四季(春-夏) 5.7.5 (7.7)


帆を揚げろ威風堂々春航路 

春と修羅時空の詩人銀河舞う

梅の花梅の木に咲く不思議けり

清貧と孤独な春に独楽ひとつ

摩耶埠頭湾岸道路ひとりきり

たよりさえ浚う春潮落ちる月

美作の旧友訪ね武蔵かな

さくらさくら花に埋もれた春の道

花言葉黙って咲きし恋のひと

手を広げ風の渦巻き花と舞う

夜桜のむこう澄み切る卯月けり

明滅し我も道ゆく風の者

藍沙石奇跡の銀河薫る風

真っ...[続きを読む]
entry from
日記名 : Voice & Column
サイト名 : 3rd-world

四季(夏-秋) 5.7.5 (7.7)


かくれんぼ三つ数えて初夏の色

霧雨が洗う詩情か錆びた街

綺麗だな雨上がりの夜空って

雨が降るあの日の夏まで虹の空

アメジスト雲の切れ間に輝けり

雨上がり虹の袂でイブの笑み

発電機蝸牛水車【スネールタービン】無心なり

奇術師も釈迦の掌田は濁る

枇杷の種果実の不思議四季の色

逢いたいな花火を見上げ夢の中

花火咲く喜怒哀楽の真夏まで

あの場所へ渦巻く若さ夏に散り

湯上が...[続きを読む]
entry from
日記名 : Voice & Column
サイト名 : 3rd-world

四季(秋-冬) 5.7.5 (7.7)


秋の風琥珀に滲むススキの穂揺れて紅ぬくもり求め

有頂天孤独の果実幻と現虚と実映し途方に暮れる

幸せが揺れておいでと天高く愚かな若さもう帰れない

秋の空朧月夜の坂の下孤独を憎み孤独を愛し

変わらない太陽の塔燃える秋原色褪せぬ岡本太郎 (%)

懐かしく流れゆく曲傘がない齢を重ね美学にかわる

元町を彷徨うジャズの枯れし色

星月夜長き読書の旅に出る

灰皿に燻る秋のハイライト

...[続きを読む]
entry from
日記名 : Voice & Column
サイト名 : 3rd-world

四季(冬-春) 5.7.5 (7.7)


跨りし鋼の馬で寒を突く

知らぬ振り不幸の冬を素通りし

弓形し凍輝三日月流の朧

道満の流れし佐用星の郷

春ほのか寒紅梅の淡き香

ガソリンが虹を描いた水溜り

波しぶき潮風描くカタルシス

座礁船割れたスクリュー浚う波

夢去りしネジの切れ橋オルゴール

暁星の湾岸道路明ける冬

若さとは傷つくことができる春   

天使の輪微笑まぶし君遠く    

土の笛心の庭に息吹の芽

春...[続きを読む]
entry from
日記名 : Voice & Column
サイト名 : 3rd-world