2009年12月の記事


今年一年ありがとう
09年も残り少なくなつてきました。今年もお付き合いいただきありがとうございました。来る10年もよろしくお願いします。皆様にとって良い年になりますように。
コメント (0)

日航、法的整理へ
支援依頼を受けている官民出資ファンドの企業支援機構が、日航支援に法的
整理を活用することを最有力に検討を進めていることが分った。
会社更生法を使ったうえで機構が再建を担う「事前調整型」で、機構は裁判
所との調整にも入った。
日航は公的支援を何度受けても抜本的再生はしなかった。また税金を使うに
は、倒産させないと国民の理解が得られないと、政府関係者は見ている。

 紙面より
コメント (0)

『覚醒 観世音菩薩 慈悲の心』
ご開帳は、観世音菩薩様に皆様方の目の前に御出ましいただき、一人ひとり
と『縁』を結んでいただくというものであります。
私たち日本人が古来より大切にしてきた『謙虚な心』『慈しみの心』はどこ
へ消えてしまったのでしょうか。今一度、「命の尊さ」、「人を思いやる心
」というものを考えなければならない時なのです。まさに此処に、観音様の
大きな慈悲の心に触れていただきたいと願っているのであります。
観音様は最も慈悲が深い仏であり、様々な人の姿を借りて困っている人を助
けると説かれています。実は慈悲の心というものは、観音様ほど大きくなく
ても、自分の心の中にもちゃんと存在しているものでもあります。悲しいか
な、便利さやわがままの実現ばかりを追求している現代の風潮の中で、だん
だん気が付かなくなっているのであります。
結縁開帳を通じて、観世音菩薩様のご宝前に立ち、静かに自分の心を見つめ
る時、一人はひとりの自分の心の中のこの存在に気が付く事が出来るはずな
のです。
そうなのです。観音様は実は普くおわします。あなたのすぐ横にいる人が
観音様であるということに気付く、そうすればあなた自身もそうであること
に気付くはずなのです。仏像だけが教えてくれるのではありません。いつで
もどこでも、誰からでも学べるものなのです。そうすればおのずと謙虚さが
生まれてくるものです。ですから仏様の前だけで謙虚であってはなりません
。すべての人に尊敬と感謝の気持ちを貫かねばならないのです。つまり、私
たちの心が観音様の心とひとつに繋がるとき、本来あるべき人間の心を取り
戻し得るのです。このことが、この乱れた世相を正す事に不可欠なのであり
ます。

                   西国三十三所札所会
コメント (0)

公約のごり押しは限界だ
事業仕分けでは政権交代を印象づけたが、普天間基地問題や景気対策では政
治力を発揮できなかった。八ツ場ダムでは「マニフェストに書いてあったか
ら中止します」と語り住民の怒りを買った大臣もいたが、民主党政権にとっ
て政治とは、マニフェストを字義通りに実行することのようだ。理念を現実
にすり合わせつつ部分的に実現してゆく作業は、政治ではなく自民党的な「
裁量」と映るらしい。
民主党は、マニフェストにすべての政策を詳細に書き起こし、選挙では有権
者が細部まで承認したかのようにみなしている。けれども選挙後にも現実は
時々刻々変化するし、外交や市場が相手の場合、いっそう顕著である。
選挙前に書かれたマニフェストを押し通すことには無理がある。

 紙面より
コメント (0)

益者三楽、損者三楽。
楽しみには有益なものが三種類あり、有害なものも三種類ある。

有益な楽しみには、礼楽を節するを楽しみ、人の善を道うを楽しみ、賢友多き
を楽しむのは、益なり。
有害な楽しみとは、驕楽を楽しみ、佚遊を楽しみ、宴楽を楽しむは、損なり


 論語一日一言より--村山孚
コメント (0)

積み残された真の課題
一般会計92兆円は巨額の国債と、特別会計などの「埋蔵金」に依存している
。埋蔵金の多くは積立金や基金の取り崩しで、毎年使える財源ではない。
予算全体がいわば耐用年数1年限りの土台の上に建てられた仮住まいだ。
めざすべきは百年、二百年の長きにわたって使える住まいだ。老いも若きも
、子育て世代や将来世代も共に快適に暮らし続けることが可能な経済社会。
それを支えることのできる財政システムである。堅固な土台や柱、つまり安
定財源が欠かせない。
今後の財源として有力な消費税の増税は鳩山首相も4年間は増税しないと述
べて、先送りした。
だが国家運営と国民福祉に責任をもつ政権が、持続不能な財政から目をそむ
け続けることは許されない。こども手当ひとつとっても、財源を将来にわた
って確保しようとすれば、この問題を避けて通れない。
この意味で、「国民の生活が第一」という政権公約の土台は危うく、重要な
課題が選挙目当てで積み残されたままだ。

 紙面より
コメント (0)

益者三友、損者三友。
つきあって有益な友人には三種類あり、有害な友人にも三種類ある。

素直な人、誠実な人、教養のある人とつきあうのは有益である。
うわべだけ飾る人、人当たりがよいだけの人、口先だけの人とつきあうのは
害になる。

 論語一日一言より--村山孚
コメント (0)

購入した土地の原資が不明な4億円を解明へ
小沢・民主党幹事長の資金管理団体が原資が不明な約4億円を、他の関連政
治団体を経由して陸山会に集められ、土地購入代金に充てられた可能性があ
ることが、関係者の話でわかった。
この約4億円は政治資金収支報告書の収入に記載されておらず、政治資金規
正法に抵触する恐れがある。
大久保秘書は「小沢氏に頼まれて土地は自分が探したが、それ以降の手続き
は経理担当の石川氏に頼んだ」と説明。
元秘書の石川氏は先の選挙で当選し現在衆院議員だ。

 紙面より
コメント (0)

般若心経とは
般若とはすばらしい知恵のこと。そして波羅密多とは六波羅密多、すなわち
自分よりも他人の救いを先にする「大乗の菩薩」という考え方による実践の
徳目です。
人間は生前の行いによって、地獄、餓鬼、畜生、修羅、人間、天という6つ
の世界に生まれ変わります。人間よりも下に落ちるのを救うためには、布施
、持戒、忍辱(にんにく)、精進、禅定、智慧という6つの修行をして、成
仏しなければなりません。
布施とは、僧にお経をあげてもらったときや寄付をする際に差し上げるお金
などの財物のことです。布施はお金に限りません。相手の不安をなくす、や
さしいまなざしや言葉などもあります。
持戒とは、戒を持つこと。これを十戒といい、具体的には十戒善を差します。
不殺生、不偸盗、不邪淫、不妄語、不綺語、不悪口、不両舌、不慳貪、不瞋
恚、不邪見。
忍辱とは、辛抱すること。
精進とは、一生懸命努力すること。
禅定とは、坐禅を組んでこころを落ち着けることです。
6つの修行をすると、智慧が出てきます。これが"般若"です。
仏様の場合、「智慧」と書きます。"知"の下の"日"は、宇宙の真理を指しま
す。
この6つのことを修行することを「六波羅密多行」といいます。こうするこ
とで自身が成仏する助けになります。
お仏壇に水、塗香(ずこう)=塗香(ずこう)は非常に細かい粒子のお香で、
塗香入(ずこうい)れに入れて用います。小麦粉にも似た触感があり、少量を
手に塗り、その香りを吸い、仏前で自らの心身を清めるために使用します。
花、線香、飯、ローソクの6品をお供えするのは、六波羅密多行を知らずに
亡くなったご先祖様に、6つの修行をすることで成仏できることを知らせる
ためです。
水は布施(感謝する気持ち)、塗香は持戒(よいことに励む)、花は忍辱
(怒りやすいこころを鎮める)、線香は精進(怠けごころをなくす)、飯は
禅定(こころを落ち着かせる)、ローソクは智慧(人間の悩めるこころを智
慧の光で明るくする)を表しています。これら6つをお供えすることを六種
供養といいます。お仏壇にお供えをして、お仏前でお経を唱えます。こうす
るこによってご先祖様が成仏できるのです。
コメント (0)

首相は巨額の資金の使い道について公表すべきだ。
毎月15百万円ともいう資金を実母からもらっていて、本当に何も知らなか
ったのか。政治資金も私的な支出もみんな秘書任せだったのか。
長年うそを書いてきたことは、政治家とカネの関係を国民の監視の下に置く
ために作られた政治資金規正法を空洞化するものだ。さらに、提供された資
金を長年にわたって申告しなかったことは、納税者からみると、脱税に類す
る行為とみられる。首相は修正申告して6億円を納税するとは言うが。
納得できない国民は多いと思う。

 紙面より
コメント (0)

天下に道あれば庶人は議せず。
世の中がよく治まっていれば、人々はだれも文句は言わない。

政治の基本であり、当然のことなのだが、為政者の、ついつい忘れがちなこ
とである。

 論語一日一言より--村山孚
コメント (0)

財源なしに公約は通らぬ
焦点だったガソリン税などの暫定税率は廃止するが、新たな措置で同規模の
税収を維持する。
暫定税率の廃止にはもともと無理があった。廃止すればガソリンは値下がり
で需要が増え、首相自身が力を入れる温暖化対策と矛盾する。税収は地方税
を含め年2.5兆円も減る。不況で法人税収が激減するなか、国債発行は44兆
円までという予算編成方針は守れない。
結局、小沢氏の要望を受け入れる形で事実上の税率維持を決めたことは、政
府の政策形成力の弱さを示す事態だ。
迷走劇から浮かび上がった「構造的な財源不足」という大問題に、鳩山政権
は全く応えようとはしない。ほんとうに深刻な問題はそこにある。
たとえば、「コンクリートから人へ」の目玉政策である子ども手当を恒久的
な制度とするには、2011年度以降、毎年5兆円の支出を支える恒久財源が必
要だ。しかし、その財源は確保できていない。
政権公約では、「無駄の削減」で数兆円もの財源を生み出せるとしていたが
、現実はそれほど甘くない。そのことも、事業仕分けの貴重な教訓として受
け止めるべきだ。

 社説より
コメント (0)

外からも敬意を持って「魅力ある国だ」と素直に思われるような日本創りを志向する]
ことは、目先の打開策を講ずる以上に重要な課題である
「魅力ある日本」を考えるとき、三つのポイントがあるように思う。
一つ目は、
長きにわたって日本人自身が培ってきた「日本の良さ」を再確認し、より
確かなものにすることである。世界に秀でた豊かな自然と調和した社会、
人々が法と制度を順守し秩序が維持された安定した社会、充実した社会保
障制度、不条理な格差の少ない社会などが挙げられよう。
二つ目は、
急激なグローバル化、情報化、市場化の波に適切に対応し、「安心、安全
、充実」した社会のシステムを構築していくことだ。急激な波は社会を合
理的で利便性の高いものに変えた。ITを使えばたいていの情報は即座に
入手でき、地道な苦労をすることなく欲しいものを手に入れるチャンスが
増大した。しかし、他方ではむきだしの成果主義、拝金主義、競争社会、
格差社会を生み出した。合理性や利便性を保ちつつ、1点目に挙げたよう
な社会をどう構築するか、これからの課題だと思う。
そのためにこそ、
三つ目に
「魅力ある日本人」をどう育て、日本に住む外国籍の人々とともに「魅力
ある地域社会」をどう創っていくのかという点が課題となる。
そこで最も大切にしたいのは「人間性」の育成だ。金があれば何でもでき
るといった風潮の「ホリエモン現象」、欲望むき出しの「メル友ネット」
の広がり、電車の優先席さえ老人に譲ろうとしない思いやりのなさ。
人間の「品格」が改めて問われる時代である。「国や郷土を愛する心」を
育てることはもちろん大切だが、それはまず「人を愛する心」があって初
めて成り立つ。そうした心を持っていれば、戦争被害の傷を今も感じてい
る相手国への「配慮」も自ずとなされていくだろう。

 早稲田大学教授・天児 慧
コメント (0)

民主党、政治とカネに沈黙し、改革は棚ざらし
小沢氏の公設第一秘書が法廷へ。鳩山政権と党は静まりかえっている。
政権交代前、企業・団体献金の禁止を打ち出した民主党の面影はない。
鳩山首相の虚偽献金問題を筆頭に、「政治とカネ」にからむ疑惑をぬぐい切
れない。
400人以上の国会議員を抱える巨大な政権党。人事権に公認権を持ち、資金
の差配も一手に引き受け党を率いる小沢氏の前で、誰も自由に物が言えなく
なっている。
政権獲得後は姿勢が一変した。今、首相と小沢氏に政治資金改革に積極的に
取り組もうという意欲はうかがえない。それどころか、民主党は参院選に向
けて業界団体との関係を深めるばかりだ。小沢氏が目をかける細野副幹事長
に組織委員長を兼務させ、支持をとりまとめ、陳情を党に集中させる仕組み
も完成した。
そして国会議員は続々と政治資金パーテーを開いている。

 紙面より
コメント (0)

寡きを患えずして均しからざるを患え、貧しきを患えずして安からざるを患う。
少ないことが問題なのではなく、不公平なことが問題なのである。貧しいこ
とが問題なのではなく、不安定なことが問題なのである。

為政者にとっての関心は、領民を多くすることだった。それが夫役・公租・
軍事力などに有利だからである。他国を侵略するのも、領民を増やすのが大
きな目的だった。そこで、領民の多少より公平に扱っているかどうかが問題
であり、財政の不足より政治の不安定を心配すべきだ。

 論語一日一言より--村山孚
コメント (0)

100日迎えた鳩山政権
来年の参院選勝利に向けた小沢幹事長の強い姿勢が気にかかる。
自民党を解体にまで追い込もうとしているかのような執念すら感じる。
政党が選挙に勝とうとするのは当然だ。まして民主党は参院で単独過半数を
もたない。しかし、有権者が望むのは、民主党が永久与党になることでも、
新たな一党優位体制が築かれることでもない。
理念、政策の実現か、権力の追求か。ゼロか一かで割り切ることはできない
が、あからさまに後者に傾いて理念や政策がゆがめられるなら、歴史的な政
権交代も幻滅に終わる。

 紙面より
コメント (0)

老いを遅らせるには--心がけが大切
「アンチエイジング」という言葉が注目を集めている。アンチエイジングと
は、できる限り老いを遅らせて若さを保とうという試みだ。
若さ、アンチエイジングというと、スキンケアやサプリメントなどを思い浮
かべる人は多いが、一番大切なのは「気持ち」だ。やりたいことをやること
。無理をし過ぎないことを心掛けると良い。自分を責めないで、いい加減に
、気ままに生活することがお薦めだという。
また、適度な緊張感、ストレスも刺激につながる。ある程度の年齢を過ぎた
ら仕事をしないで家の中で閉じこもっている人は少なくない。だが、ボラン
ティアでも良いので「誰かの役に立っている」という実感を感じられること
を意識的に行うことが大切だ。
そして「きれいになりたい」と願い、行動を起こすことは、世界を広げ自分
を内面からも輝かせる。
たばこと紫外線はなるべく避けよう。特にたばこは肌に悪く、体の循環に悪
影響を与える。
アンチエイジング5カ条
◆いくつになっても男と女
  「美しさ」に磨きをかけよう
◆肌の若返りは心の若返り
   メークアップは外見、心も若返らせる
◆バランスの良い食事と適度な運動
   アンチエイジングの効果は食事と運動が9割
◆よく笑い、よく話し、よくかむ
   笑いは免疫力を高め、かむことは脳の活性化になる
◆長生きこそ最大の誇り
   いくつになっても積極的に社会貢献を
 
 北里大名誉教授・塩谷信幸
コメント (0)

景気の行方 岐路に
デフレが続けば、企業は身を縮め、将来への投資よりも経費削減を優先する
。景気回復の先導役になるはずの設備投資は低迷。雇用の過剰感は改善しつ
つあるのに、新卒採用はさらに抑える傾向だ。
企業の慎重姿勢は、家計に跳ね返る。雇用環境の悪化や冬の賞与カットなど
で、消費の落ち込みへの懸念が消えない。政府は今年度の2次補正予算で総
額7.2兆円の緊急経済対策を閣議決定。日銀も日本経済がデフレに陥ってい
ることを認め、金融緩和の強化に踏み切ったが、景気の下支えには力不足と
の指摘は多い。
景気が再び悪化する「二番底」のリスクにどう立ち向かうか。政府・日銀の
対応が問われる状況が続く。

 紙面より
コメント (0)

君子はかのこれを欲すというを舎いて必ずこれが辞をなすを疾む。
ほしいくせに、そしらぬ顔をし、その下心を満たすための口実を見つけだす
。そういうやり方はフェアでない。

国際政治から個人の行動に至るまで、強引に自分の欲望を果たそうとする場
合に、よくやることである。

 論語一日一言より--村山孚
コメント (0)

何一つ決められぬ鳩山首相、公約決別も小沢頼み
私たちはマニフェストに書いたものは必ず実現する。安心していただきたい
。財源の問題は、一切気にする必要はない。と選挙でマニフェスト政治の意
義をこう強調した。首相就任の記者会見では、子ども手当と暫定税率廃止を
「真っ先に実現する」と言い切った。
国民の支持を得て政権をとれば、すべての項目に優先して公約を実現する-。
ところが、歳出削減が思い通りに進まないなか、景気低迷で税収は大幅に落
ち込み、国債発行枠の維持に黄信号がともる。首相はここにきて、小沢氏の
政治力を借りてマニフェストと決別しようとしている。
首相は記者団にマニフェスト違反を問われて、臨機応変、柔軟性が求められ
ているのが政治だと言い切った。
もはや、国民の支持を受けたマニフェスト政治と決別してでも、党内に絶対
的な基盤をもつ小沢氏との共闘こそ、政権立て直しと延命の近道と見定めた
ようだ。
支持率よりも派閥などの党内基盤に頼って政権を延命させる自民党型政治へ
の逆戻りに見える。
小沢氏がノーといったらひっくり返る。これが民主党政権なのだ。

 紙面より
コメント (0)

辞は達するのみ。
ことばは意思が正しく伝わるものであればそれでよい。

あまりにも飾りの多い空文を戒めたものである。内容のない美辞麗句、もっ
てまわった言い回し、そんなものだけ聞かされていると、孔子でなくても、
こう言いたくなる。

 論語一日一言より--村山孚
コメント (0)

民主党與石参院議員会長、公約の財源足りぬと発言
マニフェストに反し、ガソリン税などの暫定税率分離維持と子ども手当の所
得制限導入を要望したことについて、膏薬の財源確保とともに景気対策も迫
られている内閣の年内予算編成を後押しするねらいだ。
公約は変わっていない、しかしどう見ても財源が足りない税収の落ち込み、
景気の二番底も心配されると指摘。財源がなければ政権公約を段階的にやる
ことも、やむを得ないと説明。
こんなことは選挙の時に自民党などから財源はと言われていたはずではない
か。やはり民衆受けの言葉ばかり並べて政権交代のみを狙っていたのだ。

紙面より
コメント (0)

道同じからざれば、相ために謀らず。
目的が同じでないと、相談するのは難しい。

リーダーはまず、目標にむかって全員の意思統一をはからなければならない
。それが先決である。これを抜きにして、いくらハッパをかけても、効果は
ない。

 論語一日一言より--村山孚
コメント (0)

鳩山政権の同盟管理に対する基本的姿勢に問題が
普天間問題に加えて、核密約、地位協定、思いやり予算など、同盟の根幹に
かかわる諸課題について、鳩山政権は、いずれも自民党政権から受け継いだ
いわば「負の遺産」とみなしてその是正、修正に取り組みつつある。
確かに、日本からみて修正の必要な点が少なからずあることは事実だが、問
題は米国が必ずしもすべてを「負の遺産」とは見てないことだ。税政権は「
自民党に対する不満と、米政府に対する不満を混同すべきでない」と指摘し
ている。
とりわけ普天間の現行案については、日本政府が言い出し実現を保証したか
らのんだという思いが強い。オバマ政権もこの点は全く変わらない。他方、
鳩山政権は、選挙を経て政権が交代したのだから政策の見直しは当然という
立場。双方の思惑は完全にすれ違っている。
ここまでこじれてしまった以上、単に普天間の移転先だけを協議しても解決
は難しいだろう。
米側には、普天間移設をはじめとする一連の「負の遺産」の清算は、首相が
同盟の能力削減や規模縮小を志向していることの表れではないかという不安
と疑いが生まれている。

 紙面より
コメント (0)

教えありて類なし。
教育すれば、だれでも進歩する。

企業内教育はどうあるべきか。漠然と行なうのでなく、目的を明確にしてか
からないと効果がないことだけは確かだ。

 論語一日一言より--村山孚
コメント (0)

民主党、公共事業では前政権と同じ
連立3党が予算の重点要望を出した。
「整備新幹線の建設を着実に遂行する」「全国の高速道路網における空白地
帯を解消し、道路網の整備を進める」「スーパー中枢港湾を全国的に拡張し
整備する」-----。
これがコンクリートから人へを掲げて政権交代を実現した民主党の主張なの
か。これでは前政権と何も変わらない。
前原国土交通省は幾度となく、人口減少、少子長寿化、莫大な借金のため、
これまでのやり方では日本がもたないと指摘。公共事業削減を断行し、新幹
線、道路、港湾で新たな事業を抑制する仕組みを検討している。要望は、こ
の方向性の全否定に等しい。
前日にはマニフェストの修正を迫る民主党の要望もあった。小沢幹事長が突
きつけた二つの要望を、首相や政府は取捨選択できるか。判断を誤れば一部
の「陳情団」の歓心を得るのと引き換えに、多くの国民の支持を失いかねな
い。

 政策ウオッチより---木村和規
コメント (0)

君に事えては、その事を敬してその食を後にす。
自分の職務を大切にすることだ。報酬は、それからのことである。

仕事が先か、報酬が先か。どちらに重点をおくかは、その人の人生観にかか
わる問題で、善悪では言えないが、地位が高い者、仕事に誇りをもつ者ほど
、孔子の考えに近い考えをするようだ。それとも、こういう考えをする者の
ところに大きな仕事がくるのかもしれない。

 論語一日一言より--村山孚
コメント (0)

民主党、マニフェスト転換
暫定税率の維持、子ども手当への所得制限導入は、明らかに約束違反だ。
来年夏の参院選で勝つためには、マニフェスト改変もここまでなら国民の理
解を得られる。こんな判断があったのかしれない。しかし、選挙ごとにマニ
フェストをころころ修正するようでは、有権者は何を頼りに投票したらよい
のか。
鳩山首相の振る舞いも疑問だ。自分では決められないから、小沢氏に押し切
られる形にしてマニフェストを変えるのだとすれば、国民への裏切りでしか
ない。首相は臨時国会で、マニフェストを守れなかった場合の責任の取り方
について、「選挙を行なう」と答弁していた。その言葉の重みを今、かみし
めるべきだ。

 紙面より
コメント (0)

君子は貞にして諒ならず。
原則には忠実だが、形には固執しない。それが君子である。

組織にも個人にも通用する発展の論理。
原則性は骨であり、柔軟性は肉にたとえられる。
原則性だけにとらわれていると、硬直化して動きがとれなくなる。変化する
状況への柔軟な対応が必要である。だが、柔軟性だけだと、相手次第であっ
て、どこへ流れていくかわからない。キチンと筋を通しながらも柔軟に行動
する。難しいことだが、それを成し遂げてこそ、君子と言える。

 論語一日一言より--村山孚
コメント (0)

来年度予算、どう圧縮するのか
今回の削減対象外のマニフェストに掲げた「子ども手当」や、地方交付税な
どを除いた各省庁の歳出の上限は49兆600億円となる。問題となるのは
、マニフェスト項目の取り扱いだ。
初年度で2.3兆円かかる「子ども手当」や、約4500億円かかる「高校の実質
無料化」など、いすせれも予算規模は大きい。必要な財源は、ガソリン税な
どの暫定税率廃止による減税効果を含めて概算要求段階で6兆8千億円超。
今回の削減要求の10倍だ。
目玉政策の規模圧縮や、実施先送りなどを模索する。「仕分け」の結果は当
初の見込みに届かず、税収不足が加速しているからだ。

 紙面より
コメント (0)

仁に当たりては、師にも譲らず。
こと仁に関しては、師にも遠慮はいらない。

組織人は理想論者、現実論者のあいだを悩みながら生きていくのである。そ
れでこそ組織人として成長する。

 論語一日一言より--村山孚
コメント (0)

何も決められない内閣は、米軍普天間飛行場の移設問題について、先送りを決定。
3党で作業部会を作り、名護市辺野古沖に移設する現行計画も含め移設先を
再検討していくことを決めた。移設先の年内決着は断念。
鳩山首相は外交ばかりに力を入れていて、決着させなければいけない問題は
総て先送りである。これでは、政権交代を選んだ国民を欺いているのだ。

 紙面より
コメント (0)

君子は小知すべからずして、大受すべし。小人は大受すべからずして、小知すべし。
君子は細かい仕事には不向きだが、大局的な仕事ならまかせられる。いっぽ
う、小人は大局的な仕事はまかせられないが、細かい仕事には向いている。
人間の才能を簡単に決めつけてしまうのはよろしくないが、性格・知識・体
験などによって、人にはそれぞれ向き不向きがあることは否定できない。
能力の発揮できる働き場所を与えることは、上に立つ者の重大な責任である

 論語一日一言より--村山孚
コメント (0)

国債発行額、マニフェストの新規施策を実現するためには、達成が困難に
国債発行額の上限を外したことにより、概算要求段階で過去最大の約95兆円
となった来年度予算の大幅な圧縮は厳しい情勢となった。
鳩山政権の2010年度予算の姿が定まらない。「予算編成の基本方針」を決め
て骨格を定めるはずだったが、官房長官は先送りを明言。国債の発行額の目
標も見送り。中長期の目標もない。財権再建は遠のくばかりだ。

 紙面より
コメント (0)

知はこれに及ぶも、仁これを守る能わざれば、これを得るといえども必ずこれを失う。
その地位にふさわしい知識をもっていても、人を包みこむような人間味がな
ければ、せっかく得た地位も失うはめになる。
組織人の心得である。

 論語一日一言より--村山孚
コメント (0)

事業仕分けの検証は
国の予算を外部から検証するきっかけを作ったという点では、意味があると
思う。しかし、問題点も多く、私は「やらないより良い」という評価です。
戸別の事業ごとに5Eの達成度を測る具体的な指標を作り、指標にかなった
予算が編成されているか、指標との比較で業績が上がった有効な事業だった
かを評価する。その前提となる客観的で公正な指標づくりが、公監査の成否
を左右するほど大切です。
今回の事業仕分けも公監査の性格を持ってはいる。だが仕分け人はどういう
資格で評価しているのでしょうか。少なくとも法律に基づく資格ではない。
評価者はすべて国民の代理人たる国会議員が務めねばならない。公監査の資
格と権限が与えられていない民間人では十分と言えません。
財務省が基本的な絵図を描いているとの指摘もありましたが、事実ならば判
断の公平性が疑われても仕方がない。また、政府が結果に従う法的根拠がな
く、形だけになりかねない。税金の使途はすべて明らかにするのが公監査の
原則だが、今回の事業仕分けではできていない。
しかも政策効果を評価する指標がないので、合理的な指標がないから評価も
反論も感覚でやらざるを得ない。
日本は空前の国債発行残高を抱えている。公監査を早急に制度として組み込
むべきです。事業仕分けが公監査の制度化につながれば、それが最大の効果
といえる。

 紙面より---青山学院大・鈴木 豊
コメント (0)

終日食らわず、終夜寝ねず、もって思うも益なし。学ぶにしかず。
昼夜ぶっづけで寝食を忘れるほど考えつづけたところで、効果はないものだ
。やはり、書物や識者について学ぶにこしたことはない。
学習で大事なのは、自分でやる気をおこすということだ。自分でじっくり考
え、悩みぬくことは必要である。しかし、それには限界がある。どんな天才
でも、故人の力には限界がある。まったく無から有を生ずるわけではない。

 論語一日一言より--村山孚
コメント (0)

鳩山首相は、天皇会見を政治利用しようとしている
外国要人との会見らついては1カ月前までに打診するよう外務省が求めてい
たが、官邸は首相からの指示だとして強い要請をした。
疑問は、会見を要請した時期の遅さだ。訪中を控えた小沢幹事長に配慮した
としたら、まさに「政治利用」だ。
首相は小沢幹事長から話があったわけではない」と関与を明確に否定してい
たが、党関係者の話から小沢氏も理解を示していたとの証言も出てきた。
宮内庁の羽毛田長官は厳しい言葉で批判する異例の事態となったが、首相は
取り合わない姿勢だという。憲法上の天皇の役割に絡む問題だ。
宮内庁に任せてきた領域まで踏み込むとしたら、判断の根拠を説明し、新た
な透明・公正なルール作りをする必要がある。

 紙面より
コメント (0)

君子は道を謀りて、食を謀らず。
人間の生きるべき道を探究し、自分の生活のことは考えない。
これだけ聞けば、ただの絵空ごとにもなりかねない。孔子は続けて、---
耕するものも餓えそのなかにあり。学べば禄そのなかにあり--と。

 論語一日一言より--村山孚
コメント (0)

外交の継続性は、どこまで
米軍普天間飛行場の移設問題について、自民、公明政権下での日米合意を実
行するのか、こたえを民主党は出せないでいる。米国が合意の履行を迫り、
日米関係にも影響が出始めた。相手国との約束を守らなければ、この後の関
係改善も容易ではない。
検証は構わないが、合意は継続を--。米政府はさまざまな場を通じ、外交の
継続性を維持するよう日本政府に働きかけてきた。前政権との合意であって
も、米国から見れば「日本政府」との合意に変わりはない。あいまいな対応
を続ける鳩山政権に戸惑いが広がる。
これは外交の問題だけでなく、ダム問題なども政府(国)と住民の合意であっ
たはずであるが、政権が変わるといとも簡単に変更されてしまい迷惑を被る
のはいつも現場の人たちである。
外野で変更を唱えている人には何も迷惑が起こらない。これもおかしいので
はないか。

 紙面より
コメント (0)

過ちて改めざる、これを過ちと謂う。
過ちを改めようとしない、それこそが過ちなのだ。
過ちは、改めれば過ちではなくなる。ところが、なかなか改められないのが
現実である。
その原因の第一は、過ちに気づきにくいということだ。そこで、あらかじめ
、過ちを発見できるような措置が必要である。たえず反省を忘れないだけで
なく、人が忠告しやすいような寛容さをもつことだ。

 論語一日一言より--村山孚
コメント (0)

新政権が初めて取り組んだ経済対策としては、看板倒れだ。
「明日の安心と成長のための緊急経済対策」と銘打ったが、いささか看板倒
れである。
デフレや円高による景気の「二番底」への懸念を背に、国民新党による規模
拡大要求でもめたあげく、財政支出額は7.2兆円に膨らんだ。
中身より規模の拡大が焦点になり、5千億円規模の公共事業予算まで盛り込
まれた。
鳩山内閣は一次補正見直しや事業仕分けを通じて不要不急の公共事業を凍結
してきた。その一方で電柱、電線の地中化や街路緑化のような不急の公共事
業に予算をつけるというのだ。これは明らかに矛盾したやり方だ。
需要不足を補うだけの財政出動ではなく、民間の消費と投資を引き出す知恵
が必要になる。
そういう工夫が乏しかったのは、中長期の成長戦略や総合デフレ対策を持た
ず、負担と受益のあり方などを幅広く討議する場もないことが大きな要因だ


事業仕分けなど国民の目をごまかすことばかり考えているのではないか。

 紙面より
コメント (0)

外からも敬意を持って「魅力ある国だ」と素直に思われるような日本創りを志向する]
ことは、目先の打開策を講ずる以上に重要な課題である
「魅力ある日本」を考えるとき、三つのポイントがあるように思う。
一つ目は、
長きにわたって日本人自身が培ってきた「日本の良さ」を再確認し、より
確かなものにすることである。世界に秀でた豊かな自然と調和した社会、
人々が法と制度を順守し秩序が維持された安定した社会、充実した社会保
障制度、不条理な格差の少ない社会などが挙げられよう。
二つ目は、
急激なグローバル化、情報化、市場化の波に適切に対応し、「安心、安全
、充実」した社会のシステムを構築していくことだ。急激な波は社会を合
理的で利便性の高いものに変えた。ITを使えばたいていの情報は即座に
入手でき、地道な苦労をすることなく欲しいものを手に入れるチャンスが
増大した。しかし、他方ではむきだしの成果主義、拝金主義、競争社会、
格差社会を生み出した。合理性や利便性を保ちつつ、1点目に挙げたよう
な社会をどう構築するか、これからの課題だと思う。
そのためにこそ、
三つ目に
「魅力ある日本人」をどう育て、日本に住む外国籍の人々とともに「魅力
ある地域社会」をどう創っていくのかという点が課題となる。
そこで最も大切にしたいのは「人間性」の育成だ。金があれば何でもでき
るといった風潮の「ホリエモン現象」、欲望むき出しの「メル友ネット」
の広がり、電車の優先席さえ老人に譲ろうとしない思いやりのなさ。
人間の「品格」が改めて問われる時代である。「国や郷土を愛する心」を
育てることはもちろん大切だが、それはまず「人を愛する心」があって初
めて成り立つ。そうした心を持っていれば、戦争被害の傷を今も感じてい
る相手国への「配慮」も自ずとなされていくだろう。

 早稲田大学教授・天児 慧
コメント (0)

国内総生産の2次速報、大幅下方修正
7~9月期のGDPは物価変動の影響を除いた実質GDPが前期比0.3%増、
年率換算で1.3%増だった。先月発表の1次速報の前期比1.2%増から大幅に
下方修正された。
修正幅はGDPの推計方法を変えた02年度以降で最大。物価変動を反映した
名目GDPも前期比0.9%減と、1次速報の前期比0.1%減から下方修正され
た。
大幅な修正は、GDPの主要項目のうち、企業の設備投資の動きが想定より
弱かったため。設備投資は2.8%減で、1次速報の1.6%増からマイナスに修
正され、08年4~6月期から6四半期連続の減少となった。
物価下落が続くデフレで収益が悪化するなど景気の先行き不透明さが増し、
企業が工場建設などの投資を控え、無駄な在庫もできるだけ増やさないよう
にしていることが鮮明になった。

 紙面より
コメント (0)

般若心経とは
般若とはすばらしい知恵のこと。そして波羅密多とは六波羅密多、すなわち
自分よりも他人の救いを先にする「大乗の菩薩」という考え方による実践の
徳目です。
人間は生前の行いによって、地獄、餓鬼、畜生、修羅、人間、天という6つ
の世界に生まれ変わります。人間よりも下に落ちるのを救うためには、布施
、持戒、忍辱(にんにく)、精進、禅定、智慧という6つの修行をして、成
仏しなければなりません。
布施とは、僧にお経をあげてもらったときや寄付をする際に差し上げるお金
などの財物のことです。布施はお金に限りません。相手の不安をなくす、や
さしいまなざしや言葉などもあります。
持戒とは、戒を持つこと。これを十戒といい、具体的には十戒善を差します。
不殺生、不偸盗、不邪淫、不妄語、不綺語、不悪口、不両舌、不慳貪、不瞋
恚、不邪見。
忍辱とは、辛抱すること。
精進とは、一生懸命努力すること。
禅定とは、坐禅を組んでこころを落ち着けることです。
6つの修行をすると、智慧が出てきます。これが"般若"です。
仏様の場合、「智慧」と書きます。"知"の下の"日"は、宇宙の真理を指しま
す。
この6つのことを修行することを「六波羅密多行」といいます。こうするこ
とで自身が成仏する助けになります。
お仏壇に水、塗香(ずこう)=塗香(ずこう)は非常に細かい粒子のお香で、
塗香入(ずこうい)れに入れて用います。小麦粉にも似た触感があり、少量を
手に塗り、その香りを吸い、仏前で自らの心身を清めるために使用します。
花、線香、飯、ローソクの6品をお供えするのは、六波羅密多行を知らずに
亡くなったご先祖様に、6つの修行をすることで成仏できることを知らせる
ためです。
水は布施(感謝する気持ち)、塗香は持戒(よいことに励む)、花は忍辱
(怒りやすいこころを鎮める)、線香は精進(怠けごころをなくす)、飯は
禅定(こころを落ち着かせる)、ローソクは智慧(人間の悩めるこころを智
慧の光で明るくする)を表しています。これら6つをお供えすることを六種
供養といいます。お仏壇にお供えをして、お仏前でお経を唱えます。こうす
るこによってご先祖様が成仏できるのです。
コメント (0)

国債発行が税収を上回る事態に。
これまで最大の国債発行は、99年度の37.5兆円。09年度はこの1.4倍超に達
することになる。
10年度の税収も40兆円を大きく下回るのは確実。政府が掲げる国債発行を44
兆円に抑える目標を達成するには、現在進めている予算編成作業で大幅な歳
出削減が必要となるが。ばらまばかりのマニフェストではどうなることやら
、結果が目に見えているような気がする。

 紙面より
コメント (0)

大豆は乳がんのリスクを下げる
大豆には女性ホルモンのエストロゲンと似た構造を持つ植物性エストロゲン
の「大豆イソフラボン」が含まれることはよく知られている。乳がんの発症
には体内のエストロゲンが関係していると言われ、イソフラボンはこのエス
トロゲンが作用するのを抑えると期待されている。
厚労省の研究班によると40~59歳の女性2万1852人を対象に、大豆製品を食
べる量と乳がんの発生率を追跡調査した。みそ汁を飲む量が1日1杯以下の人
が乳がんになるリスクを1とすると、3杯以上飲む人の危険性は4割低かった。
大豆製品から換算した大豆イソフラボンの摂取量を比べても、摂取量が多い
人ほど乳がんの発生率は低かった。
一方、食品安全委員会が06年、大豆イソフラボンの過剰摂取はホルモンバラ
ンスを崩す恐れがあるとして、特定保健用食品として1日に取る量を「30㍉
グラムまで」とした。
栄養補助食品でイソフラボンだけを大量に取るのは勧められないが、大豆製
品を日常的に食べることは問題ない。

 食の健康学より----宮島裕美
コメント (0)

普天間移設、迷走か
辺野古に移設する日米合意の履行を求める米側の姿勢が固く、辺野古以外に
こだわれば、移設そのものが困難になる。日米間で煮詰まっていた話。元に
戻って議論とはならない。などと、辺野古移設を容認するしかないと岡田外
相は考えを示した。
鳩山政権は、連立を組む社民党の反対に配慮し、年内決着を見送った。
首相の決断が求められている。

 紙面より
コメント (0)

近年乳がんになる女性が増えた。
食生活や生活習慣の欧米化により、エストロゲンという女性ホルモンの分泌
が増加したことが原因という説が有力です。
乳がんになる人は30代から40代にかけて急増し、最もなりやすいのは40代後
半の女性といわれています。壮年期の女性ががんで亡くなる場合、一番多い
のが乳がんです。「閉経後は大丈夫」「50歳すぎたら乳がんにならない」と
いう説はあてになりません。一方、まだ20代の若い女性も安心は出来ません
。各自が早期発見法を身につけるべきです。月に1回は自分で乳房に指をあ
てて、しこりがあるかないかを調べる自己チェックをぜひともやってほしい
のです。
鏡の前で裸になって立ち、左右の乳房の位置や形に違いはないかを見たあと、
指先でしこりの有無をチェックするのです。生理が始まって1週間後の頃が最
適です。
病院など専門機関での定期検診は20代から受けても早すぎることはありませ
ん。超音波検査(エコー)か乳房のレントゲン撮影(マンモグラフィー)の
いずれかをできれば年に1回、少なくとも2年に1回はぜひ受けることを勧め
ます。
今のところ、よい予防法はないので、早期に発見することが最善の方法なの
です。
指ではしこりがわからないごく初期のものでも、X線や超音波の検査で発見
されることがあります。こうした初期乳がんは、早く治療すれば90%以上の
人が治癒しています。
昔の治療法では、乳房全体を切り取り、傷が残ることが多かったのですが、
今では乳房を保存する技術も進んでいます。
乳がんは早期発見が何より大切だということから、「乳房健康研究会」が結
成され、乳がんのことを知ってもらう活動をしています。
http://www.breastcare.jpです。

 私の証あるがまゝ行く----日野原先生
コメント (0)

円高と消費による成長戦略
過去に有効だった景気対策は、すでに自民党政権の時代で使い切っている。
だからこそ、自民党政権が経済成長の果実を配り続けられず、選挙民に見放
されてしまったのである。過去の景気対策に決別して全く新たに、有効と考
えられる手段を思い切って実行してみるしかない。
効果がみられない超低金利へのこだわりを捨て、財政支出を優先し、金利上
昇を許容する。利子所得が回復すると、高齢者を始めとして消費増加につな
がる。深刻な年金問題も、金利が高くなれば運用成果が確保でき、解決の糸
口が見えてくる。安心して消費を増やせる環境が整う。
次に、今や米国がドル安を求め、輸入を減らし、国内生産を増やそうとして
いる。この機会に、日本はドル安・円高を受け入れ、実質的な購買力を高め
、消費拡大を促すことができる。同時に海外から日本へお金を戻すことにな
り、銀行が貸し出しに回せば、国内消費の拡大に結びつく。また株価や不動
産価格が堅調となろう。
日本のように構造的に需要不足の経済は、消費が拡大しさえすれば成長でき
る。

 経済気象台より----岳
コメント (0)

天空に描く平和の円
私にはまだまだやりたいことがたくさんあります。今の私にとっての「人生
百年の計」とは、私が抱いているビジョンを、次の時代、または次の次の世
代、つまり孫やひ孫たちにバトンタッチしていくことです。
保田氏は、戦争の惨めさ、誤った戦争から学んだ教訓を、戦争を知らない次
世代の子どもたちに伝えたいと思っています。今日の大人が作り上げられな
かった平和を、何とか次世代が実現できることを願っています。現在10歳の
子どもが60歳になった頃、世界に平和がもたらされるよう、今のうちに戦争
を知る私たちのビジョンを伝えなければならないのです。
私の父の好きだった英国のビクトリア朝のロバート・ブラウニングの作品に
次のような詩句があります。
 「地上ではかけた弧、
      天上では全き円」
私の今のビジョンは「天空に描く大きな平和の円」です。平和の実現は非常
に時間がかかる壮大な目標です。私の存命中には難しいのです。しかし、そ
の円の中の一つの弧でも実現させるために、私は今後も勇気ある行動を起こ
していきたいと思っています。
私のビジョンを果たすために、まずは100歳のバーを越えたい、というのが
95歳の今の私の希望です。

 95歳・私の証 あるがまま行く---日野原先生
コメント (0)

鳩山隠しの臨時国会が閉幕
召集から40日。党首討論を拒み、首相の虚偽献金問題を国会論戦に持ち込
ませまいと「鳩山隠し」で突っ走った。「議会は、野党が政府と議論する場
」という言葉とは裏腹に、審議を充実させようという意識は、民主党には希
薄だった。この短い日程で法案を成立させるには、短時間の審議で採決を強
行するしかない。自民党が審議拒否に入った状況を利用して9本の法案を参
院の各委員会で一気に採決し、本会議で成立させた。
自民党が強く要求していた党首討論も開かれなかった。2000年に導入されて
以来、会期が15日間以上の国会で開催されなかったのは初めて。鳩山首相の
虚偽献金問題が連日報道される中、やれるわけがない、9日まで会期を延長
すれば臨時国会中に党首討論をせざるを得なかった、など幹部は語っている
。こうした強引な国会運営がさほどダメージにならなかったのは、行政刷新
会議の事業仕分けに、国民の目が行っていたためだ。
民主党が強引な国会運営に終始すれば、「数のおごり」だ。

 紙面より
コメント (0)

現実と幻想との境界で--千の風に、千の風になって
私のお墓の前で
 泣かないでください
 そこに私はいません
 眠ってなんかいません
 千の風に
 千の風になって
 あの大きな空を
 吹きわたっています

幼友だちの妻ががんで死去、その追悼文集に掲載された詩だったという。
元は英語の詩だった。アイルランド共和軍のテロで死んだ青年が遺書のよ
うに両親に託していたことをBBCが放送した。
9.11テロの翌年の追悼集会で、11歳の少女が朗読した。
映画監督H・ホークスの葬儀で俳優のJ・ウェインが朗読した。
だが、いつ、誰がつくった詩かがわからない。

これらの出来事の少し前、がんで闘病生活をしていた先輩記者を励ます会
を催した。そこでこんな話をした記憶がある。
「死んだらとりあえず、僕たちは煙や灰、骨になる。僕を形づくっていた
素粒子たちにとっても別離のときです。しかし、素粒子たちがいつか再会
を図ることがあっても、ふしぎではないでしょう。はるか遠い、永遠に近
い未来のことかもしれません。『僕』が再結集する日を夢想したりします

いま思えば、「煙になる」のは「風になる」のとほぼ同じことだろう。現
実と幻想とをつなぐのが「風」である。
そして死は現実と幻想との境界に起きる「何か」だ。

 コラムニスト・小池民男
コメント (0)

エコ負担、我が家にも
国内排出量取引制度の影響額=年間約3千億~6千億円。再生可能エネルギ
ー固定価格買い取り制度の影響額=年間約4千億円増---。民主党が掲げる
環境政策の導入による影響額も試算されていた。
電力業界が5年間で購入する排出枠は約2億5千万㌧。5千億円規模の支出が
必要だ。一部は企業努力で吸収されるが、それ以外は電力料金への転嫁とい
う形で、国民にツケが回る。
すでに関西や中部などの5電力は、排出枠の購入費を昨年から電気料金に反
映し始めた。石炭火力の比率が多い中国電力は、標準家庭で月100円弱を
払っている計算だ。
「25%削減」によって排出枠購入の増加につながれば、すべての電力会社
が価格転嫁を始め、上乗せ額も増える。
電力会社は11月から、太陽光発電の余剰電力を従来の2倍の価格で買い取る
ことを義務付けられた。5~10年後に標準家庭の負担額は最大で月100円にな
る。鳩山政権は買い取り対象の拡大を検討しており、買い取り費用が4~5倍
に増える試算もある。
家庭の省エネにも出費が伴う。屋根に太陽光パネルをつけ、冷蔵庫などの家
電は最新の省エネ型に、車はハイブリッド----。家庭に求められる温暖化対
策は合計すると、追加負担は500万円前後になると経済産業省は試算する。

 紙面より
コメント (0)

子どもにとって本当に大切なことは、人として抱きしめられる心地よさだ
こどもにとって本当に大切なことは、十分に愛される経験です。愛された経
験があれば、外でつらい思いをしても、耐えていける力となります。あるい
は相手につらい思いをさせるような、ひどいこともしないものです。かけが
えのない自分であることをしっかりと実感して育った子は、他の人のことも
尊重できる心を育んでいきます。
こともを愛するためには、お母さんにだけ努力を求めるのは酷だと思います
。例えば子どもを抱けないお母さんは、夫から抱かれていない場合が多いの
です。夫から心も体も優しく抱きとめてもらえない、話も聞いてもらえずに
苦しんでいる母親が少なくありません。夫婦関係もある種バーチャルになっ
てきているのでしょうか。素直に触れ合うことを避けている。子育て中の母
親は家の中へ閉じこめられて、夫との会話もままならない。自分が自分であ
ることを証明するのは、この子が立派に育ってくれることだけと思いつめ、
育児書と首っ引きになるような育児をしていたら、やはり楽しくなくなって
しまうのも、無理がないように思います。
お母さんの中には、子どもを抱くことは、甘えさせて、自立をさせなくする
と思っている人もいます。また、子どもは抱いてもらえないことについて「
私はもう大きいから」と我慢してしまいます。やっぱり、気持ちでなく頭で
考えてしまうんです。もっと自然になって----と思います。

 同朋新聞より
コメント (0)

政権交代で国会も政治家同士がフェアに激論する場に分ると期待した国民を裏切っている。
これほど議論のない国会も珍しい。
鳩山政権が進める郵政民営化見直しの第一歩となる株式売却凍結法案が、委
員会での実質審議がわずか1時間半で衆院を通過した。参院でもスピード審
議され、4日の会期末までに成立する見通しだという。
4年前の総選挙で圧倒的な支持を得た小泉郵政改革の方向を大きく転換しよ
うかという大問題なのに、まともな議論もなしに素通りとはあくれる。立法
府の存在理由が問われる。
そもそも、国会の会期延長を4日間にとどめた政府・与党の判断に疑問があ
る。一日でも早く来年度予算の編成作業に専念したいという事情はあろうが
、これほど土俵を狭くしては最初から議論を逃げていると見られても仕方な
かろう。
党首討論もなさそうだ。急激な円高・株安への対応、マニフェスト実行の優
先順位、普天間飛行場の移設などなど、国民が聞きたい論戦のテーマはたく
さんある。それを来年に持ち越すとは何とも情けない。
国会のていらくの背景に何があるのか。民主党にとっては、鳩山首相の虚偽
献金問題の追及を避けたいという思惑も大きいに違いない。
本来なら、議員が有権者になりかわって議論を戦わせる国会こそ、もっと注
目されてしかるべきなのだ。

 社説より
コメント (0)

『覚醒 観世音菩薩 慈悲の心』
ご開帳は、観世音菩薩様に皆様方の目の前に御出ましいただき、一人ひとり
と『縁』を結んでいただくというものであります。
私たち日本人が古来より大切にしてきた『謙虚な心』『慈しみの心』はどこ
へ消えてしまったのでしょうか。今一度、「命の尊さ」、「人を思いやる心
」というものを考えなければならない時なのです。まさに此処に、観音様の
大きな慈悲の心に触れていただきたいと願っているのであります。
観音様は最も慈悲が深い仏であり、様々な人の姿を借りて困っている人を助
けると説かれています。実は慈悲の心というものは、観音様ほど大きくなく
ても、自分の心の中にもちゃんと存在しているものでもあります。悲しいか
な、便利さやわがままの実現ばかりを追求している現代の風潮の中で、だん
だん気が付かなくなっているのであります。
結縁開帳を通じて、観世音菩薩様のご宝前に立ち、静かに自分の心を見つめ
る時、一人はひとりの自分の心の中のこの存在に気が付く事が出来るはずな
のです。
そうなのです。観音様は実は普くおわします。あなたのすぐ横にいる人が
観音様であるということに気付く、そうすればあなた自身もそうであること
に気付くはずなのです。仏像だけが教えてくれるのではありません。いつで
もどこでも、誰からでも学べるものなのです。そうすればおのずと謙虚さが
生まれてくるものです。ですから仏様の前だけで謙虚であってはなりません
。すべての人に尊敬と感謝の気持ちを貫かねばならないのです。つまり、私
たちの心が観音様の心とひとつに繋がるとき、本来あるべき人間の心を取り
戻し得るのです。このことが、この乱れた世相を正す事に不可欠なのであり
ます。

                   西国三十三所札所会
コメント (0)

経済政策を問う
事業仕分けにしても、大向こうの受けを狙うのはいいが、短時間の討議で何
が生まれるのか。
従来の成長戦略が小泉改革に象徴されるように、競争や規制緩和による生産
性上昇など供給サイドに偏り、需要をいかに増やすかの視点やセーフティー
ネットの整備などが欠けていた失敗はある。小泉改革の本質は土地や資本、
労働という生産要素を安くして、生産性を上げる政策だったが、結局は人件
費を抑制する企業や低賃金の派遣労働者などが増え、消費が盛り上がらない
まま終わった。
だが、民主党がそういった教訓を生かして、代わるものをだしているかとい
えば、否だ。医療や介護、環境関連のクリーンエネルギー、安全、安心の社
会保障分野などで成長をめざす一方で、所得再配分を手厚くする政策は、民
主党が言い出したわけではなく、我々が言ってきたことだ。

 与謝野馨氏に聞くより
コメント (0)

老いを遅らせるには--心がけが大切
「アンチエイジング」という言葉が注目を集めている。アンチエイジングと
は、できる限り老いを遅らせて若さを保とうという試みだ。
若さ、アンチエイジングというと、スキンケアやサプリメントなどを思い浮
かべる人は多いが、一番大切なのは「気持ち」だ。やりたいことをやること
。無理をし過ぎないことを心掛けると良い。自分を責めないで、いい加減に
、気ままに生活することがお薦めだという。
また、適度な緊張感、ストレスも刺激につながる。ある程度の年齢を過ぎた
ら仕事をしないで家の中で閉じこもっている人は少なくない。だが、ボラン
ティアでも良いので「誰かの役に立っている」という実感を感じられること
を意識的に行うことが大切だ。
そして「きれいになりたい」と願い、行動を起こすことは、世界を広げ自分
を内面からも輝かせる。
たばこと紫外線はなるべく避けよう。特にたばこは肌に悪く、体の循環に悪
影響を与える。
アンチエイジング5カ条
◆いくつになっても男と女
  「美しさ」に磨きをかけよう
◆肌の若返りは心の若返り
   メークアップは外見、心も若返らせる
◆バランスの良い食事と適度な運動
   アンチエイジングの効果は食事と運動が9割
◆よく笑い、よく話し、よくかむ
   笑いは免疫力を高め、かむことは脳の活性化になる
◆長生きこそ最大の誇り
   いくつになっても積極的に社会貢献を
 
 北里大名誉教授・塩谷信幸
コメント (0)

首相試練の12月
鳩山首相にとって12月は、勝負の時だ。普天間移設、偽装献金、予算編成と
、首相自ら決断しなければならない高いハードルがならぶ。もはや、先送り
は許されない。どれをとっても一歩の違えば、政権の致命傷になる。
普天間移設問題では、足元の民主党からも次第に煮え切らない首相へのいら
だちが出始めた。首相が仮に年内に辺野古で決着をつけるなら、沖縄の民主
党は、こぞって政府の批判勢力に回ると。

 紙面より
コメント (0)

人生の目的意識と死亡率
人生に対する目的意識の高い高齢者の方が長生きするという研究が報告され
ている。
人生の目的意識に関するテストは
1、私は人生に方向性と目的の感覚を持っている。
2、私は将来の計画を立て、それを実現させるために働くことを楽しむ。
3、人生を目的なしにさまよう人もいるが、私はそうした人々の1人ではな
い。
4、私は人生でなすべきことをすべて行なったように感じることがある。
など10項目からなる。
各質問への回答を5段階の選択肢から選び、合計点を質問数で割って一人ず
つ平均点を出した。平均点は3.7点だった。
その結果、人生の目的意識に関する5点満点の点数が下位10%の人と比べ、上
位10%の人では、死亡率が43%も低かった。
人生の目的意識に関するテストは、ナチの収容所を生き延びた精神科医ヴィ
クトール・フランクルの思想などに由来する。彼の思想とは、極度の逆境下
でも人生を意味あるものとするのは可能であり、人生に対する目的意識を持
つことが、心理的健康を維持する上で本質的である、とするものだという。

 やさしい医学リポートより---東北大教授・坪野吉孝
コメント (0)

党首討論
一部の閣僚が公務で出席できないから、との言い分で拒んでいる。
党首同士がやりあうのに、なぜ全閣僚の出席が必要なのか。与党は申し合わ
せをたてに討論を避けた。
野党時代、民主党は討論の開催を強く要求してきた。与党になったとたんの
この不熱心さは、なんとも説得力を欠く。政府与党は速やかに党首討論を実
現させるべきだ。
予算編成に集中するため国会の会期延長は避けたい。法案処理が最優先なの
で時間がとれない。そんな解説は理由にならない。討論はわずか40分間と
いう慣行なのだから。
自らの政治資金疑惑や政府内の足並みの乱れを突かれたくないからではない
か。討論を避ければ避けるほど、そう言われるのを首相は覚悟しなければな
らない。
所信表明演説で「真に国民のためになる議論を力の限り、この国会でぶつけ
合っていこうではありませんか」と呼びかけたのは首相だ。

 社説より
コメント (0)