スペイン風邪が亡霊のようによみがえったのは、米アラスカの凍りついたお墓からだった。
100年ほど前に世界で猛威をふるった感染症。1997年に掘り出された遺体の肺組織を、米病理医が調べ、ウイルスの詳細な遺伝子情報を得る。
「感染者の遺体発掘と聞くとSF映画のように感じるかもしれない。でも科学的には理にかなっています」と話すのは、河岡義裕・東大医科研教授。彼らの研究班も、その遺伝子情報をもとにスペイン風邪のウイルスを人工復元した。
季節性インフルエンザとは違って、ウイルスが肺の中でも活発に増殖していたことを突き止める。それでもすべての謎が氷解したわけではない。致死性や強毒性の研究はいまも続く。
河岡さんらは季節性インフルエンザのウイルスも合成した。その論文に鋭い関心わ寄せたのが米中央情報局だ。職員が米国内の勤務先までやって来てた。敵対している国の名を挙げ、接近を受けなかったかと根掘り葉掘り。「生物テロを警戒したのでしょう。そんな不審な接触はありませんでしたが」。
それにしてもウイルス研究史の短さは以外である。とかく「コロナを打ち負かす」と叫びがちな昨今だが、スペイン風邪の流行当時は、まだウイルスという存在そのものが科学的に把握できていなかったのだから。
一説に、世界で4千万人を死亡させたスペイン風邪。そしていま犠牲者が100万人に迫ったコロナ。解明されていないことの多さにいまさらながら愕然とする。

 天声人語より
コメント (0)

ノルディックウォーキングのススメ。全身を使って歩く。
ポールをついて歩くノルディックウオーキングは、クロスカントリースキーの夏場の練習用だったものを一般向けに改良し、1997年にフィンランドで発表された。両手にも力が分散するためひざや腰への負担が小さく、全身の筋肉をバランスよく使える。
歩き方にはコツがいる。ポールは前ではなく体の横につき、後ろに押し出す。その際、ひじはまっすぐ伸ばし、手で握っていたグリップを離す。腕で地面を押して前進するため、二の腕や背中など普段意識しない筋肉を使い、慣れると歩幅が広がって股関節周りも鍛えられる。歩いてみると、上半身主導の動きだと実感する。20分ほどで汗がにじみ、心地よい疲労感だ。前進の90%の筋肉を使いますが、おしゃべりしながら歩けば顔の筋肉も使って100%になります。
カロリーの年収率は通常の歩行の1・2~1・4倍と有酸素運動としても効果的。時速7㌔で約20分歩いた場合の心拍数は歩行だと一定なのに対し、ノルディックウォーキングだと途中から上昇に転じる。走るのはきついが、歩くだけでは物足らない人向け。1日10~20分、週3日程度行うといい。姿勢もよくなります。
離したグリップをすぐに握り直せる専用のポールが必要で、スポーツ用品店などで1万円前後で購入できる。ポールの長さは、ストラップの付け根がへその位置に来るよう調整する。
ひざを痛めているなど歩行が難しい人は、ポールを前につく運動量の小さい歩き方から始めるといいという。一度講習を受け、自分に合う歩き方を選んで欲しい。初心者向けの各地の講習会の日程は日本ノルディックウォーキング協会のサイトで。

 続・元気のひけつより
コメント (0)

コロナ禍でオンライン会議が増えて困っています。そうでなくても他人との距離をはかるのがへた。
画面越しの発言を正確に理解したのか、されたのか。不安で夜も寝られません。先生なんとかしてください。
中島らもの「明るい悩み相談室」風に言えば、こんな感じか。自分で自分に相談するのも変なのだが、昨今はやりのオンラインなにがしが苦手なのは筆者だけではないだろう。ソーシャルディスタンスの確保といわれても、ネット上での意思疎通はなんとも難しい。
そんなとき耳にしたのが、現役の測量士らによるラップグループ「測量Boyz」の曲だった。北海道測量設計協会の制作で「測量でも測れぬ君の気持ち」と歌うラブソング。どうやら距離を測るプロたちも人の気持ちの測量には苦戦しているらしい。
なにかヒントをもらえればと、札幌でメンバーのひとり古村禎仁さんにお会いした。高校時代の数学好きが転じてこの道に入ったそうだ。つねに正確さが求められる仕事だが「自分について測るのは苦手です」ときっぱり。
オンライン化の悩みを伝えるとちょっと戸惑いつつ「正確すぎても、適当でもダメ。ほどよい距離感を測れたらいいですよね」。うーむ。つまりは「誤差」をうまく受け入れる、ということか。
〈酔っていた君の言葉の酔い加減はかりかねつつ電話を待つも〉と俵万智さんは詠んだ。いつの世も測りたいけど測れない、誰かへの思い、誰かの思い。4連休明けの空を見上げて、深呼吸。

 天声人語より
コメント (0)

ゆうちょ銀行
公表せず被害を拡大させ、その矮小化を図る。
ゆうちょ銀の顧客軽視に既視感あり。

素粒子より
コメント (0)

ご近所で風呂を貸し合う風呂無尽。本代をやりくりし合う書籍無尽。そして旅の費用を積み立てる旅行無尽。
山梨県人でないと、当方のように意味がつかめず頭がくらくらするのでは。
「無尽とは甲州各地で昔から盛んな懇親会と庶民金融を兼ねた場です」と教えてくれたのは、山梨総合研究所専務理事の村田俊也さん。親しい仲間が毎月のように同じ店に集う。飲食するだけでなく、その場で出し合う掛け金を基金として積み立て、順に貸し与える。
最近では金融の性格が薄まったものの、気心の知れた仲間と本音で話す大切な機会である点は変わらない。「中高の部活の友人とか、親しい同業者とか。助け合って一生付き合う覚悟が前提にあります」。
そんな無尽にもコロナは襲いかかる。ことの性質上、3密は避けられない。カラオケや映画と並び、地元では自粛の対象になり、飲食店は大打撃を受けた。自粛は6月に解かれ、店を支援する「無尽でお助け」キャンペーンが県の旗振りで始まった。
無尽は鎌倉時代から各地にあったとされ、頼母子講とも呼ばれる。改めて考えてみると、これはノーベル平和賞に輝いたバングラデシュのグラミン銀行の思想ではないか。担保を取らず少額を貸し、数人が連帯責任を負う。助け合って生き抜く庶民の知恵そのものである。
いまほど無尽という互助の精神が必要とされた時代があっただろうか。したたかで温かい。世界の隅々で「コロナ無尽」が動き出す日を思い浮かべる。

 天声人語より
コメント (0)