「創作四字熟語」
住友生命保険が、毎年恒例となっている「創作四字熟語」の
優秀作品・入選作品を発表してますので、いくつかをここで
ご紹介したいと思います。

 『銀勇四人』(吟遊詩人) リオ五輪で男子400mリレー銀メダル

 『新都多難』(前途多難) 小池都政、五輪会場や豊洲移転問題で

 『英欧分離』(兵農分離) 英国が国民投票でEU離脱を決定

 『安倍驚管』(阿鼻叫喚) 安倍首相が土管からサプライズ登場

 『投打無双』(当代無双) 日本ハムの大谷選手が投打二刀流で大活躍

 今年で27回目だそうですが、毎回秀作ぞろいで感心させられます。
コメント (0)

 今が旬の牡蠣(カキ)
今日、この頃と気温が下がってきますと、鍋物を食べる機会が増えてきます。

 今が旬の牡蠣(カキ)は鍋物の定番の具材の一つですが、「生食用」と「加熱用」の違いがあるのを御存じでしょうか?

 鮮度の違いと思っている人も多いようですが、実際には鮮度とは関係がなく、養殖している海域によって区別されているそうです。

 生活排水や工業廃水が流れ込まず、かつ水質検査など各種検査を行い、特定の物質が規定量以下で安全性が高いと保健所が指定した海域で養殖されたものが「生食用」となります。
それ以外の海域で獲れたものが「加熱用」となるそうです。

 牡蠣は毎日300リットルの海水を取り込み、ろ過して成分を吸収し成長します。
それゆえ、沖合のキレイな海で育った生食用の牡蠣よりも、山や河川から流れ込む栄養分やプランクトンが豊富な河口や湾内で育った
加熱用の牡蠣の方が旨み成分が多く味が濃いとも言われます。

 生食用の牡蠣は水揚げ後、2~3日かけて紫外線殺菌海水で洗浄し、牡蠣に含まれた菌を除去してから出荷されます。
この処理があることによって身が痩せたり、旨み成分を減らしてしまう可能性があります。

 一方の加熱用の牡蠣は、加熱調理(中心温度が85度で1分以上の加熱)によって菌やウイルスを除去することを前提にしており、水揚げして殻をむいて滅菌海水で洗った程度で出荷されます。
従って、水揚げしたばかりの栄養豊富な状態に近いのは加熱用の牡蠣ということになります。

 また、牡蠣などの二枚貝はかなりの確率でノロウイルスを保有しています。
牡蠣による食あたりのほとんどはこのノロウイルスが原因だそうです。
だから、加熱殺菌を前提としている加熱用の牡蠣を生で食べてはいけません。

 「生食用」と「加熱用」は、それぞれの用途で安全に美味しく食べるための区別ですので、調理に合わせて選びたいものです。
コメント (2)

梅雨明け
 ようやく関東甲信の梅雨が明けました。平年より7日、昨年より18日遅い梅雨明けで、いよいよ夏本番を迎えます。

 ところで、古来から稲作とともに歩んできた日本人は、その年の収穫を神に感謝し、翌年の五穀豊穣を願ってきました。その神の最たるものがお稲荷様です。

 稲荷は、稲生、稲成、飯成とも書かれ、狐がその神のように思われがちですが、実際には五穀をつかさどる稲荷神が祀られており、赤い鳥居に小さな祠(ほこら)の稲荷神社は都心部でもオフィスビルの一角やデパートの屋上などでも見ることができます。

 稲荷神の使いとして神社に鎮座する白狐は、片方が蔵の鍵をくわえ、もう一方はその神力を象徴する玉をくわえています(伏見稲荷大社や王子稲荷等、その他巻物や稲をくわえている狐もいます)。

 その鍵を屋号にしたのが花火屋の鍵屋。鍵屋からのれん分けして独立した玉屋の屋号もお稲荷さん由来で、「花火屋は何れも稲荷の氏子なり」の古川柳はこうした経緯を背景にしています。

 江戸の頃の両国の川開きに行われた鍵屋と玉屋の花火(将軍への献上花火)の競演は江戸庶民の楽しみとなりました。もともとは享保年間の大飢饉やコレラの流行による死者の霊を弔い、邪気を払い、災いを鎮めるために催された水神祭が起源で、今は「隅田川花火大会」と名を改め、毎年行われています。
 
 今年の隅田川花火大会は明後日(土)開催予定ですが、気づけばそんな季節です。
コメント (0)

「いずれアヤメかカキツバタ
五月は一層濃くなってきた葉の緑とともに花々が美しい季節です。

 水辺に際立つ水芭蕉。藤棚から垂れ下がる藤の花。紫色のアヤメ(文目、綾目、菖蒲)もこの時期に咲く花で、同じアヤメ科に属するカキツバタ(杜若)とともによく目にする花となっています。

 ちなみに、アヤメとカキツバタは「いずれアヤメかカキツバタ」と言われますように区別が難しいのですが、葉の幅が判断材料の一つで、葉の幅が広いのがカキツバタで細いのがアヤメです。
また、カキツバタは湿地を好み、アヤメは日当たりの良い乾燥地を好むという違いもあります。

 公園などの湿地では鮮やかな黄色い黄菖蒲の群生も目にします。また、地面に近い場所で咲いている白いボンボンのような小さな花はクローバー。本来は白詰草という名を持ち、昔、交易のために来航していたオランダ人が商品を箱詰めするときの詰め物として用いていたことからこの名が付けられたそうです。

 稀に見る四ツ葉は、その形が「十字架」に似ていることから幸運のシンボルとされています。

 「立てば芍薬(風情があり)、座れば牡丹(華麗で)、歩く姿は百合の花(清楚)」の芍薬(シャクヤク)も今の時期の花で、根は鎮静・鎮痛剤として使われる漢方薬の一つです。

 牡丹と芍薬もまた似ており、枝分かれして横に膨らんでいるのが牡丹。まっすぐに伸びた枝の先に花をつけるのが芍薬で、牡丹と入れ替わるようにして花の時期を迎えます。
コメント (0)

「愛鳥週間(バードウィーク)」
都会にいても、公園などで様々な鳥の鳴き声を聞くことができます。

 ウグイスはのどかな声を響かせ、「日晴(ひはる)」が由来のヒバリはさえずりながら天高く舞い上がり、「目白押し」の例えのように身を寄せ合って樹上にとまるメジロなどなど、野鳥の声は季節を一層すがすがしく感じさせます。

 初夏に渡来し鳴き始めるホトトギスは日本三鳴鳥の一つで(他はコマドリとオオルリ)、キョキョキョと鋭く鳴きます。

 ホトトギスは別名が多く、文目鳥(あやめどり)、妹背鳥(いもせどり)、黄昏鳥(たそがれどり)、子規(しき)、不如帰(ふじょき)、杜鵑(とけん)等々、霍公鳥や不如帰などはそのまま「ホトトギス」と読みます。

 田植えの時期を教えてくれる鳥でもあり、「時鳥」あるいは「時つ鳥」「早苗鳥」などもホトギスの異称です。冥土に往来する鳥ともいわれ、魂迎鳥(たまむかえどり)等の名もあります。

 ホトトギスは万葉集で最も多く詠まれた鳥でもあり、ウグイスを詠んだ歌のおよそ3倍、150首以上の歌に詠まれています。

 カッコー(郭公)はホトトギスによく似た鳥で、どちらも同じカッコー科に属し、託卵の習性や灰色の体に黒い横斑模様も同じなのですが、鳴き声が違い、カッコーの鳴き声からは閑古鳥の字も当てられました。

 カッコーは賑やかな街中には寄り付かず、鳴き声にはどこか寂しさが漂います。
閑という字と相まって、人が集まらなくて閑散としている様を「閑古鳥が鳴く」というようになったそうです。

 今日から1週間は「愛鳥週間(バードウィーク)」です。
コメント (0)

「ワサビ(山葵)」


 通年で出回っているワサビ(山葵)

でも、卸したての新ワサビには春の訪れを感じる格別の清涼感がありますね。

 ワサビは徳川家康も愛好したと言われれ、大御所として駿府にいた頃には、門外不出の御法度品にもなっていたそうです。

 日本食によく合うワサビと並ぶ香辛料にカラシ(芥子)があり、辛味の性質は全く異なる気がしますが、ワサビとカラシは同じアブラナ科の植物で、辛味成分も同じ物質(アリルイソチオシアネート)だそうです。
ただ、ワサビにはグリーンノートという香り成分が含まれており、これが風味の違いを生み出しているようです。

 ワサビは特別の肥料や手間を必要としないのですが、競争力が弱く、天然のものはあまり大きくなりません。土壌を殺菌し、他の植物を寄せ付けない効果がある”アリルイソチオシアネート”を土中に出すワサビは、その効果のため自身の成長も阻害されます。

 それ故、生食用の沢ワサビは、常に新鮮な水が流れ、”アリルイソチオシアネート”が土中に留まらない水はけの良いところで大きく育てられます。
尚、人間も”アリルイソチオシアネート”が原因で急性中毒症をおこすケースがあるそうです。

 ちなみに、チューブ入りワサビの原料には、本ワサビの他に西洋ワサビ(ホースラディッシュ、ワサビダイコン)を緑色に着色したものが用いられており、本ワサビの量が50%以上あれば「本わさび使用」、50%未満であれば「本わさび入り」と表示されてます。

 ワサビには、神経細胞の再生を促し記憶力や学習能力を改善させ、認知症予防に効果があるとされ、最近では花粉症の症状を抑える働きでも注目されています。
コメント (0)

「味噌汁」
 熱いご飯に熱い味噌汁、これだけあれば幸せと思うことがあります。この組
み合わせはあまりにも当たり前で、普段その価値を考えることはあまりないの
ですが、言うまでもなく日本人の食生活の基本です。

 日本人が鎌倉時代以降、”一汁一菜”を食の基本として毎日味噌汁を
食べ続けてきたのは、味噌が健康づくりの基本であることを昔の人が経験上
よく知っていたからです。

 ご存知の通り味噌の原材料は大豆です。大豆は栄養価が極めて高いのですが、
そのまま煮たり炒ったりする通常の料理法では消化吸収が悪いのが難点です。
ところが、この大豆を味噌にすることにより、大豆タンパクが酵素によって分解されて
アミノ酸となり、炭水化物もブドウ糖になるそうです。

 旨(うま)みが増すうえに、消化吸収もよくなって一挙両得。
そしてさらに重要なのは、味噌から大豆のもつタンパク質やビタミンB群を
取り入れつつ、味噌汁にすれば野菜や海草、根菜などを煮て汁ごと食べるため、
カリウムやマグネシウムほか各種ビタミン、ミネラル、食物繊維を一度にとれることです。
期せずして上手に栄養バランスをとることができる訳です。

 ちなみに、日本各地の味噌は、地域によって味や色などそれぞれの特徴が
ありますが、大まかに分けると主として北関東から東北、北海道地方では辛口味噌。
愛知や三重などでは豆味噌、京都を中心とする近畿地方では白甘味噌が好まれ、
九州、四国では甘口の麦味噌や米味噌が好まれているようです。

 味噌汁の丁寧な呼び方に「おみおつけ」があります。漢字にすると「御御御付け」と
なるそうです。「御」を三つも重ねて付けるほど、日本人の食卓には欠かせない大切な
汁物というのが伝わってきます。
コメント (2)

「プロが選ぶ日本のホテル・旅館100選」
日本特有の宿泊スタイル、料理、温泉、おもてなしを提供し、独
自の文化を体験できる旅館は、今訪日外国人にも人気があります。

 需要を取り込もうとホテルや旅館などでは料理やサービス、企画力等でしのぎを削っているようですが、参考までに先日発表された2016年版の「プロが選ぶ日本のホテル・旅館100選」(旅行業登録をしている全国の事業所の投票結果)の総合順位は下記のようになっています。

  1位 加賀屋(石川県 和倉温泉)

  2位 白玉の温泉慶・華鳳(新潟県 月岡温泉)

  3位 稲取銀水荘(静岡県 稲取温泉)

  4位 水明館(岐阜県 下呂温泉)

  5位 日本の宿 古窯(山形県 かみのやま温泉)

  6位 いぶすき秀水園(鹿児島県 指宿温泉)

  7位 草津白根観光ホテル櫻井(群馬県 草津温泉)

  8位 ホテル鐘山苑(山梨県 富士山温泉)

  9位 八幡屋(福島県 母畑温泉)

 10位 あかん遊久の里鶴雅・あかん湖鶴雅ウイングス
           (北海道 阿寒湖温泉)

 加賀屋は「もてなし」部門でトップの他、「料理」や「施設」、「企画」を合わせた4部門の総合評価で
36年連続の1位となっています。
コメント (0)

申年生まれ。
 十干・十二支では今年は「丙申」(ひのえさる)だそうです。
「丙」は草木が伸長し、その姿や形がハッキリした状態になる事。「申」という字は天の神の威光を表す稲妻の形を表したもので、「電」の原字。「神」のもとの字になったそうです。

 申年生まれの方は、明朗活発・器用で人付き合いが上手。好奇心旺盛で要領が良く、頭の回転が速い。金運がある。一面では落ち着きがなく、飽きっぽい、抜け目ない、冷徹とも言われています。

 <諺(ことわざ)や慣用句では、以下のようなものがあります。>

 ・見ざる 言わざる 聞かざる
  
とかく人間は自分にとって都合の悪いことや相手の
欠点を見たり聞いたり言ったりしがちだが、
それらはしないほ うがよいという戒め。

 ・犬猿の仲

 ・猿に烏帽子(えぼし)

   外見だけを取り繕って中身が伴わないこと

 ・猿の水練、魚の木登り

   見当違いのことをするたとえ

 ・猿の尻笑い

   自分のことを棚に上げ、他人を嘲笑うこと

 ・意馬心猿(いばしんえん)

   心に様々な煩悩や欲望がうごめいて抑えがたい状況のこと

 ・美人の終わりは猿になる

   美女が年をとると醜さが目立つということ
コメント (0)

「創作四字熟語」
 住友生命保険が、毎年恒例となっている「創作四字熟語」の優秀作品・入選作品を発表してますのでいくつかをご紹介しておきます。

 『責任十代』(責任重大)  選挙権年齢を18歳以上に改正

 『波乱番号』(波乱万丈)  マイナンバー制度導入で

 『邸空飛行』(低空飛行)  首相官邸屋上でドローン発見

 『柱途半端』(中途半端)  杭打ちデータ偽装

 『蹴姿一貫』(終始一貫)  ラグビー日本代表の五郎丸選手

 『福婚悲嬢』(結婚費用)  福山さんの結婚で多くの女性が悲しむ

 今年起こった出来事や世相をわずか4文字で表現しているのですが、いずれも秀作揃いで感心させられますね。
コメント (0)