総選挙の時期は?
来年1月の通常国会冒頭解散・2月選挙か、来年度予算案を巡っての3月か4月
の「話し合い解散」と思われる。与党は新テロ対策法案の成立に福田首相の
意欲が強いことから、12月15日までの35日間国会延長を決めた。参院で否決
され、衆院で「3分の2再可決」への審議時間確保のためだが、その後この「
強行突破」に世論の反応を見る必要がある。加えて、年末の予算編成を控え
ていることを考えれば、時間的に年内解散は難しいとみる。
また、「3分の2再可決」により、これに反発して野党が参院で首相問責決議
案を提出、可決してくる可能性は低くなったと言える。民主党が、党内のゴ
タゴタから決議案の提出に余力がなくなったからである。

 ズバリ核心より--小林吉弥