「不穏な雲」
<<日本>--自宅付近--


西の空に急に現れる不気味な雲の光景。

ここ数日、遠く離れて来襲する台風の影響か、午後になると怪しげな雲行きとなり、雷を伴ったにわか雨が来襲する。

空の様子はその日によって異なるが、このようなおどろおどろした雲は珍しく、夏の風物詩の入道雲とはちょっと異なった光景である。

この雲が現れると同時に、辺りは急に薄暗くなり、激しい風雨がベランダを叩きつける。

9月に入り多少涼しくなると期待したが、相変わらず残暑が厳しく、爽やかな秋空になるのはいつになるのだろう。

しかし、毎日現れる怪しげな雲の様子をベランダから眺めるのも、コロナ禍で在宅時間が長引く日々には新しい習慣なのかもしれない。

コメント (0)

「鰻屋」
<<日本>--川越--


川越にある鰻屋の店先の光景。


川越は、さつま芋と合わせて、鰻屋の多いことで知られている。

市内に存在する鰻屋が何軒有るのかは分からないが、昔から鰻屋が多い理由は何故なのか気になる所である。

それぞれの店の味の善し悪しは、好みもあり何とも言えないが、地元川越の住人に聞くと、近県に知られた有名店とは異なり、意外とあまり宣伝をしていない昔ながらの鰻屋を推す人が多いのである。

この店は大正ロマン通りの突き当りにある鰻屋だが、昔は鰻屋ではなかったような気がするが、味はどうなのであろうか。


旧家を改造して鰻屋にしたようであるが、機会を見て一度その味を味わってみようと思っている。

コメント (0)

「昔ながらの」
<<日本>--川越--


古くから川越で納豆造りをする店先の光景。

今ではスーパーからすっかり影を無くしてしまった、ひごや藁に包まれた納豆を製造販売するこのお店の歴史は実に古い。

小粒の納豆が主流になってしまった納豆だが、ここの店の納豆は、昔ながらの大粒の納豆である。

今は亡き母方の叔母さんが我が家を訪れる時に、必ずお土産に此処の店の納豆を持って来てくれたことを思い出す。

実家の近くの路地の片隅に今でもこの店が有ることを探し出し、川越に行く時は必ず、ここの店で納豆を買うことが習慣となり、少し高めの三角納豆を多めに買ってきて、近所の家にもお裾分けなどしている。

聞けば今は年老いたご夫婦が、納豆造りを続けているとのことだが、味と懐かしさで、結構地元民はもちろん遠方から買いに来てくれるお客さんも多いのだと言う。

商売を度外視した味中心のこんな店が、いつまでも続いくれることを願うのである。

コメント (0)

「迎え盆」
<<日本>--自宅付近--


今年のお盆の迎え火の日の墓苑の光景。


旧盆の時期となった入盆の夕時、例年通り迎え火を灯すために墓参りに行った。

遠雷の聞こえるせいもあるが、今年の盆の入りは例年とちょっと異なり、いつもなら提灯を持った老若男女で賑わう墓地だが、コロナ禍の影響か、訪れる墓参客は少なかった。

我々の子供達や孫たち親族にも、今年のお盆は来訪を控えるように伝えたので、寂しいお盆の入りとなった。

コロナ禍の第二次感染期とも思われる昨今、必然的に日頃の生活習慣も、変えざるを得ない日常となりつつある今年の夏である。

コメント (0)

「夏空」
<<日本>--自宅付近--


真夏の定番、入道雲が夏空に我が物顔に顔を出す光景。

長引く梅雨が8月に入りやっと梅雨明けとなった途端、真夏日が続き見事な入道雲が広がった。

正に例年に変わらぬ夏の光景だが、今年の夏はちょっと違う。

コロナ禍が世界を覆い、マスク無しでは外へも出られない今年の夏であるが、お盆も近付いている昨今、東京に在住する子供や孫たちにも、都をまたいで墓参りに来ることを辞退せざるを得ない現状に、一抹の寂しさを禁じ得ない。

こうして肉親との交流が少しずつ疎遠になる現状を、残り少ない歳月をどうして過ごして行くのかが、今後の課題になるのではないだろうか。

けだし天災に振り回される現状に惑わされず、新たな生活様式を模索しつつ、前向きに生きて行く目標を見付けて行くことが必要であろう。

コメント (0)

「梅雨の晴れ間」
<<日本>--川越--


長引く梅雨の合間の日、川越氷川神社に行ってみた。

例年ならこの時期、茅の輪潜りや薪能、風鈴飾りなどで賑わう氷川神社だが、コロナ禍の影響で、静かなたたずまいを見せていた。

神社に隣接する氷川会館のレストランのランチを食べに行くのが目的だったが、残念ながら店はクローズしていた。

参拝者が少ないせいか、社殿を取り巻く木々がこんなに大木だったのかと、しみじみ眺め入ったのだった。

参拝者や結婚式の再興で賑わう神社境内も良いが、神社本来の静けさも良いものだと、境内のあちこちを散策して廻った。

コメント (0)

「病魔退散祈願」
<<日本>--川越--


川越成田山新勝寺別院で行われている、病魔疫病災害退散のための護摩講。

ここ成田山別院川越不動尊では、毎日11時と3時に住職以下僧侶たちが、安全祈願の祈祷を行っている。

境内や周辺に響き渡る大太鼓の音は、近くで聴くと耳が痛くなるほどの大音響である。

此処の寺院を訪れた参拝者は、別に祈祷料などを払わなくても、誰でも寺院内に入って護摩の様子を見聞きし共に祈る事が出来る。

ここで祈られる教はインドから来た梵語であり、その梵字の言葉が仮名で天井に掲げられており、共に合唱するよう僧侶により促される。

コメント (0)

「バリ島の子供達」
<<日本>--バリ島--


バリ島のワヤン君とのオンライン・ライブに登場した子供達。

ワヤン君はタブレット端末を屋外に持ち出し、周囲の状況をライブで放映し、解説をしてくれたが、その時に集まってきた子供たちの姿。。

バリ島では、昔の日本がそうであったように、子供達だけで遊ぶのが習慣であり、そこに大人は介在しない。

向かった右端が、ワヤン君の長男ユウゴ君12才、そして左隅に居るのが、次男坊7才である。

後の4人は彼等の遊び友達であり、中に一人だけ女の子がいる。

ワヤン君の指導宜しく、ZOOMオンライン画面の私の映像に向かって、皆で声を合わせて日本語で「こんにちわ」と挨拶をしてくれた。

コメント (0)

「オンライン・ミーティング②」
<<日本>--バリ島--


バリ島のワヤン君と彼の家族のライブ映像をカメラでパチリ。

ワヤン君の提案で、彼の家族と私でオンライン・ライブをしようとの提案で、実現したミーティングの様子。

彼はタブレット端末とスマホの2台を駆使して、彼の奥さんや2人の子供達、そして子供たちの友達をライブで実況してくれた。

更にタブレット端末を家の外に持ち出して、彼の家や家の周辺の光景を映像で流し、その様子を解説してくれた。

特に印象に残ったのは、彼の奥さんがほとんど私の話す日本語を理解している事、子供たちがたくさんの友達と子供達だけで外で遊ぶ姿などである。

ワヤン君と彼の次男坊の後ろで、バイクに乗っている奥さんに、ライブ・ミーティングに快く参加してくれたことを、心から感謝したい。

コメント (0)

「オンライン・ミーティング」
<<日本>--自宅--


オンラインで行った旅仲間とのライブの様子を画像で載せてみた。

ZOOMアプリを使って、嘗ての海外旅行の仲間たちと、リアルな映像を通して語り合えるのは実に楽しい。

この画像はその二回目のミーティングに、バリ島のワヤン君も参加して実施した時のものである。

嘗て定期的に渋谷や恵比寿で行っていた飲み会も、コロナ禍の影響で実施不可能になった今、こうして皆との会合を最新技術を使って自宅で行えるようになったのは、怪我の功名と言えるのではないだろうか。

我々五人の仲間は、画面下に写っているバリ島のワヤン君のガイドでバリを旅した仲間であるが、こうして何年振りかでリアルに語り合い、かつ飲み交わすことが出来る、現代のIT技術に拍手を送りたい。

コメント (0)