米国の赤字減少と景気減速
1990年代半ばに米国は「強いドル」を表明し、貿易収支の赤字拡大は加速し
た。しかしこのところ、輸出増加率が2けた台に維持されている一方で、輸
入の伸びは減速している。米国の赤字拡大にはそろそろ歯止めが掛かってき
たようだ。
輸入が輸出を上回り赤字の状態が恒常化する、すなわち国際的不均衡は変動
相場制下では本来起こりえない現象である。赤字国の通貨は弱くなり、輸入
コストが上昇し、海外から買い物を続けられなくなる。同時に、通貨が強く
なった黒字国は輸出採算が悪化し、それまでのような輸出ができなくなり、
結果として均衡に向かう。
米国の赤字拡大が頭打ち傾向にあることは、いわば正常化の第一歩であり、
望ましいはずである。ところが、あまりに膨らみすぎた米国の赤字の縮小が
生産性を低下させ、経済成長率を減速させる可能性が懸念される。
米国の労働、設備以外の要素による生産性が高まったことが、ひそかにささ
やかれている。その見方は、米国が「黒字国の人件費の固まりの製品」を、
「印刷のコストしかかからないドル紙幣」で交換しているから、というもの
だ。ただし、黒字国が自国では使えないドル紙幣を持ちつづける、具体的に
は黒字相当分を資本輸出することが前提となっている。
この見方に立てば、赤字の減少は米国にとってすこぶる有利な交換を失い、
生産性低下を招く。こうした事態には米国の常として即効性のある大胆な
政策をとりかねず、この点に留意する必要が出てきている。

 経済気象台より---岳