メタボリックシンドローム対策にはウォーキングがいい
簡単に誰でもできるウォーキングですが、間違った歩き方をしていると、関
節を痛めたり、中性脂肪が燃焼されなかったり、逆効果になることがありま
す。
無理して歩いていても良くありません。息が苦しくなると、疲れるばかりか
赤筋ではなく白筋が働き、中性脂肪が燃焼されません。呼吸が苦しくならな
い程度の強度がメタボリックシンドローム対策には、最も適しています。
脂肪の燃焼はある始めてから15〜20分後から。そのため、ウォーキングする
なら、30分ほど続けて歩くと、より効果的てぶす。
ウォーキングにまとまった時間をとれなくても、普段からこまめに歩く習慣
を身につけておきましょう。なるべく階段を使ったり、駅やバス停はひとつ
前で降りて歩くなど、生活の中で工夫ができます。

 湯浅景元