2010年03月の記事


郵政改革案、内閣の混乱をさけ、首相亀井案をまるのみ。
預け入れ限度額の上限は集まりすぎたら下げるというが、過去の歴史に一貫
して引き上げのみで、引き下げはなかった。本当に上限額を見直せるのか、
疑問である。
いったん引き上げた限度額を引き下げるのには、限度額を超えた金を別の金
融機関に移すことになると、預金者も郵便局も混乱する。
急転直下の決着の背景には、日本郵政グループ労組の影響力を指摘する声も
ある。組合員数約23万人で、民主党支持の労組の中でも大規模。同組合は
「郵政事業の規模縮小傾向に歯止めをかける必要がある」と限度額の撤廃を
求めている。夏の参院選を控え、民主党は、その要求を完全に無視できなか
った。またもや、選挙第一の政策である。国民はよく考えて今度の選挙では
投票しないとまずいことになる。

 紙面より
コメント (0)

財政悪化、政治は持続可能な手だてを。
戦前の恐慌時ににている。失業率は高いし、家計の所得も低迷している。だ
が、見えやすい問題に目が行くあまり、本質的な危機を見失っていないか。
政府の借金は、専門家が「戦争末期と実質的に同じ水準」と指摘するほどま
で、膨らんでいる。
政府が今のような借金を重ねれば、制御できない物価上昇の危険が高まる。
借金は帳消しになるが、「円」の価値も暴落する。いわば、全国民を対象に
した暴力的な徴税だ。
現実に向き合う誠実さと多少の想像力があれば、借金漬けに不安を感じずに
はいられないはずだ。
その場しのぎに逃げ込まず、持続可能な手だてを考えるのが政府の仕事だ。

 政策ウオッチより---五郎丸健一
コメント (0)

天空に描く平和の円
私にはまだまだやりたいことがたくさんあります。今の私にとっての「人生
百年の計」とは、私が抱いているビジョンを、次の時代、または次の次の世
代、つまり孫やひ孫たちにバトンタッチしていくことです。
保田氏は、戦争の惨めさ、誤った戦争から学んだ教訓を、戦争を知らない次
世代の子どもたちに伝えたいと思っています。今日の大人が作り上げられな
かった平和を、何とか次世代が実現できることを願っています。現在10歳の
子どもが60歳になった頃、世界に平和がもたらされるよう、今のうちに戦争
を知る私たちのビジョンを伝えなければならないのです。
私の父の好きだった英国のビクトリア朝のロバート・ブラウニングの作品に
次のような詩句があります。
 「地上ではかけた弧、
      天上では全き円」
私の今のビジョンは「天空に描く大きな平和の円」です。平和の実現は非常
に時間がかかる壮大な目標です。私の存命中には難しいのです。しかし、そ
の円の中の一つの弧でも実現させるために、私は今後も勇気ある行動を起こ
していきたいと思っています。
私のビジョンを果たすために、まずは100歳のバーを越えたい、というのが
今の私の希望です。

 私の証 あるがまま行く---日野原先生
コメント (0)

迷走普天間移設案
この問題は首相のあまりに拙劣な手法や外交感覚の乏しさもあってこじれき
ってしまった。しかし、安保の負担を沖縄だけでなく国民全体で分かち合お
うという提起は間違っていない。
このままでは、案が浮かんでは実現しない過去を繰り返すことになりかねな
い。現実性が疑われる案では、米政府もまともな対応はできないだろう。
日米合意の海兵隊グアム移転のロードマップへの影響を可能な限り避けるこ
とも焦点だ。

 紙面より
コメント (0)

『覚醒 観世音菩薩 慈悲の心』
ご開帳は、観世音菩薩様に皆様方の目の前に御出ましいただき、一人ひとり
と『縁』を結んでいただくというものであります。
私たち日本人が古来より大切にしてきた『謙虚な心』『慈しみの心』はどこ
へ消えてしまったのでしょうか。今一度、「命の尊さ」、「人を思いやる心
」というものを考えなければならない時なのです。まさに此処に、観音様の
大きな慈悲の心に触れていただきたいと願っているのであります。
観音様は最も慈悲が深い仏であり、様々な人の姿を借りて困っている人を助
けると説かれています。実は慈悲の心というものは、観音様ほど大きくなく
ても、自分の心の中にもちゃんと存在しているものでもあります。悲しいか
な、便利さやわがままの実現ばかりを追求している現代の風潮の中で、だん
だん気が付かなくなっているのであります。
結縁開帳を通じて、観世音菩薩様のご宝前に立ち、静かに自分の心を見つめ
る時、一人はひとりの自分の心の中のこの存在に気が付く事が出来るはずな
のです。
そうなのです。観音様は実は普くおわします。あなたのすぐ横にいる人が
観音様であるということに気付く、そうすればあなた自身もそうであること
に気付くはずなのです。仏像だけが教えてくれるのではありません。いつで
もどこでも、誰からでも学べるものなのです。そうすればおのずと謙虚さが
生まれてくるものです。ですから仏様の前だけで謙虚であってはなりません
。すべての人に尊敬と感謝の気持ちを貫かねばならないのです。つまり、私
たちの心が観音様の心とひとつに繋がるとき、本来あるべき人間の心を取り
戻し得るのです。このことが、この乱れた世相を正す事に不可欠なのであり
ます。

                   西国三十三所札所会
コメント (0)

参院選対策のバラマキ第一弾、子ども手当、まず半額
6月から支給されることになったが、受け取る側の期待は高まるが、満額支
給に必要な制度設計は先送り。国会審議でも財源確保策などの処方箋は見え
てこなかった。
子ども手当の政策目的は、社会全体で子育てを支えるというもの。しかし、
少子化対策への効果は具体的に示されていない。
政策効果について他の子育て施索と比較されず、議論もされないまま成立し
てしまうみとには恐ろしさも感じる。
参院選対策のバラマキが優先されているのではないだろうか。

 紙面より
コメント (0)

大豆は乳がんのリスクを下げる
大豆には女性ホルモンのエストロゲンと似た構造を持つ植物性エストロゲン
の「大豆イソフラボン」が含まれることはよく知られている。乳がんの発症
には体内のエストロゲンが関係していると言われ、イソフラボンはこのエス
トロゲンが作用するのを抑えると期待されている。
厚労省の研究班によると40~59歳の女性2万1852人を対象に、大豆製品を食
べる量と乳がんの発生率を追跡調査した。みそ汁を飲む量が1日1杯以下の人
が乳がんになるリスクを1とすると、3杯以上飲む人の危険性は4割低かった。
大豆製品から換算した大豆イソフラボンの摂取量を比べても、摂取量が多い
人ほど乳がんの発生率は低かった。
一方、食品安全委員会が06年、大豆イソフラボンの過剰摂取はホルモンバラ
ンスを崩す恐れがあるとして、特定保健用食品として1日に取る量を「30㍉
グラムまで」とした。
栄養補助食品でイソフラボンだけを大量に取るのは勧められないが、大豆製
品を日常的に食べることは問題ない。

 食の健康学より----宮島裕美
コメント (0)

民主党は政治とカネの問題に主体的にけじめをつける機会だ。
党内言論の封殺への世論の激しい批判に押され、土壇場での生方氏の解任撤
回だ。最大の実力者である小沢氏に批判的な言動は許さない。興石、高島両
氏が小沢氏の「側近」として意向を忖度して締め付けに動く。
政権交代後も党内で続く「付託政治」が党内外で批判を受け、撤回を余儀な
くされた。そのことを、あまりにわかりやすい形で見せつけた。小沢氏の求
心力低下は否めない結果になった。生方氏の解任騒動は「解任撤回」でとり
あえず決着したが、首相も小沢氏も一時は解任を了承しており、「ぶれた」
のは間違いない。特に「ぶれない」ことを信条とする小沢氏にとっては影響
は深刻だ。
首相と小沢氏に息つく暇はない。小林氏をめぐる北教組の違法献金事件では
札幌地検が陣営の労組幹部ら2人を起訴。小林氏は離党や議員辞職の考えを
否定したが、今後の対応を誤れば、政権への風当たりは厳しさを増しかねな
い。
ただ、リーダーシップを見せるために首相が強い態度に出れば出るほど、自
身に跳ね返ってくる。首相の指示通り、党が小林氏に対して離党勧告や除籍
などの処分に踏み込めば、首相や小沢氏の処分問題も避けられない。
トップ2人が疑惑を抱えたままの民主党政権の限界といえる。

 紙面より
コメント (0)

デフレは止まるか
グローバル化の高まりは我が国の高コスト構造を許容しない。加えて国内で
は規制緩和や独占禁止法の強化など価格を競わせる政策が推し進められた。
企業は人を減らし、下請けや非正規雇用に置き換え、更には安い海外で物を
作らせ、あるいは事業拠点そのものを海外に移した。だが海外が実力をつけ
るほどに国内企業は厳しさを増す。我が国経済は収縮せざるをえず物価は下
がり続ける----。時の流れの中で多少の紆余曲折はあっても基本的にはこう
ことであろう。しかも円高は更に進み今や1㌦=90円である。
恐らく近隣諸国との人件費格差がもっと狭まるまで我が国の人件費に対する
下げ圧力は続くだろう。中国の労働需給がタイトになり大幅に賃金が上がる
とか、元が大きく切り上げられるとか、逆に日本経済が衰退し円が大幅に安
くなるとか、そんなことでも無い限り我が国のデフレは止まらないのではな
いか。
事態をきちんと認識した上で国は長期戦略を練り、的確な政策を実行しなけ
ればならない。

 経済気象台より---啄木鳥
コメント (0)

民主、数頼みの国会運営、自民政権と変わらぬ強引さ。
「政治とカネ」の問題を避け、夏の参院選前に成果を上げる露骨な戦略。
数に任せた国会運営は政権交代前に劣らぬ旧態依然ぶりだ。
鳩山首相と小沢幹事長をめぐる政治資金問題に加え、小林衆院議員陣営への
北海道教職員組合による違法献金事件で組合幹部らが起訴。民主党がらみの
不祥事が相次ぐなかで予算の年度内成立について山岡国会対策委員長は「歴
史的快挙」と自賛した。
特に長崎知事選敗北後、予算衆院通過へ野党の合意なく日程を次々と設定。
自民党の審議拒否にも取り合わず。強引な国会運営は公明党の審議拒否に同
調しなかったため、「国会はほぼ正常」として審議を進めた。
与党ペースに乗じ、「政治とカネ」をめぐっては首相や小沢氏に対する野党
の要求を徹底的にはねつけた。関係者の国会招致や、疑惑をもたれた幹部ら
が釈明の場としてきた国会の政治倫理審査会にも応じていない。
「国民に政権交代の実感を」を合言葉に、参院選向けの成果に執着して突き
進んだ。
小沢幹事長は国会改革を唱えながら、国会の主人公である議員の活動につい
て、議会第一でなく選挙第一と言うのは不可思議だ。
憲法が想定する国会は、議員が法案をよりよいものにする場だ。党幹部に任
せて新人は地元を回れと言うなら、国会は日程闘争の場にとどまる。
個々の議員が自分は何のために国会にいるのかを考えるべきだ。日本の国会
議員の危機意識の欠如は深刻だ。

 紙面より
コメント (0)

菅家さん再審無罪
報道はこれ一色だが、15年の時効後の再審決定---のちに無罪。当事者の喜びは大きいだろうが、もう一方から見ると、被害者の家族の胸の内は-----。考えると胸が痛む。
コメント (0)

またもや、参院選を最重視する政策で郵政改革を後戻りさせるのか。
参院選を最重視する立場から、全国郵便局長会の全国50万票とも言われる
集票力は魅力。国民新党は夏の参院選で選挙区で候補を擁立する選挙区以外
では、民主党候補を推薦する見通しだ。郵政票は心強い味方だ。
郵政改革法案の強引な内容は、郵便事業の先行きが厳しいなか、金融子会社
の収益拡大で日本郵政グループの活路を開こうとの意図だ。特定郵便局長の
意向を受けてのことか、郵便局はなんとしても残すとの執念がにじむ。だが
、今でも大きすぎる郵貯・簡保が肥大化の道を突き進めば、日本の金融シス
テムはさらにゆがむ。
政府が肥大化路線を正当化する口実のひとつに、郵便局しか金融サービスの
担い手がない過疎地域での国民サービス対策がある。しかし、金融過疎で困
っている地域を特定したうえで、他の金融機関を含めて解決策を考えればい
いことだ。数もそうは多くはないはずだ。
全国一律サービスを維持するのに必要なコストをまかなうため、グループ内
取引にかかる消費税500億円を免除。郵政グループの非正規雇用10万人を
正社員化する方針でもある。人件費は数千億円増え、必要のない人まで雇い
入れることにはならないのか。
経営努力の裏付けがない公約をひとり歩きさせるなら「雇用のバラマキで参
院選対策か」と考えられる。

 紙面より
コメント (0)

民主党の小林議員は、起訴内容に「よく承知していない」といい、そのまま居座るようだ。
小林氏をめぐっては、別の事件でも進退問題が取りざたされている。今回の
件よりも先に事件化した、選対委員長代行の公職選挙法違反事件だ。
元連合札幌会長・山本被告は札幌地裁で有罪判決を受けている。連座制が適
用されれば小林氏の当選は無効になる。
相次ぐ「政治とカネ」の問題に、小沢幹事長は「自民党に迫力がなく国会運
営に影響はないが、世論に与えるマイナスイメージは避けがたい」「このま
ま行くと参院選はかなり厳しい」と胸のうちを明かした。
今回の事件を党として正面から受け止めれば、同様に政治資金の問題を抱え
る小沢氏や鳩山首相らの責任にも跳ね返りかねない。と静観である。
 
 紙面より
コメント (0)

民主の不安要素は小沢氏だ
世論調査によると、
一番の不安は、「小沢さんの影響力が強い」こと、自民党は「長老や派閥
の影響力が強い」ところ。
両党の期待できるところは、民主党では「新しい政治スタイルを打ち出して
いる」「政治家指導の政治に向かっている」
不安では「小沢さんの影響力が強い」こと、「鳩山首相に指導力がない」こ
と。
一方の自民党への期待は、「日本を支えてきた実績」で、「野党として政府
をチェックできる」だ。
不安は「長老や派閥の影響力が強い」で次は「批判ばかりで建設的でない」
だ。

 紙面より
コメント (0)

企業短観は大企業・製造業の景況感が大幅改善か。
民間の予測では、景気の「二番底」の心配は弱まりそうだ。ただ、景気回復
を引っ張るはずの設備投資には依然、力強さが見られないとの見方が多い。
機械製造業では、依然リストラの嵐が吹き荒れている状態で、どこが良いの
か分らない状態だ。
大企業・製造業の景況感の心配材料として、トヨタ自動車のリコール問題を
挙げるエコノミストもいる。しかし、百万以上のボーナスが払えるだけの体
力があるのだから心配したことはない。
日銀は金融政策決定会合で、設備投資について「おおむね下げ止まっている
」と判断を上向かせたが、収益改善度合いに比べ、設備投資意欲は盛り上が
りにかけるとするのが現在の状態だろう。
自動車がガソリンエンジンから、電気自動車に変わってゆく段階で、自動車
産業の設備の余剰は今後も続くものと思われ、機械メーカーは一段とリスト
ラを進めないと、立ち行かなくなるのではないだろうか。
コメント (0)

北教組幹部は起訴、小林議員は見送りか
民主党の小林衆院議員陣営と北海道教職員組合をめぐる政治資金規正法違反
事件で、逮捕した4人のうち、2人を同罪で起訴する方針を固めた。
この事件では、小林氏本人も事情聴取を受けている。小林氏は「資金管理の
すべてを会計担当者に任せていたので何も知らなかった」などと説明したと
され、小林氏本人の刑事責任を問うのは難しいと判断。
また、今回も本人が任せているので知らないで、不起訴になるなんて、この
政治資金規正法の改正が必要ではないのか。本人たちはそのまま議席に居残
っている。

 紙面より
コメント (0)

鳥獣は与に群を同じくすべからず。われこの人の徒と与にするにあらずして誰と与にせん。
まさか鳥や獣と暮らすわけにはいかない。現実が厳しくとも、やはり人間を
信じて、立ち向かうより仕方がない。

川の流れが止められるかね。世の流れも同じことだ。人間の小賢しい知恵な
どで、どうなるものでもあるまい。お前も、面倒な人間を相手にするのをや
めて、わしらのように「隠者」になったらどうだね。と言われてためいきを
ついていった言葉である。

 論語一日一言より--村山孚
コメント (0)

生方氏解任は、小沢幹事長の批判が原因だと。
民主党の運営はまさに中央集権で、権限と財源を小沢幹事長がすべて握って
いる。小沢氏が選挙の公認権と政党交付金などの分配権を握っているのは紛
れもない事実だ。元秘書ら3人が逮捕・起訴されても、党内から小沢氏批判
の声はなかなか上がらない。陰では「小沢独裁」への不満が高じているのに
だ。
今回の挙に出たのは、常軌を逸している。「言論封殺」だ。
首相も解任に同調しているようだ。内部からの批判を許容しない体質になっ
ている。見識を疑う。
生方氏解任を主導したのは、小沢氏に近い高島筆頭副幹事長だった。上に立
つ者が考えを示さなくても、下の者がその意向を忖度し、成り代わって行動
する。意に沿おうと思うあまり、度を越すことも多い。抜きん出た権力者と
、その取り巻きがしばしば見せる典型的な「側近政治」である。
それによって昨今の民主党は、風通しが悪く、暗い印象が強まるばかりだ。
かって自民党全盛時代の幹事長室は多くの来客が自由に出入りし、「歩行者
天国」と言われたことすらある。
東風を刷新するなら、内側からマグマが噴き上げてこなければならない。
それができなければ、みんしゅとうへの追い風もやむことだろう。

 社説より
コメント (0)

子どもにとって本当に大切なことは、人として抱きしめられる心地よさだ
こどもにとって本当に大切なことは、十分に愛される経験です。愛された経
験があれば、外でつらい思いをしても、耐えていける力となります。あるい
は相手につらい思いをさせるような、ひどいこともしないものです。かけが
えのない自分であることをしっかりと実感して育った子は、他の人のことも
尊重できる心を育んでいきます。
こともを愛するためには、お母さんにだけ努力を求めるのは酷だと思います
。例えば子どもを抱けないお母さんは、夫から抱かれていない場合が多いの
です。夫から心も体も優しく抱きとめてもらえない、話も聞いてもらえずに
苦しんでいる母親が少なくありません。夫婦関係もある種バーチャルになっ
てきているのでしょうか。素直に触れ合うことを避けている。子育て中の母
親は家の中へ閉じこめられて、夫との会話もままならない。自分が自分であ
ることを証明するのは、この子が立派に育ってくれることだけと思いつめ、
育児書と首っ引きになるような育児をしていたら、やはり楽しくなくなって
しまうのも、無理がないように思います。
お母さんの中には、子どもを抱くことは、甘えさせて、自立をさせなくする
と思っている人もいます。また、子どもは抱いてもらえないことについて「
私はもう大きいから」と我慢してしまいます。やっぱり、気持ちでなく頭で
考えてしまうんです。もっと自然になって----と思います。

 同朋新聞より
コメント (0)

新党結成は困難か、反転攻勢の成否がカギ
民主党が衆院で310議席という圧倒的多数を持っていることが、再編が動き
にくい原因だ。民主党議員はこの「数」が政権の強さの源泉であることを知
っているから、大量の離党や分裂は考えられない。
新党や再編で政治の閉塞感を打ち破ろうという動きの背景には、鳩山首相と
谷垣自民党総裁への失望感が広がっていることは確かだ。
鳩山首相の巨額の贈与税逃れは、あきれるばかりだし、小沢氏の疑惑でも、
首相が国会で積極的に説明するよう指示する様子はない。歳出削減や天下り
禁止などでも、パンチのある政策が示されていない。改革を期待して民主党
に投票した有権者の多くが、怒っている。
谷垣氏は、与謝野氏や園田氏が「参院選で敗れたら自民党は崩壊する。若手
を登用し、鳩山首相に退陣を迫るべきだ」と助言しても、煮え切らない態度
に終始してきた。
鳩山邦夫氏の離党などで政界再編は動かなかったが、政治不信のマグマがた
まっている現実が垣間見えた。そこから何を学び取って、政治再生に生かす
のか。人気低迷が続く2人のリーダー。反転攻勢に成功した方が生き残る。

 政治コラムより---星 浩
コメント (0)

老いを遅らせるには--心がけが大切
「アンチエイジング」という言葉が注目を集めている。アンチエイジングと
は、できる限り老いを遅らせて若さを保とうという試みだ。
若さ、アンチエイジングというと、スキンケアやサプリメントなどを思い浮
かべる人は多いが、一番大切なのは「気持ち」だ。やりたいことをやること
。無理をし過ぎないことを心掛けると良い。自分を責めないで、いい加減に
、気ままに生活することがお薦めだという。
また、適度な緊張感、ストレスも刺激につながる。ある程度の年齢を過ぎた
ら仕事をしないで家の中で閉じこもっている人は少なくない。だが、ボラン
ティアでも良いので「誰かの役に立っている」という実感を感じられること
を意識的に行うことが大切だ。
そして「きれいになりたい」と願い、行動を起こすことは、世界を広げ自分
を内面からも輝かせる。
たばこと紫外線はなるべく避けよう。特にたばこは肌に悪く、体の循環に悪
影響を与える。
アンチエイジング5カ条
◆いくつになっても男と女
  「美しさ」に磨きをかけよう
◆肌の若返りは心の若返り
   メークアップは外見、心も若返らせる
◆バランスの良い食事と適度な運動
   アンチエイジングの効果は食事と運動が9割
◆よく笑い、よく話し、よくかむ
   笑いは免疫力を高め、かむことは脳の活性化になる
◆長生きこそ最大の誇り
   いくつになっても積極的に社会貢献を
 
 北里大名誉教授・塩谷信幸
コメント (0)

普天間問題、政権の命運を左右。
普天間移設の成否は、政権の命運を左右しかねない。政権が普天間の継続使
用の道を探るのは、米国との交渉で新しい移設先を決められなかった場合の
政権への痛手を最小限にしたいためだ。
ただその場合、沖縄の海兵隊8千人のグワム移転や嘉手納基地以南の米軍基
地返還など、現行合意の「パッケージ」に入っている負担軽減策を米側が凍
結することは必至で、鳩山政権は厳しい批判にさらされることになる。

 紙面より
コメント (0)

斉人、女楽を帰る。季桓子これを受く。三日朝せず。孔子行る。
隣の斉国から魯国に女歌舞団が贈られてきた。魯の実権を握っている重臣の
李桓子はこれにうつつをぬかし、数日間、朝廷に出仕しなかった。孔子は職
を辞して魯国を出る決心をした。

孔子亡命のはーきっかけとなった事件である。孔子は51歳のとき魯に出仕
し、国政に参画した。かれは世襲貴族の勢力を抑制する政治改革に着手し、
次第に成果をあげた。隣国の斉は、魯が強大になることを恐れ、政治を腐敗
させる狙いで、美女80人を送り込んできた。当時、こうした謀略はよく行
なわれていた。斉の狙いどおり、魯では君主や李桓子らが女にうつつをぬか
し、政務はおろそかになった。孔子は疎外され、どうすることもできなかっ
た。失望して国を去ることにした。

 論語一日一言より--村山孚
コメント (0)

政権「危険水域」に、最大の問題は実行力だ。
半年前に7割を超す内閣支持率でスタートした内閣だが、最新の調査では、
その支持率が32%まで落ち込んだ。
首相の政治資金問題や米軍普天間飛行場の移設問題、新年度予算編成などさ
くざまな場面で、言を左右する首相の姿が目立った。リーダーシップを発揮
していると「思わない」人が74%に上り、「決められない首相」への失望感
が広がった。
検察当局の処分から1カ月半が経過した小沢幹事長の政治資金問題だが、国
民の目はかえって厳しさを増している。幹事長を辞任すべきだと答えている
人は今回74%だ。
「政治とカネ」の問題が、鳩山政権や民主党の評価を押し下げる要因になっ
ていることは明らかだ。
不透明な政治資金の問題、予算配分をてこに選挙で票を得ようとする利益誘
導戦術、政策よりも地元回り優先の逝去至上主義など古い政治体質だ。
選挙に勝ったら、後は好きにやらせてもらう。有権者は次の選挙まで黙って
いて欲しい。そんな発想だろうか。

 紙面より
コメント (0)

道を直くして人に事うれば、いずくに往くも三たびしりぞけられざらん。
勤めていてあくまで信念を貫こうとするかぎり、どこへ勤めを変えようが、
いつも左遷の憂き目にあう。

信念を曲げても出世をはかるか、信念を通して出世はあきらめるか。難しい
選択である。

 論語一日一言より--村山孚
コメント (0)

国のリスク
リーマン・ショック以降、欧米経済の停滞とは対照的にアジア経済が活性化
し、国際的な投資の流れも中国、インドを始め新興国にシフトし、日本は置
き去りらされつつある。日本の株価がさえず、株価が純資産価格を下回る会
社が多いのもそれと符合する。
日本企業の業績が悪いというよりも、発展力や魅力のある国々が表舞台に登
場してきた結果である。例えば韓国の自動車の品質は日本車の水準に接近し
、サムソン電子の世界戦略に日本の家電メーカーは振り回されている。原子
力発電プラントで官民協調で日本に競り勝ったのも衝撃で、お株を奪われた
感じである。
世界の激しい変化の波に日本は乗り遅れ、政治の対応力も弱く、国としての
総合力は劣化していると思われる。
その意味では日本の現状は単なる不況ではない。国としての目標の喪失や、
連帯感の低下、また危機を正面から受け止める意志力の弱まりをここで大転
換し、財政悪化によるカントリーリスク増大の懸念も払拭しておく必要があ
る。民主党は国民の気を引く政策ばかり進め、何も手を打っていないつけが
、表れているのだ。

 経済気象台より---瞬
コメント (0)

般若心経とは
般若とはすばらしい知恵のこと。そして波羅密多とは六波羅密多、すなわち
自分よりも他人の救いを先にする「大乗の菩薩」という考え方による実践の
徳目です。
人間は生前の行いによって、地獄、餓鬼、畜生、修羅、人間、天という6つ
の世界に生まれ変わります。人間よりも下に落ちるのを救うためには、布施
、持戒、忍辱(にんにく)、精進、禅定、智慧という6つの修行をして、成
仏しなければなりません。
布施とは、僧にお経をあげてもらったときや寄付をする際に差し上げるお金
などの財物のことです。布施はお金に限りません。相手の不安をなくす、や
さしいまなざしや言葉などもあります。
持戒とは、戒を持つこと。これを十戒といい、具体的には十戒善を差します。
不殺生、不偸盗、不邪淫、不妄語、不綺語、不悪口、不両舌、不慳貪、不瞋
恚、不邪見。
忍辱とは、辛抱すること。
精進とは、一生懸命努力すること。
禅定とは、坐禅を組んでこころを落ち着けることです。
6つの修行をすると、智慧が出てきます。これが"般若"です。
仏様の場合、「智慧」と書きます。"知"の下の"日"は、宇宙の真理を指しま
す。
この6つのことを修行することを「六波羅密多行」といいます。こうするこ
とで自身が成仏する助けになります。
お仏壇に水、塗香(ずこう)=塗香(ずこう)は非常に細かい粒子のお香で、
塗香入(ずこうい)れに入れて用います。小麦粉にも似た触感があり、少量を
手に塗り、その香りを吸い、仏前で自らの心身を清めるために使用します。
花、線香、飯、ローソクの6品をお供えするのは、六波羅密多行を知らずに
亡くなったご先祖様に、6つの修行をすることで成仏できることを知らせる
ためです。
水は布施(感謝する気持ち)、塗香は持戒(よいことに励む)、花は忍辱
(怒りやすいこころを鎮める)、線香は精進(怠けごころをなくす)、飯は
禅定(こころを落ち着かせる)、ローソクは智慧(人間の悩めるこころを智
慧の光で明るくする)を表しています。これら6つをお供えすることを六種
供養といいます。お仏壇にお供えをして、お仏前でお経を唱えます。こうす
るこによってご先祖様が成仏できるのです。
コメント (0)

国民に約束したマニフェストの「信用」は揺らいでいる。
初めからわかっていた財源不足で、修正したり、手が付けられなかったり。
マニフェストの主要項目だけでも、2010年度予算で7.1兆円の財源が必要だ
った。鳩山首相は自民党政権の「ムダづかい」を徹底的に削減すると約束し
たが、注目された「事業仕分」でも、歳出削減は約1兆円にとどまった。
結局、約44兆円の国債を発行し、過去最大の借金を背負うことになった。
財源不足の影響は各政策に広がった。子ども手当は初年度は半額に、全額国
が負担するという想定に反して、地方自治体や企業にも負担を求めた。
ガソリン税などの暫定税率の廃止も、財源不足を理由に見送りに。
「お金が足りない」状況は、これから始まる11年度予算編成ではさらに深刻
だ。
景気回復の足取りは重く、税収の大きな伸びは期待できない。そんな経済情
勢では増税も難しい。一方、子ども手当の満額支給や基礎年金の国庫負担分
など、社会保障関連だけで新たに約7兆円の新規財源が必要になる。
初めから言われていた予算の手当もなしに、選挙目当てのバラマキのマニフ
ェストで国民の目をごまかしてきたのである。

 紙面より
コメント (0)

殷に三仁あり。
殷に三人の仁者がいた。

微子はこれを去り、箕子はこれが奴となり、比千は諌めて死す。
この三人は、後世、乱世ら対処する賢者の典型とされている。逃れるか、避
けるか、直言するか。あなたならどうする。

 論語一日一言より--村山孚
コメント (0)

改正道路整備事業財政特措法が、民主党政権で改正か。
高速道路料金の割引のための財源を道路建設にも使えるようにする法案であ
る。法改正を求めたのは、民主党だ。前原国土交通相は前政権が決めた高速
道路予算を凍結し、10年度の公共事業予算を前年比18%カットした。
これに自治体や民主党議員の不満が噴出。陳情を受けた党幹事長室が政権に
要求した。民主党の要望通り建設を優先すれば料金値上げが避けられない。
鳩山政権が掲げる「高速道路原則無料化」や公共事業の削減方針と矛盾。
建設と割引を両立させるには、新たな国費を投入するしかにい。これは有料
道路への国費投入を批判してきた従来の主張と矛盾する。
民主党の要望は、これだけではない。高速建設方式の転換も求めている。国
と地方の税金で高速道を造る現在の方式を廃止し、その分の国費を各高速道
路会社につぎ込む案だ。高速道路会社に対する財政支援は、「公共事業費」
にカウントされない可能性がある。「公共事業削減」を掲げながら、高速建
設を進めることができることになる。
このままでは、「必要な道路は国会のチェックを経て国の税金で造る」とし
てきた民主党の道路政策は根本から覆る。
衆議院、参議院で過半数を占めるのでどんな悪法でも、強引に通して成立さ
せる気なのだろう。国民もよく目を開けて見る必要がある。

 紙面より
コメント (0)

人生の目的意識と死亡率
人生に対する目的意識の高い高齢者の方が長生きするという研究が報告され
ている。
人生の目的意識に関するテストは
1、私は人生に方向性と目的の感覚を持っている。
2、私は将来の計画を立て、それを実現させるために働くことを楽しむ。
3、人生を目的なしにさまよう人もいるが、私はそうした人々の1人ではな
い。
4、私は人生でなすべきことをすべて行なったように感じることがある。
など10項目からなる。
各質問への回答を5段階の選択肢から選び、合計点を質問数で割って一人ず
つ平均点を出した。平均点は3.7点だった。
その結果、人生の目的意識に関する5点満点の点数が下位10%の人と比べ、上
位10%の人では、死亡率が43%も低かった。
人生の目的意識に関するテストは、ナチの収容所を生き延びた精神科医ヴィ
クトール・フランクルの思想などに由来する。彼の思想とは、極度の逆境下
でも人生を意味あるものとするのは可能であり、人生に対する目的意識を持
つことが、心理的健康を維持する上で本質的である、とするものだという。

 やさしい医学リポートより---東北大教授・坪野吉孝
コメント (1)

夏の参院選前に年金の新制度の方向性を示し、世論を欺こうとしている。
議論を前倒しして参院選前に方向性を示すことにしたのは、首相や小沢幹事
長をめぐる政治とカネの問題などで内閣支持率の低下傾向が止まらないなか
、今後も米軍普天間飛行場の移設問題など、対応次第ではさらに世論の離反
を招きかねない事態も想定され、年金制度改革に積極的な姿勢を示し、世論
の関心を引きつける狙いである。
事業仕分けの第2弾といい、どれもこれもせろんを意識したものばかりであ
る。

 紙面より
コメント (0)

女子と小人とは養い難しとなす。これを近づくれば不遜、これを遠ざくれば怨む。
小人は扱いにくい。親しくすればつけあがるし、相手にしないと恨み
をもつ。

女性蔑視の代表的なことばである。儒教を根幹とする封建制度は、長いあい
だ女性を抑圧してきた。

 論語一日一言より--村山孚
コメント (0)

こども手当もいいけれど、深刻な保育所不足や財源も考えて。
衆院の委員会で数の力で可決されたが、国民の間では、子ども手当への疑問
がくすぶっている。その要因の一つは、深刻な保育所不足に手が打てていな
いという現実だ。
政府は1月末にくとめた「子ども・子育てビジョン」で、14年末までに0~
2歳児で約25万人分の保育環境を新たに整えるとした。だが、今までのマニ
フェストと同じように予算の確保はこれからだ。子どもを保育施設に入れた
くても施設不足で入れない。こんな状況が解消されない限り、政府がいくら
「子ども手当にお金を配ります」といっても、素直に喜べない。
施設不足の解消に向けて、長妻厚労相ももっと積極的に取り組んでほしい。
鳩山政権が財源を確保しないまま満額支給への移行を語っていることも国民
の不信を買っている。
10年度分の支給に必要な2兆3千億円は国債の大増発という借金財政で賄われ
た。満額となれば毎年度5.3兆円が必要だ。その実現には将来の増税をあて
るしかない。このことを明確にしない限り、赤字財政をさらにひどくするだ
けで政策は信頼されない。
だが鳩山首相は消費税増税を封印し、「ムダの削減」でまかなうと繰り返す
ばかりだ。そこに政権の誠実さを観ることはできない。選挙目当てだけであ
る。
必要なことだからこそ、将来の増税も含めた財源をきちんと示して参院選に
臨む。それが、政府・与党の責任ある態度だ。

 社説より
コメント (0)

君子もまた悪むことありや。
君子も人を憎むことがありますか。

孔子の憎むべき相手は
人の悪を称する者を悪む。(他人の欠点を言いふらす者)
下流に居て上をそしる者を悪む。(上司のかげ口をたたく者)
勇にして礼なき者を悪む。(勇ましいだけで礼儀をわきまえない者)
果敢にして塞がる者を悪む。(独断的で人の意見を聞かない者)

 論語一日一言より--村山孚
コメント (0)

民主党は政策の理より選挙の利か。
政権交代後の昨年10月、自公政権がつくった補正予算を見直して凍結した
上信越道や阪和道、長崎道など6区間の4車線化。それすらも再開を検討す
るという。これではコンクリート回帰だ。
建設に力を入れると、高速道路料金の将来の値下げに使うはずの財源も、や
がて建設費に回され、料金が値上げになる可能性もある。
割引財源の建設費への転用を政府に促したのは、小沢幹事長だ。
政府・与党内で夏の参院選をにらみ、「政策の理より選挙の利」が幅を利か
せている。
改正案が通れば、高速道路建設費は国会のチェックがききやすい一般会計で
はなく、高速道路会社の予算に組み込まれる。全額政府出資の道路会社の予
算は事実上、政府の意のままだ。いまの民主党を見ていると、国民の監視の
目が行き届きにくいところで、利益誘導のための道路建設が決まっていく恐
れがある。
納税者が知らない間に巨額の税金がつぎ込まれていた、というような事態は
絶対に避けなければならない。
国民の間にも反対意見が多い高速道路の無料化については、旗をおろそうと
しない。その一方で道路建設への財源の転用を認め、料金の実質値上げも容
認する。鳩山政権が推し進めようとしている高速道路政策は、支離滅裂なま
で迷走している。

 紙面より
コメント (0)

般若心経とは
般若とはすばらしい知恵のこと。そして波羅密多とは六波羅密多、すなわち
自分よりも他人の救いを先にする「大乗の菩薩」という考え方による実践の
徳目です。
人間は生前の行いによって、地獄、餓鬼、畜生、修羅、人間、天という6つ
の世界に生まれ変わります。人間よりも下に落ちるのを救うためには、布施
、持戒、忍辱(にんにく)、精進、禅定、智慧という6つの修行をして、成
仏しなければなりません。
布施とは、僧にお経をあげてもらったときや寄付をする際に差し上げるお金
などの財物のことです。布施はお金に限りません。相手の不安をなくす、や
さしいまなざしや言葉などもあります。
持戒とは、戒を持つこと。これを十戒といい、具体的には十戒善を差します。
不殺生、不偸盗、不邪淫、不妄語、不綺語、不悪口、不両舌、不慳貪、不瞋
恚、不邪見。
忍辱とは、辛抱すること。
精進とは、一生懸命努力すること。
禅定とは、坐禅を組んでこころを落ち着けることです。
6つの修行をすると、智慧が出てきます。これが"般若"です。
仏様の場合、「智慧」と書きます。"知"の下の"日"は、宇宙の真理を指しま
す。
この6つのことを修行することを「六波羅密多行」といいます。こうするこ
とで自身が成仏する助けになります。
お仏壇に水、塗香(ずこう)=塗香(ずこう)は非常に細かい粒子のお香で、
塗香入(ずこうい)れに入れて用います。小麦粉にも似た触感があり、少量を
手に塗り、その香りを吸い、仏前で自らの心身を清めるために使用します。
花、線香、飯、ローソクの6品をお供えするのは、六波羅密多行を知らずに
亡くなったご先祖様に、6つの修行をすることで成仏できることを知らせる
ためです。
水は布施(感謝する気持ち)、塗香は持戒(よいことに励む)、花は忍辱
(怒りやすいこころを鎮める)、線香は精進(怠けごころをなくす)、飯は
禅定(こころを落ち着かせる)、ローソクは智慧(人間の悩めるこころを智
慧の光で明るくする)を表しています。これら6つをお供えすることを六種
供養といいます。お仏壇にお供えをして、お仏前でお経を唱えます。こうす
るこによってご先祖様が成仏できるのです。
コメント (0)

内外に難問山積みの折、民主党の志が泣いている。
「ワイドショー劇場には一切応じない」「国民生活に政治とカネの話は全く
関係ない」と、小沢一郎氏らの証人喚問を拒否。自民党が審議拒否をやめて
衆院で新年度予算案の採決に応ずるや「無意味な抵抗をしても無駄であると
お考えいただいた」と胸を張った。あとは逃げ切る腹のようだ。
2年余り前、守屋元防衛次官が逮捕された事件で、財務相だった額賀氏の参
院での証人喚問を与党欠席のまま多数決で決めたのはあなたたちではなかっ
たか。参院選で民主党が大勝し、野党が過半数を握って間もないころだった
。疑惑解明が先だとあれだけ喚問にこだわった山岡さんが今は懐かしい。
あのときの額賀氏と今の小沢氏と、どちらが証人喚問にふさわしいか。元秘
書の石川衆院議員や現秘書らが3人も逮捕・起訴され、自身も事情聴取を受
けた小沢氏に軍配が上がるのは自明の理だ。しかも、小沢氏は閣僚ではなく
党幹事長のゆえに国会で質問を受ける機会が全く無い。この人選もあやしい
。「国会で説明を」との声が世論調査で圧倒的なのもうなづける。
ファミリーのお金をもらった鳩山氏より、資金の出どころが定かでない小沢
氏の方が「質の悪い疑惑」と検察内部で言われてきた。かって自由党に国か
ら支払われた政党助成金が、解党によって小沢氏に流れ込んだとの説もある
。それやこれや国会で問うべきことは少なくない。
さまざまな疑念については国会でただし、問題点を将来に生かすのが筋だ。
石川議員が逮捕されたとき、これを検察の暴挙だとして「断固として戦う」
と決意を述べていたではないか。いざ自分が不起訴となったら「公平公正な
捜査の結果」とはどういうことなのか、その真意もぜひ聞かせてもらいたい
。首相と幹事長に続いて小林衆院議員の陣営の違法献金も分かり、この党は
「政治とカネ」で三重苦に陥った。それでも小林氏にきっぱりけじめを促す
気配がないのは、首相も幹事長も天につばする思いだからではないか。
野党が出した石川議員の辞職勧告決議案も採決する気がなく、こうなると倫
理問題はドミノ倒しのごとくで低きに流れるばかりである。
そういえば、小沢氏の応援団には収賄容疑で裁判中の鈴木氏がいた。二審ま
で有罪の実刑判決を受けながら、民主党の配慮で衆院外務委員長のポストを
得たのだから、さもありなんか。
現実政治はユートピアでも市民運動でもなかろうが、小沢氏がほっかむりす
る中で、この党には選挙目当ての利益誘導ばかりが目立つ昨今でもある。こ
れでは立党の志が泣かないか。
企業・団体の献金禁止を掲げて乗り切りたいようだが、多くの国民はこの調
子ならどうせ裏道を探すに違いないと見透かしているのだ。

 風考計より---若宮啓文
コメント (0)

外からも敬意を持って「魅力ある国だ」と素直に思われるような日本創りを志向する]
ことは、目先の打開策を講ずる以上に重要な課題である
「魅力ある日本」を考えるとき、三つのポイントがあるように思う。
一つ目は、
長きにわたって日本人自身が培ってきた「日本の良さ」を再確認し、より
確かなものにすることである。世界に秀でた豊かな自然と調和した社会、
人々が法と制度を順守し秩序が維持された安定した社会、充実した社会保
障制度、不条理な格差の少ない社会などが挙げられよう。
二つ目は、
急激なグローバル化、情報化、市場化の波に適切に対応し、「安心、安全
、充実」した社会のシステムを構築していくことだ。急激な波は社会を合
理的で利便性の高いものに変えた。ITを使えばたいていの情報は即座に
入手でき、地道な苦労をすることなく欲しいものを手に入れるチャンスが
増大した。しかし、他方ではむきだしの成果主義、拝金主義、競争社会、
格差社会を生み出した。合理性や利便性を保ちつつ、1点目に挙げたよう
な社会をどう構築するか、これからの課題だと思う。
そのためにこそ、
三つ目に
「魅力ある日本人」をどう育て、日本に住む外国籍の人々とともに「魅力
ある地域社会」をどう創っていくのかという点が課題となる。
そこで最も大切にしたいのは「人間性」の育成だ。金があれば何でもでき
るといった風潮の「ホリエモン現象」、欲望むき出しの「メル友ネット」
の広がり、電車の優先席さえ老人に譲ろうとしない思いやりのなさ。
人間の「品格」が改めて問われる時代である。「国や郷土を愛する心」を
育てることはもちろん大切だが、それはまず「人を愛する心」があって初
めて成り立つ。そうした心を持っていれば、戦争被害の傷を今も感じてい
る相手国への「配慮」も自ずとなされていくだろう。

 早稲田大学教授・天児 慧
コメント (0)

日本の長所の問い直し
世界経済全体の動きよりも日本の回復は鈍い。
原因は日本がその長所を見失ってきたことにあるからではないか。特に資本
の倫理を強調し過ぎたことが、日本の経営の長所を弱め、日本の技術水準を
高める動機や仕組み自体を衰弱させるという認識が不足していた。
政治の次元でも何が日本の長所かを突き詰め、国づくりの基とする動きはな
かった。
国民の一人ひとりが使命感を感じ、その目的のためなら負担もすると思える
ようなビジョンが不在では、民間にポテンシャルがあっても国の力にはなり
にくい。
しかし、このような試練の極みにあるからこそ、日本の経営が大切にしてい
た社員との信頼関係の意味は改めて浮き彫りになる。それは単なる雇用関係
ではなかった。一人ひとりが、物ではなく存在として受け止められ、だから
こそ一人ひとりが自分を磨き、全体に尽くしたという願いが引き出され、共
同体意識が育まれる。また顧客の本当の必要に応える製品やサービスが生み
出されよい業績につながる。そのような流れは会社は株主の所有物とする会
社観からは出てこない。
そのようなずれを見直し、基本に立ち返ることで、良い結果が出ることが実
証され、多くの経営者のはげみにもなるような新しい流れをつくることが成
長戦略の要だろう。やがて人間の復権を主軸とした経営が日本から発信され
、世界からも共感されるビジョンにつながると思われる。

 経済気象台より---瞬
コメント (0)

大豆は乳がんのリスクを下げる
大豆には女性ホルモンのエストロゲンと似た構造を持つ植物性エストロゲン
の「大豆イソフラボン」が含まれることはよく知られている。乳がんの発症
には体内のエストロゲンが関係していると言われ、イソフラボンはこのエス
トロゲンが作用するのを抑えると期待されている。
厚労省の研究班によると40~59歳の女性2万1852人を対象に、大豆製品を食
べる量と乳がんの発生率を追跡調査した。みそ汁を飲む量が1日1杯以下の人
が乳がんになるリスクを1とすると、3杯以上飲む人の危険性は4割低かった。
大豆製品から換算した大豆イソフラボンの摂取量を比べても、摂取量が多い
人ほど乳がんの発生率は低かった。
一方、食品安全委員会が06年、大豆イソフラボンの過剰摂取はホルモンバラ
ンスを崩す恐れがあるとして、特定保健用食品として1日に取る量を「30㍉
グラムまで」とした。
栄養補助食品でイソフラボンだけを大量に取るのは勧められないが、大豆製
品を日常的に食べることは問題ない。

 食の健康学より----宮島裕美
コメント (0)

成長産業の落とし穴
多くの人が、今後の日本経済の成長を支える産業として、医療・介護分野を
挙げているが、それらの産業の拡大が社会的コストを高める側面を持つこと
に、もっと注意を払う必要がある。医療・介護需要が高まり、またそれに伴
って技術やサービスが高度化してゆけば、企業や家計が払う保険料負担も、
また税金や国債発行によって賄われる国庫負担も増える。
消費税の引き上げが求められるのは、まさしく、増大する医療・介護需要を
賄うためである。
現在の枠組みでは、医療・介護産業が成長すればするほどコストが増大し、
成長の制約になりかねないということだ。それを回避するためには、医療サ
ービス供給の効率化やコストの引き下げ、価格の合理化、規制緩和による経
営や診療の自由度向上、海外の需要や労働力の取り込みなどを通じて、関連
産業の生産性を引き上げることが不可欠である。そうでなければ、成長産業
として経済成長を牽引するという期待は、絵に描いた餅となりかねない。

 経済気象台より---山人
コメント (0)

君子、勇ありて義なければ乱をなす。小人、勇ありて義なければ盗をなす。
勇ばかりで義を考えない者は、それが君子なら反乱をおこすし、小人なら盗
賊になる。

君子は勇よりも義を大切にすべきだ。

 論語一日一言より--村山孚
コメント (0)

郵政改革、グループの合理化が抜けている。
政府が今国会に提出する郵政改革法案の原案では、小泉改革の方針を転換し
、郵政事業のネットワーク維持を考えて青写真が描かれている。政府が親会
社の株式の過半を持ち、政府関与の度合いが強い内容になっている。
でも、この方針には「日本郵政グループの合理化」という視点が欠けている
。郵政は民営化から2年半近くたっても官業体質が残り、関連する公益法人
の役職員の3割をOBなどの天下りが占めている。ファミリー企業との取引
も年間1329億円に達する。こんな状態を真っ先に解消し、株主である国民の
期待に応える改革案にすべきではないか。
のぞましい郵政のあり方を考えるのなら、既得権益にも切り込んですべてを
洗い出す必要がある。それが、国民のための「郵政改革」だと思う。
選挙目当ての郵政改革であってはならない。

 紙面より
コメント (0)

大人のアトピー
アトピー発症の原因はハウスダストやダニ、食べ物などへのアレルギー反応
だと思われがちだ。だが、これらは症状を悪化させる因子で、主な原因は別
だ。まずは、免疫機能の問題。外から侵入する病原体を撃退する機能を発揮
するリンパ球のヘルパーT細胞には、Th1型とTh2型の2種類があり、
過剰な反応をしないようバランスを保っているが、Th2型の量が増えて活
動が活発になると、皮膚が炎症を起こす。それがアトピーだ。
大人の場合は食生活の乱れ、生活リズムとバイオリズムのずれ、ストレスな
どが原因でバランスが崩れる。
もう一つは皮膚そのものの問題。皮膚には本来、水分を保ち、外から細菌や
刺激物が侵入するのを防ぐ「バリア機能」が備わっているが、アトピー患者
はそれが弱まっている。バリア機能の低下にもストレスが影響している。
アトピーとストレスは円を描くようにつながっていて、片方が悪くなればも
う片方も悪くなる。アトピーは体が出している危険信号。医師に治してもら
おう、ではダメ。生活習慣や食生活を、自ら見直して、皮膚の治療も怠らず
に。処方された塗り薬は塗り方も大事。自己流ではなく、病院できちんと指
導を受けよう。

 体とこころの通信簿より---上原賢子
コメント (0)

住宅エコポイントも実施へ
鳩山政権はリフォームの推進を住宅政策の最重要点に位置づけており、住宅
エコポイントはリフォーム需要の刺激策の第一弾でもある。
先に実施されている家電エコポイントと同様、カタログから百貨店の商品券
や旅行券、図書券、コメや果物といった地域の特産品を選んで高官できる。
民主党のやる政策はどれもこれも、お金がない人には無縁のものばかりであ
る。母親から毎月1千万円を越えるお金を貰っていても知らなかったという
首相の考えそうなことである。年金生活者には夢物語だ。

 紙面より
コメント (0)

現実と幻想との境界で--千の風に、千の風になって 
私のお墓の前で
 泣かないでください
 そこに私はいません
 眠ってなんかいません
 千の風に
 千の風になって
 あの大きな空を
 吹きわたっています

幼友だちの妻ががんで死去、その追悼文集に掲載された詩だったという。
元は英語の詩だった。アイルランド共和軍のテロで死んだ青年が遺書のよ
うに両親に託していたことをBBCが放送した。
9.11テロの翌年の追悼集会で、11歳の少女が朗読した。
映画監督H・ホークスの葬儀で俳優のJ・ウェインが朗読した。
だが、いつ、誰がつくった詩かがわからない。

これらの出来事の少し前、がんで闘病生活をしていた先輩記者を励ます会
を催した。そこでこんな話をした記憶がある。
「死んだらとりあえず、僕たちは煙や灰、骨になる。僕を形づくっていた
素粒子たちにとっても別離のときです。しかし、素粒子たちがいつか再会
を図ることがあっても、ふしぎではないでしょう。はるか遠い、永遠に近
い未来のことかもしれません。『僕』が再結集する日を夢想したりします

いま思えば、「煙になる」のは「風になる」のとほぼ同じことだろう。現
実と幻想とをつなぐのが「風」である。
そして死は現実と幻想との境界に起きる「何か」だ。

 コラムニスト・小池民男
コメント (0)

民主党の次にやるべきことは、度重なる「政治とカネ」の問題にけりをつけることだ。
小林衆院議員の陣営が、違法な選挙資金を受け取ったとされる事件で、北教
組の幹部ら4人が逮捕された。
民主党と労組の関係は切っても切れない。小林氏に限らず、労組に資金や票
を依存する議員、候補者は数多い。選挙を取り仕切る小沢幹事長は、連合と
の関係を最重視してきた。その意味で、今回の事件は民主党が構造的に抱え
込んでいる闇の部分である。
せっかく政権交代したのに、次から次へとカネがらみのスキャンダルが発生
する。民主党もしょせんは古い体質の金権政党なのではないか。
それにしては、鳩山首相や民主党から伝わってくる危機感はあまりにも薄い
。民主党に巣くう古い体質は、新年度予算案の衆院通過に至る前半国会の運
営ぶりからも見て取れる。
野党側は小沢氏の国会招致や、元秘書で逮捕・起訴された石川衆院議員の辞
職勧告決議案採決などを要求し、自民党は審議拒否に踏み切った。
民主党は「ゼロ回答」を押し通した。予算案の審議を急ぎたい気持ちはわか
るが、それは要求を拒む理由にはならない。予算審議とは切り分け、国会招
致や採決に応じればいい。
与党の強硬姿勢は自民党時代と変わらない旧態依然の国会風景だ。

 紙面より
コメント (0)

近年乳がんになる女性が増えた。
食生活や生活習慣の欧米化により、エストロゲンという女性ホルモンの分泌
が増加したことが原因という説が有力です。
乳がんになる人は30代から40代にかけて急増し、最もなりやすいのは40代後
半の女性といわれています。壮年期の女性ががんで亡くなる場合、一番多い
のが乳がんです。「閉経後は大丈夫」「50歳すぎたら乳がんにならない」と
いう説はあてになりません。一方、まだ20代の若い女性も安心は出来ません
。各自が早期発見法を身につけるべきです。月に1回は自分で乳房に指をあ
てて、しこりがあるかないかを調べる自己チェックをぜひともやってほしい
のです。
鏡の前で裸になって立ち、左右の乳房の位置や形に違いはないかを見たあと、
指先でしこりの有無をチェックするのです。生理が始まって1週間後の頃が最
適です。
病院など専門機関での定期検診は20代から受けても早すぎることはありませ
ん。超音波検査(エコー)か乳房のレントゲン撮影(マンモグラフィー)の
いずれかをできれば年に1回、少なくとも2年に1回はぜひ受けることを勧め
ます。
今のところ、よい予防法はないので、早期に発見することが最善の方法なの
です。
指ではしこりがわからないごく初期のものでも、X線や超音波の検査で発見
されることがあります。こうした初期乳がんは、早く治療すれば90%以上の
人が治癒しています。
昔の治療法では、乳房全体を切り取り、傷が残ることが多かったのですが、
今では乳房を保存する技術も進んでいます。
乳がんは早期発見が何より大切だということから、「乳房健康研究会」が結
成され、乳がんのことを知ってもらう活動をしています。
http://www.breastcare.jpです。

 私の証あるがまゝ行く----日野原先生
コメント (0)

参院選のマニフェストは見直しに。
昨年の衆院選で掲げた民主党の「理想」は、財政事情という「現実」に直面
し、すでに修正が相次いでいる。目玉公約の一つだったガソリン税などの暫
定税率廃止は、昨年末の予算編成で見送りに。2010年度は半額の実施にとど
めた「子ども手当」も、国費ですべてを賄うことができず地方と企業の双方
に負担の分担を求めた。高速道路の無料化も、規模を概算要求段階の6千億
円から1千億円に縮小した。
これは選挙前から指摘されていたことであるが、国民が民主党にだまされた
のである。
参院選に向けてマニフェストの全面的に書き換えれば「公約違反」との批判
がさけられない。大きな新しい目玉作りも簡単ではないので、また、4月下
旬に予定されている第2弾の「事業仕分け」で国民の目を欺こうとしている

 紙面より
コメント (0)

トレッキングの注意点
山歩きをしていて、ひざの痛みを訴える人が少なくありません。
たびたび痛くなったり、痛みが取れないようなら、医師の診断を受けること。
そのうえで、山歩きをしても支障がないということなら、
ひざへの負担を軽くするために普段から足を鍛え、筋力を高めておくことも
大切です。太ももの筋肉を鍛えることです。真っすぐ立ち、ひざを直角にな
るまでももを上げる足踏みをします。左右で1回として50~60回繰替えしま
しよう。いすに座ったままでもできます。その場合は両手でひざを軽く押さ
えつけて負荷をかけ左右20回ずつ。
寝ころんでは、仰向けになり、ひざを伸ばして10~20cmほど上げます。
これも左右交互に20回。回数はあくまで目安。
無理せず、続けることが肝心です。除々に回数を増やしたり、足首に軽い重
しをつけたりしてもよい。縄跳びや階段上がりも効果があります。
山歩きでは、とりわけ下山時にひざに負担がかかります。
体重の2~3倍ともいわれます。このうえ、ザックの重みも加わりますから、
荷物をなるべく少なくする工夫をします。
傾斜の緩やかなコースやストック(つえ)を使うのも効果があります。
歩幅は小さくするのことも心がけましよう。
これから時期は足を冷やさないことも大切です。サポーターも有効ですが、
締め付けていると、血行が悪くなりますから、休憩時には外したり、ずらし
たりしましよう。
コメント (0)

民主流の国会運営、強引さが目立つ
民主党は政権交代と民社、国民新党との連立によって、野党が参議院でも多
数を占める国会の「ねじれ現象」を解消したことを最大限に利用。首相や小
沢幹事長をめぐる「政治とカネ」問題で野党から追及されても、「国民の生
活を守るのが最優先」「国民の関心は『政治とカネ』ではない」と繰り返し
、関係者の証人喚問要求などを「ゼロ回答」で通した。
冒頭から混乱必至と言われた今国会。政治とカネ以外も、道路予算の個所付
けの漏洩問題、長崎知事選での推薦候補大敗など逆風に直面したが、結局、
押し通した。
国民の民意は「政治とカネ」で首相や小沢幹事長の証人喚問を望んでいると
思うが---。

 紙面より
コメント (0)

飽食して終日、心を用うることなきは、難きかな。
一日中、たらふく食ってごろごろし、何も考えないというのは、困ったもの
だ。

何もしない、何も考えないのは、かえって楽ではない。孔子はジッとしてい
られない性質だったのだろう。

 論語一日一言より--村山孚
コメント (0)

日銀に期待感、円高是正
外為市場は1㌦=88円台にまた突入。米景気の先行き懸念を材料に円買い
が進み、東京市場としては昨年12月以来の円高水準となった。
円高を後押ししているのは取引金利だ。大量の為替取引をするヘッジファン
ドなどは、代表的な金利指標のLIBORの3カ月物を、取引材料の一つに
している。
直近では円金利が年0.25313%、ドルが年0.25169%と、わずかに円が高い。「
LIBOR3カ月物の円金利がドルより高い時は円が買われて円高に振れ、
ドルより低いと円安に振れやすいというのが、市場の一定のコンセンサスだ

LIBORの3カ月物はバブル崩壊後、円がドルより低い状態が長く続いて
きたが、金融危機後に米国が政策金利を0~0.25%まで引き下げるとドル金
利が低下し、昨年8月に逆転した。
為替はいったんは円安にふれたが、円金利は下げ渋っており、円・ドル金利
の再逆転にはいまだ至っていない。追加緩和の期待は、デフレ脱却を掲げる
政府からも相次ぐ。デフレの早期脱却という面からも、追加緩和論が浮上す
る可能性がある。

 紙面より
コメント (0)

人生の目的意識と死亡率
人生に対する目的意識の高い高齢者の方が長生きするという研究が報告され
ている。
人生の目的意識に関するテストは
1、私は人生に方向性と目的の感覚を持っている。
2、私は将来の計画を立て、それを実現させるために働くことを楽しむ。
3、人生を目的なしにさまよう人もいるが、私はそうした人々の1人ではな
い。
4、私は人生でなすべきことをすべて行なったように感じることがある。
など10項目からなる。
各質問への回答を5段階の選択肢から選び、合計点を質問数で割って一人ず
つ平均点を出した。平均点は3.7点だった。
その結果、人生の目的意識に関する5点満点の点数が下位10%の人と比べ、上
位10%の人では、死亡率が43%も低かった。
人生の目的意識に関するテストは、ナチの収容所を生き延びた精神科医ヴィ
クトール・フランクルの思想などに由来する。彼の思想とは、極度の逆境下
でも人生を意味あるものとするのは可能であり、人生に対する目的意識を持
つことが、心理的健康を維持する上で本質的である、とするものだという。

 やさしい医学リポートより---東北大教授・坪野吉孝
コメント (0)

中国の日本企業買い--規制より戦略見直しを
人口減少などで低成長時代に入った日本にとって、外資の取り込みは欠かせ
ない。将来、中国企業の技術力が底上げされたら、日本は見向きもされなく
なるかもしれない。「関心を寄せてもらっているうちが花」ともいえる。
国内で稼げないが技術力があり、中国から熱望される企業が数多くあるなら
、国内の産業政策や産業構造のどこかに問題があるかもしれない。外資規制
に走る前に日本の成長戦略や金融環境、税制などを点検する必要はないだろ
うか。

 紙面より
コメント (0)

老いを遅らせるには--心がけが大切
「アンチエイジング」という言葉が注目を集めている。アンチエイジングと
は、できる限り老いを遅らせて若さを保とうという試みだ。
若さ、アンチエイジングというと、スキンケアやサプリメントなどを思い浮
かべる人は多いが、一番大切なのは「気持ち」だ。やりたいことをやること
。無理をし過ぎないことを心掛けると良い。自分を責めないで、いい加減に
、気ままに生活することがお薦めだという。
また、適度な緊張感、ストレスも刺激につながる。ある程度の年齢を過ぎた
ら仕事をしないで家の中で閉じこもっている人は少なくない。だが、ボラン
ティアでも良いので「誰かの役に立っている」という実感を感じられること
を意識的に行うことが大切だ。
そして「きれいになりたい」と願い、行動を起こすことは、世界を広げ自分
を内面からも輝かせる。
たばこと紫外線はなるべく避けよう。特にたばこは肌に悪く、体の循環に悪
影響を与える。
アンチエイジング5カ条
◆いくつになっても男と女
  「美しさ」に磨きをかけよう
◆肌の若返りは心の若返り
   メークアップは外見、心も若返らせる
◆バランスの良い食事と適度な運動
   アンチエイジングの効果は食事と運動が9割
◆よく笑い、よく話し、よくかむ
   笑いは免疫力を高め、かむことは脳の活性化になる
◆長生きこそ最大の誇り
   いくつになっても積極的に社会貢献を
 
 北里大名誉教授・塩谷信幸
コメント (0)

若者にチャンスを
若者が置かれた状況は厳しさを増している。就職氷河期に運悪く卒業年を迎
えたことが、彼らの厳しい就職状況の背景にあったとすれば、これから強ま
るであろう企業の新規採用抑制スタンスは、若年の雇用・賃金状況を一段と
悪化・固定化させる懸念がある。それは、日本経済にとって大きな損失であ
る。若者が、新鮮な視点と果敢な挑戦によって、経済や企業の成長力を高め
る潜在力を有していることは、いうまでもない。彼らが十分な就職機会と収
入を確保することが、少子化に歯止めをかけるかもしれない。
だとすれば、政府や経営者は、高齢者だけでなく若者にも、十分留意すべき
ではないか。採用増への公的支援、中途採用の拡大など、彼らの雇用や所得
を増やす様々な手立てがあるはずだ。

 経済気象台より---山人
コメント (0)

孺悲、孔子に見えんと欲す。孔子、辞するに疾をもってす。
孺悲が孔子に面会を求めた。だが、孔子は病気だと言って断らせた。

孔子が仮病を使ったのだが、仮病だということを、わざわざ相手に悟らせる
ようにした。

 論語一日一言より--村山孚
コメント (0)

公共事業の予算配分「個所付け」、本当の民意に耳を傾けよ。
民主党の小沢幹事長が「国民の声だ」として出してきた党地方組織や自治
体の陳情は、大半が道路整備だった。それを個所付けに反映させた結果、昨
秋の概算要求段階で「凍結候補」だったはずの道路事業の6割の予算が復活
した。
それは本当の「民意」なのだろうか。地方の声に耳を傾けるべきだが、「コ
ンクリートから人へ」を掲げた民主党を総選挙で勝たせたのも民意だ。
訴える人の声の大きさで民意を錯覚し、大きなものを失ったようにみえる。

 紙面より
コメント (0)

子生まれて三年、然る後に父母の懐を免る。それ、三年の喪は天下の通葬なり。
子は生後三年は父母に抱かれて育つ。その親が没した。三年の喪は常識だ。

門人の宰我が親の喪は三年と決まっているが、長すぎる。一年でよいのでは
ないでしょうかと孔子に話した。
宰我が退出したあとでだれにともなく言ったのがこの言葉である。

 論語一日一言より--村山孚
コメント (0)

民主党を支持する労組に「政治とカネ」の問題が
昨年の衆院選で北海道5区から当選した小林氏の陣営が、北海道教職員組合
から1600万円を違法に受け取っていた疑いがあるとして、捜査されている。
小林氏は「選対に任せきりだった」と言うが、問われているのは労組丸抱えの
こうした選挙手法そのものだ。
公務員は地位を利用した選挙運動を禁じられ、なかでも教員は厳しい中立性
を求められる。先生による行きすぎた運動はなかったのか。そんな疑念もわ
く。
いまだに地方組織が弱体なため、選挙のたびに労組に依存する。民主党のそ
んな体質が浮かびあがる。
組合が候補者を抱え込み、半ば強制的に組合員が動員され、ときには不透明
な資金が出され、違法すれすれの運動を展開する。
政権が交代し、連合傘下の多くの労組が与党を支持する側になった。だが組
合員の政治意識は多様なはずだ。
労組が現場の声を政策に反映させようとすることは大事だが、政党との一定
の緊張関係が必要だ。
参院選を前に、小沢幹事長は労組を含む支持組織固めに余念がない。労組は
何より集票マシン。そんな発想であれば、時代遅れもはなはだしい。

 紙面より
コメント (0)