幻の大連立構想の読み方
さて、この密室党首会談を損得という視点から見てみたい。してやったりは
福田首相、貧乏くじを引いたのは小沢代表と見ている。小沢代表が話しに乗
ったことで民主党内に不協和音を生じさせ、また、大連立に一様にブーイン
グの他の野党との間に疑心を生じさせ、来るべき総選挙への野党共闘の結束
を弱めることに成功した。
政局は一気に緊迫することが予想される。
協調路線に傾いたかに見えた国会は、再び対決モードに逆戻りする。最大の
ポイントは、新テロ対策法案の処理を与党がどうするのかとなる。
大連立に不可欠なのは、まず世論、民意である。政治は政治家のご都合主義
に在るものではなく、国民のためにあるという原点を喪失した今回の大連立
話であった。

 ズバリ核心より--小林吉弥