回想/宇和島市合併
もう4年になるのか、旧宇和島市が相手先を巡り大揺れしたのは・・・

 迷走する合併問題は2004年4月、石橋寛久・宇和島市長が津島町への不信感から、吉田、三間、津島3町とでつくる法定合併協議会からの離脱を唐突に表明。津島町長は公約の「4市町合併」が困難になったとして6月に辞職し、出直し町長選で4市町合併を掲げた前助役の赤松伝雄氏が当選した。

 その後周りの歩み寄りもあり、旧宇和島市は合併協議会に復帰したが、今度は合併期日を巡って紛糾した。10月の合併協で、津島町側などが来年2月1日を、宇和島市側が同8月以降を主張。浅野修一・吉田町長が「遅い期日を望まれる方々に合わさざるを得ないかなと思う」と発言し、ほぼ勝負あった。2日後の合併協で「目標は来年8月1日」が確認され、実際に2005年8月1日に合併した。

 なぜ、旧宇和島市は合併協議会からの離脱をしたのか?
 その理由を愛媛新聞は「課増設・財政調整基金残高100万円… 津島町にはがっかりした 宇和島市長が記者会見」と報じた。
 また、南海放送の報道では、津島における建設事業が影響しているのではないかとも報じた。

 財政調整基金100万円とは当初予算での数字であり、年度末には不要額が積み上げられ数億になるというからくりであったが、疑心暗鬼に陥っての合併離脱という顛末だったのか?

 合併後2年半経過した今、これらの問題は全くない。問題と言えば「宇和島市の実質赤字比率県内最悪」ということか。これは決算で黒字の割合が最も少ないということ。

 今後宇和島病院の処分が行われる。財政逼迫の主因にならないように祈るのみ。
コメント (0)

病気腎移植の市立宇和島病院、保険医取り消しへ
取り消し期間は原則5年だが、地域住民への影響を考えて1カ月に短縮されるという。しかし、県南部唯一の救命救急センターが併設された中核病院に科せられる処分の患者への影響は計り知れない。

処分適用ならば「療養費払い」制度を使うであろう。

【療養費払いとは】
やむを得ず保険医療機関以外の医療機関にかかったときの医療費、コルセット・ギプス等の治療用装具代、海外で診療を受けたときの医療費などは、本人が一時立て替え払いし、あとで保険者(健康保険組合など)から現金で払い戻しを受ける。このような現金の給付を、療養費払いという。

つまり、患者は自己負担分(原則3割)を支払い、病院に保険者への請求を委任。病院が保険者(健康保険組合など)から支払いを受ける。

しかし、保険者が拒否すれば制度を適用することはできない
コメント (0)

最高齢の五輪選手誕生へ/66歳の法華津寛さん
最高齢の五輪選手誕生へ/66歳の法華津寛さん

 北京五輪の馬場馬術団体で日本が1964年以来44年ぶりの出場が決定的となり、法華津寛(66)さんが日本五輪史上最年長での五輪出場を果たします。法華津さんは23歳だった64年東京五輪(障害飛越)以来、44年ぶりの出場となります。

 法華津寛さん おめでとうございます。
オリンピックでのご活躍を心より御祈念いたします。

 法華津という姓は大変珍しく、ルーツを調べてみると愛媛県宇和島市吉田町にあることがわかりました。

ミ☆「法華津」という名のルーツ
 報道で見ると東京都出身の法華津さんですが、珍しい姓のルーツは、伊予吉田(愛媛)にあります。現在、法華津七城として知られ石垣などが残る法華津本城は、法華津湾に面して半島状に突き出した丘陵にありました。法華津氏は、西園寺氏十五将の一人。また、標高436メートルの法華津峠は宇和島市(旧吉田町)と西予市(旧宇和町)との市境をなす峠で、風光明媚な宇和海国立公園の名所として知られます。

法華津寛(ほけつ・ひろし=馬場馬術)
1941(昭和16)年3月28日、東京都出身、66歳。12歳で馬術を始め、慶大に進学。64年東京五輪の障害飛越で40位。その後に馬場馬術に転向。五輪再挑戦を決意した03年からドイツ在住。

法華津寛 氏は、父に極洋社長をつとめた法華津孝太(ほけつこうた)氏、祖父に吉田町出身で南亜公司社長、南洋協会長として日本の南方政策に影響を与えた法華津孝治(ほけつこうじ)氏を持つ。
コメント (0)