのか。
党内バランスに気を使いすぎて、閣僚人事という勘所で判断ミスをした反省をし
なければならない。そのうえで問責という国会の意思を汲みとって一川、山岡両
氏を速やかに更迭し、今度こそ適材適所の人事を進める必要がある。税と社会保
障の改革という最大の懸案を控えて、政権の態勢立て直しにつながるのなら、そ
れも問責の効用である。

 政治考より---星 浩
コメント (0)

倒錯
欧州首脳は試験の結果を待つ気分か。
格付け会社が国債のランク引き下げ示唆。
市場が政治を判定する倒錯の世界。

 素粒子より
コメント (0)

ユーロ
通貨統合の弱みは当時から言われていた。財政は国ごとなのに、通貨と金融政策
だけ一緒にする半端である。ある国が野放図に借金を増やせば、ユーロの信用が
揺らいで他国に累が及ぶ。まさに眼下の危機だ。
英国を除く欧州連合各国が、財政規律を締め直すことを申し合わせた。EUの本
丸、ドイツやフランスの国債までが格下げ圧力にさらされる中、背水の合意だっ
た。
せっかちなしじょうと、じれったい民主主義。マネーの奔流に比べ、EUや各国
議会の意思決定はのろく、燃える家で防火対策を相談する図にも見える。それで
も、血相を変えたリーダーたちが徹夜で談判する姿は悪くない。国益のため、明
日のためにもがくことこそ、政治家の仕事だから。
さて、東の借金大国である。国会は問責決議二つを残して閉じ、重要法案は先送
りされた。ムダ減らしにも、増収策にも見るべき進展はない。与野党の溝どころ
か与党内さえまとまらず、世界の激動とは別の時間が流れるかのよう。
市場に迫られての改革のつらさは、欧州が身をもって示している。ユーロを案じ
ているうちに、円もいつ「炎」になるか分からない。内向きの政争ではなく、真
っ当にもがく政治家を見たい。

 天声人語より
コメント (0)

『覚醒 観世音菩薩 慈悲の心』
ご開帳は、観世音菩薩様に皆様方の目の前に御出ましいただき、一人ひとり
と『縁』を結んでいただくというものであります。
私たち日本人が古来より大切にしてきた『謙虚な心』『慈しみの心』はどこ
へ消えてしまったのでしょうか。今一度、「命の尊さ」、「人を思いやる心
」というものを考えなければならない時なのです。まさに此処に、観音様の
大きな慈悲の心に触れていただきたいと願っているのであります。
観音様は最も慈悲が深い仏であり、様々な人の姿を借りて困っている人を助
けると説かれています。実は慈悲の心というものは、観音様ほど大きくなく
ても、自分の心の中にもちゃんと存在しているものでもあります。悲しいか
な、便利さやわがままの実現ばかりを追求している現代の風潮の中で、だん
だん気が付かなくなっているのであります。
結縁開帳を通じて、観世音菩薩様のご宝前に立ち、静かに自分の心を見つめ
る時、一人はひとりの自分の心の中のこの存在に気が付く事が出来るはずな
のです。
そうなのです。観音様は実は普くおわします。あなたのすぐ横にいる人が
観音様であるということに気付く、そうすればあなた自身もそうであること
に気付くはずなのです。仏像だけが教えてくれるのではありません。いつで
もどこでも、誰からでも学べるものなのです。そうすればおのずと謙虚さが
生まれてくるものです。ですから仏様の前だけで謙虚であってはなりません
。すべての人に尊敬と感謝の気持ちを貫かねばならないのです。つまり、私
たちの心が観音様の心とひとつに繋がるとき、本来あるべき人間の心を取り
戻し得るのです。このことが、この乱れた世相を正す事に不可欠なのであり
ます。

                   西国三十三所札所会
コメント (0)

世界で利下げラッシュ
この夏から、世界の中央銀行が続々と金融緩和に動いている。
新興国は景気が良すぎて物価が急に上がったため、お金の流れを引き締めようと
金利を上げてきた。だが、いまや「緩和ラッシュ」だ。ブラジルは9月から金利
を3回下げ、インドネシア、タイ、中国なども緩和にかじを切った。
これは欧州危機をきっかけに世界の景気が後退しているからだ。経済協力開発機
構は11月、日米欧の12年の成長率の見通しを引き下げた。欧州の景気が悪く
なり、そこに輸出している新興国の景気も冷えつつある。
先進国の金融緩和は景気を良くするより、危機を深まらせないことが目的になり
つつある。
日米欧などの6中央銀行は11月末、銀行に貸し出すドル資金の金利引下げを決
めた。イタリアなどの国債を持つ欧州の銀行が損をしてもつぶれないようにお金
を貸し、「世界的な金融危機を未然に防ぐ」ためだ。
ただ、世界的な金融緩和は副作用も大きい。お金が増え過ぎれば物価がはね上が
り、ひいては家計を苦しめる。昨年のFRBの金融緩和で出回ったお金が「投機
マネー」となってあふれ出し、農作物や原油などの物価を高騰させた。
金融政策は「魔法の杖」ではない。いまの世界は金融政策に期待しすぎだ。


 紙面より
コメント (0)

人生の目的意識と死亡率
人生に対する目的意識の高い高齢者の方が長生きするという研究が報告され
ている。
人生の目的意識に関するテストは
1、私は人生に方向性と目的の感覚を持っている。
2、私は将来の計画を立て、それを実現させるために働くことを楽しむ。
3、人生を目的なしにさまよう人もいるが、私はそうした人々の1人ではな
い。
4、私は人生でなすべきことをすべて行なったように感じることがある。
など10項目からなる。
各質問への回答を5段階の選択肢から選び、合計点を質問数で割って一人ず
つ平均点を出した。平均点は3.7点だった。
その結果、人生の目的意識に関する5点満点の点数が下位10%の人と比べ、上
位10%の人では、死亡率が43%も低かった。
人生の目的意識に関するテストは、ナチの収容所を生き延びた精神科医ヴィ
クトール・フランクルの思想などに由来する。彼の思想とは、極度の逆境下
でも人生を意味あるものとするのは可能であり、人生に対する目的意識を持
つことが、心理的健康を維持する上で本質的である、とするものだという。

 やさしい医学リポートより---東北大教授・坪野吉孝
コメント (0)

財政は火の車
今の国会は、復興財源にあてるため国家公務員給与を減らす法案の成立が、どう
も難しいらしい。いまの時代に鶴の一声とはいかない。それにしても、国会議員
の定数や歳費も含めて、「身を削る決意」が伝わってこない。
震災後、月50万円減らしていた国会議員の歳費は、半年で元に戻った。ボーナス
も291万円は昨年より9万円多い。先の世論調査で消費増税に反対した4割強は、ま
ず身を切れという民意とも取れよう。首相自ら語った「春風を以て人に接し、秋
霜を以て自ら粛む」を、よもや忘れてはいませんね、と。
そういえば「血税」の語源も明治5年にさかのぼる。もとは税ではなく兵役義務
をそう称した。時をへて意味は変わっても重荷は変わらない。永田町が春風に座
していては、賛意は遠い。

 天声人語より
コメント (0)

放射能
韓国とロシアが日本列島の周りで海の汚染調査へ。
日本は加えず。
放射能をたれ流す国は信じられぬと。

素粒子より
コメント (0)

自動車産業は強いのか
日本企業は生産戦略は、小さく生んで、着実に育てるという性格が強い。よく言
えば慎重、悪く言えば動きが鈍い。市場の成長なみに販売を拡大するのがやっと
となる。製品も先進国向けのものばかりで新興国に適合した製品はほとんどない
。これに対して韓国の現代自動車は、大きなリスクを伴うこともいとわず、巨大
自動化工場を次々に建設し、現地向けの製品を打ち出している。したがって中国
のように急成長した市場では、その成長の波に乗るのはもちろん、それを超えた
販売の造花に成功している。そして、日本車平均並みのブランド、品質性能とい
う評価も得ている。日本自動車産業の最強伝説は崩れてきている。

 経済気象台より----龍
コメント (0)

問題だ
問題閣僚は逃げ切り。
議員の身は安泰で、公務員は満額確保して国会終わる。
永田町に響くメリークリスマス。

素粒子より
コメント (0)

仲の悪かった独仏首脳がコンビ結成
フランスのサルコジ大統領とドイツのメルケル首相は、パリで会談し、欧州連合
各国の政府債務を減らすため、EU基本条約を改正することで合意した。規則を
破って借金を大幅に増やした国には、自動的に制裁を科す仕組みを盛り込む。

いまのEU基本条約では両首脳は各国に対し、財政赤字の国内総生産に対する比
率を3%以内、これまで積み重ねてきた政府債務を60%以内にするよう定めてい
る。
これまででも制裁規定はあったが、独仏を含め多くの国が規則を破っていたのに
制裁が科せられたことはなかった。
さらに、ユーロ導入国に対して、借金を増やさないようにする規定を憲法に盛り
込むことを求める。規定が条約改正の趣旨に沿ったものになっているか、EUの
最高裁判所にあたるEU司法裁判所が検証する。

 紙面より
コメント (0)

中国
どきりする。
中国の空気が戦前の日本に似ているとの加藤教授の指摘。
歴史に学ばぬ勇ましい中国包囲網。

 素粒子より
コメント (0)

虚構の成れの果て
危機はなぜここまで広がってしまったのか。その淵源の一つが、許容限度を超え
た財政赤字ほ正当化した虚構の論理だったのではないか。
金融のグローバル化や自由化の下で、資金はいくらでも入ってくるとうそぶき、
財政赤字を増やし続けた米国。最後はドイツが救済してくれるというモラルハザ
ードを生んだユーロ圏。潤沢な国内貯蓄と国債の高い国内保有比率を好都合な言
い訳にして、過大な財政赤字から目をそらし続けてきた日本。
そして、そのような虚構をまことしやかに喧伝してきたエコノミストたち。
危機のスパイラルを止めるための緊急避難策は必要だ。しかし、その後に来るの
は、景気回復ではなく、公的債務の清算と経済再建への苦しい努力、そして長い
景気停滞ではないか。それが虚構の成れの果てだ。

 経済気象台より----山人
コメント (0)

防衛相
もともと素人なんだし。
詳細には勉強してないし。
一川防衛相を更迭しても何も致命的なものはなさそうなのに。

 素粒子より
コメント (0)

中間層厚い社会の提唱
野田首相が京都市で開かれた国際労働機関アジア太平洋地域会議に出席し、社会
保障政策の演説を行った。中間層の厚みを増していく社会の実現を図ると唱えた
。だが、課題の解決に向けた道筋を十分示せなかった。具体策として取り上げた
のは、就労支援を中心としたセーフティーネットのほか、地球環境問題や医療・
介護分野などでの雇用創出策など。「少子高齢化でも持続可能な社会保障の確立
」を唱えたものの、年金や医療、介護、子育てをそれぞれどのように改革してい
くかは触れなかった。
今回の税と社会保障の一体改革案は、民主党がマニフェストで掲げてきた年金改
革などを事実上撤回したもの。このため、首相は発言を縛られ、演説も「理念」
に焦点を当てざるを得なくなった。

 紙面より
コメント (0)

大阪
結成間もない大阪コンビに中央政界までこびを売る。
でも市長の声が大きすぎ。
やっぱりこの人はピン芸人かな。

 素粒子より
コメント (0)

民意「地殻変動」の兆し。プーチン氏に逆風
アラブの春が注目を集めた今年、強すぎる与党に対して野党勢力は「ロシアでも
地殻変動の兆しがある」と指摘してきた。「双頭体制」のプーチン、メドベージ
ェフ両氏の統一ロシアは今年に入って軒並み支持率を落とした。9月の党大会で
「双頭体制のたすき掛け」構想を表明すると、支持の回復どころが権力の私物化
との批判も招いた。
与党への批判票は、共産党や中道左派の公正ロシアが受け皿となった。背景にあ
るのは、経済的な底上げと、プーチン氏が実現した「安定」傍らで、格差拡大が
進む現状への不満だ。
「エリート層の固定化に反発が強まる」中で、政府や地方の指導者層が属する統
一ロシアは、権益を独占する「官僚党」のイメージで見られた。その党を、国家
の「現代化」のために汚職や官僚主義の打破を唱えるメドー゜ージェフ氏やプー
チン氏が率いる。国民に分かりにくいと感じても不思議ではない。
ただし、批判票はリベラル政党の「ヤブロコ」には流れていない。現有議席を持
つ3野党、いわば「体制内野党」との出入りにとどまった。

 紙面より
コメント (0)

ため息の出る光景
いろんな意味で、中国道で外国製スポーツカーの無残な姿。そらスピードは出るだろうけど。

 素粒子より
コメント (0)

欧州危機と世界債務危機
EU首脳会議後に、市場を安定させる強力な行動がとられることが重要だと、E
U財務相理事会語の記者会見で議長国のポーランドの財務相が述べた。
だが、この日の理事会でも、危機を食い止める「強力な対策」は打ち出せなかっ
た。抜本策が出てくるのか、不安視する投資家たちは多い。
ここに来て欧州では、「ユーロ体制」を強め、市場の信認を取り戻す道を探って
いる。EUの基本条約を改正し、各国の財政運営に新たな規制を設けたり、規制
が守れなかったときの制裁措置を強めたりする。
EUの欧州委員会はその先に、「ユーロ圏共同債」の導入を描く。財政危機の国
の資金繰りを「肩代わり」できるようにして、国債の値下がりが続く現状を打開
する策だ。
こうした道筋を示すことができれば、投資家の不安を和らげることができるかも
しれない。条約改正などを議論する8~9日のEU首脳会議に、ユーロの信認が
かかる。

 紙面より
コメント (0)

老いを遅らせるには--心がけが大切
「アンチエイジング」という言葉が注目を集めている。アンチエイジングと
は、できる限り老いを遅らせて若さを保とうという試みだ。
若さ、アンチエイジングというと、スキンケアやサプリメントなどを思い浮
かべる人は多いが、一番大切なのは「気持ち」だ。やりたいことをやること
。無理をし過ぎないことを心掛けると良い。自分を責めないで、いい加減に
、気ままに生活することがお薦めだという。
また、適度な緊張感、ストレスも刺激につながる。ある程度の年齢を過ぎた
ら仕事をしないで家の中で閉じこもっている人は少なくない。だが、ボラン
ティアでも良いので「誰かの役に立っている」という実感を感じられること
を意識的に行うことが大切だ。
そして「きれいになりたい」と願い、行動を起こすことは、世界を広げ自分
を内面からも輝かせる。
たばこと紫外線はなるべく避けよう。特にたばこは肌に悪く、体の循環に悪
影響を与える。
アンチエイジング5カ条
◆いくつになっても男と女
  「美しさ」に磨きをかけよう
◆肌の若返りは心の若返り
   メークアップは外見、心も若返らせる
◆バランスの良い食事と適度な運動
   アンチエイジングの効果は食事と運動が9割
◆よく笑い、よく話し、よくかむ
   笑いは免疫力を高め、かむことは脳の活性化になる
◆長生きこそ最大の誇り
   いくつになっても積極的に社会貢献を
 
 北里大名誉教授・塩谷信幸
コメント (0)

ユーロ圏 景気後退
欧州通貨「ユーロ」を使う17カ国全体の経済成長率がマイナスになり、景気後
退に入ったとの見方をOECDが示した。
ユーロ圏は、年率で計算し直した四半期ごとの成長率が2011年10~12月期にマイ
ナス1.0%、12年1~3月期にマイナス0.4%で、2四半期続けての「マイナス成長
」になる。年間見通しも、11年は1.6%、12年は0.2%として「緩やかな景気後退
に陥る」という。5月には11年も12年も2.0%としており、大幅に引き下げた。
理由として、債務危機が銀行の経営不安につながり始めたことをあげた。「危機
の解決に向けた政策当事者の実行力」が欠けているとも指摘した。
米国の景気悪化なども見込めば、ユーロ圏が12年に2%を超えるマイナス成長にな
るばかりか、日米欧はべての国がマイナス成長になるおそれがあると指摘した。

 紙面より
コメント (0)

民主党
少女暴行事件を詳細に知らぬは当たり前。
素人を誇る一川防衛相。
これを適材適所というなら野田首相も素人。

 素粒子より
コメント (0)

普天間暴言さらに溝
普天間問題をめぐる不適切発言で、防衛省の田中沖縄防衛局長が更迭された。
野田政権は移設問題への波及を回避しようと、即座の更迭人事を決めた。年内に
環境影響評価書を提出する方針は変えない構えだが、沖縄の反発は強まる一方で
、政権は新たな火種を抱えた。
そもそも、普天間の辺野古移設は見通しが立っていない。9月の政権発足以降、
担当閣僚が入れ替わり立ち代り沖縄を訪問。仲井真知事と会談を重ねて理解を求
め続けてきたものの、知事は「反対」の姿勢を崩さない。政権が今後の道筋を描
けない状況は相変わらずだ。

 紙面より
コメント (0)

普天間暴言さらに溝
普天間問題をめぐる不適切発言で、防衛省の田中沖縄防衛局長が更迭された。
野田政権は移設問題への波及を回避しようと、即座の更迭人事を決めた。年内に
環境影響評価書を提出する方針は変えない構えだが、沖縄の反発は強まる一方で
、政権は新たな火種を抱えた。
そもそも、普天間の辺野古移設は見通しが立っていない。9月の政権発足以降、
担当閣僚が入れ替わり立ち代り沖縄を訪問。仲井真知事と会談を重ねて理解を求
め続けてきたものの、知事は「反対」の姿勢を崩さない。政権が今後の道筋を描
けない状況は相変わらずだ。

 紙面より
コメント (0)

危機
欧州から吹く木枯らしが世界を冷やす。
ドルの温水を回しても、つまりは時間稼ぎ。
氷河期は食い止められるか。

 素粒子より
コメント (0)

日米欧ドル供給拡大
日本、米国、欧州、カナダ、スイスの6カ国・地域の中央銀行は、銀行に貸し出
すドル資金の金利を引き下げると発表。
欧州の政府債務危機で経営が悪くなっている銀行が資金不足でつぶれないように
日米欧の中央銀行が支える。
これまでのドル資金供給は、銀行どうしで取引している金利に1%上乗せしてき
たが、今後は0.5%の上乗せにとどめる。実質0.5%の金利引下げだ。
また、ドル資金に加え、必要に応じて6カ国・地域それぞれの通貨でも貸し出せ
るようにする。銀行へのドル資金貸し出しは来年8月までの予定だったが、2013
年2月1日まで延ばすことも決めた。
新興国でも中国やタイが、景気を下支えするため、「金融緩和」へと転じた。世
界経済を引っ張ってきた新興国でも、景気の減速が目立ち始めている。

 紙面より
コメント (0)

落ちる
宇宙から落ちないステーション。重力がなくては水も器にたまらない。
天から戻った古川飛行士には風呂が天国。

素粒子より
コメント (0)

政府・民主、官民ファンド整備方針
民間の資金を活用して空港や下水道などの建設や整備を進めるための「官民連携
インフラファンド」を、来年にも創設する方針を固めたが、日本政策銀行など既
存の制度を活用せずに新組織をつくることは、行政刷新を進める民主党の理念と
逆行するのではないか。
出資した事業の施設利用料などの収入で投資を回収する仕組みだが、ファンドが
具体的に地域のニーズにあった事業を手がけられるか、収益性を十分確保できる
かは未知数。
厚生年金会館(サンピア)と同じ道を進みそうな話である。

 紙面より
コメント (0)