微熱夜


【微熱夜】

詞曲:小山卓治

虫けらどもが集まってきた

信号のサーチライトに命さえも冗談めかしに

悪人ヅラを俺はぶら下げ 空っぽのポケットを叩き

微熱気味の夜へ飛びこむ

Let me down やれるものなら

Let me down やってみりゃいいさ

今夜こそ主役を狙う人間ども集まれ

かぼそい声でひ弱な腕の街角の詩人が殴られ

女達は笑い転げてる 昨日はボスと呼ばれ...[続きを読む]
entry from
日記名 : Voice & Column
サイト名 : 3rd-world

Show Time


Show Time

詞曲:小山卓治

パレードが流れだす 光の渦が俺を迎える

足早に踏みこんだ 俺が今夜の新参者だ

ざわめきの真ん中で 男らしくふるまって

俺のショーの始まり さあネオンを点けてくれ

Yes,it's a show time

俺は夜のテロリスト

Yes,it's a show time

このままじゃくたばらないぜ

ボンネットに飛び乗...[続きを読む]
entry from
日記名 : Voice & Column
サイト名 : 3rd-world

Blind Love


Blind Love

詞曲:小山卓治

その夜俺は街の片隅で君と出会いすぐに恋をした

窓の中 君の憂鬱な横顔 俺はガラスを叩きおどけてみせる

夜はすっかりふさぎこんでいるから 1人で行く当てもないんだ

今夜2人の勝利とロマンスを探そう かりそめのダンス踊って

「さよなら」と「なぜ」がすれ違う交差点

Blind Love

素敵な夜に限ってすぐに終わる 俺達まだ何も手にし...[続きを読む]
entry from
日記名 : Voice & Column
サイト名 : 3rd-world

リバーサイドホテル

  【LION&PELICAN】より【リバーサイドホテル】1982年

   作詞 作曲:井上陽水

 誰も知らない夜明けが明けた時  街の角から素敵なバスが出る

 若い2人は夢中になれるから    狭いシートに隠れて旅に出る

 昼間のうちに何度もキスをして   行き先を尋ねるのに疲れ果て

 日暮れにバスもタイヤをすり減らし そこで2人はネオン字の読んだ

 ホテルは リバー...[続きを読む]
entry from
日記名 : Voice & Column
サイト名 : 3rd-world

Make-up Shadow

 【 UNDER THE SUN 】より 【 Make-up Shadow 】 1993年9月

 作詞:井上陽水 作曲:彩目映

初めての口紅の唇の色に
恥じらいを気づかせる大人びた世界

あけすけにのぞき込む星達と月に
物憂げなまなざしの誘惑のリズム

あこがれは
鮮やかなランブリングサマーシャドーウに
夢みているだけ 笑って

映画の夢
それはパラダイス ハリウッド
誰かにば...[続きを読む]
entry from
日記名 : Voice & Column
サイト名 : 3rd-world

最後のニュース

【ハンサム・ボーイ】より【最後のニュース】 1990年

作詞 作曲:井上陽水

【筑紫哲也 News23 Theme song】

闇に沈む月の裏の顔をあばき 青い砂や石をどこへ運び去ったの

忘れられぬ人が銃で撃たれ倒れ みんな泣いたあとで誰を忘れ去ったの

飛行船が赤く空に燃え上がって のどかだった空はあれが最後だったの

地球上に人があふれだして 海の先の先へこぼれ落ち...[続きを読む]
entry from
日記名 : Voice & Column
サイト名 : 3rd-world

傘がない


【断絶】より【傘がない】 1972年

作詞 作曲:井上陽水

都会では自殺する若者が増えている
今朝来た新聞の片隅に書いていた

だけども問題は今日の雨 傘がない

行かなくちゃ 君に逢いに行かなくちゃ
君の街に行かなくちゃ 雨に濡れ

冷たい雨が今日は心に浸みる
君の事以外は考えられなくなる
それはいい事だろ‥

テレビでは我が国の将来の問題を
誰かが深刻な顔をしてしゃべって...[続きを読む]
entry from
日記名 : Voice & Column
サイト名 : 3rd-world

賢治と陽水


1931年11月3日記

宮沢賢治 

【補遺詩編】より【雨ニモマケズ】

雨ニモマケズ
風ニモマケズ
雪ニモ夏ノ暑サニモマケヌ
丈夫ナカラダヲモチ

慾ハナク
決シテイカラズ
イツモシヅカニワラッテヰル

一日ニ玄米四合ト
味噌ト少シノ野菜ヲタベ
アラユルコトヲ
ジブンヲカンジョウニ入イレズニ
ヨクミキキシワカリ
ソシテワスレズ

野原ノ松林の蔭ノ
小サ...[続きを読む]
entry from
日記名 : Voice & Column
サイト名 : 3rd-world

春と修羅 第二集 【告別】


  宮沢賢治 詩集 【春と修羅 第二集】より

  【告別】

  おまへのバスの三連音が

  どんなぐあひに鳴ってゐたかを

  おそらくおまへはわかってゐまい

  その純朴さ希みに充ちたたのしさは

  ほとんどおれを草葉のやうに顫はせた

  もしもおまへがそれらの音の特性や

  立派な無数の順列を

  はっきり知って自由にいつでも使へるならば

  おまへは辛くてそ...[続きを読む]
entry from
日記名 : Voice & Column
サイト名 : 3rd-world

春と修羅
【糸杉】

Zypressen(独)
Cypresses(英)(複数形)

花言葉:「死・哀悼・悲嘆・絶望」..

ヒノキ科の常緑高木。
原産地は地中海東部からイラン北部。
ヨーロッパでは死の象徴とされ、庭園ほか墓地に植える。

その糸杉を題材(モチーフ)にした非凡な芸術家がふたりいる。
画家のフィンセント・ファン・ゴッホと詩人(作家)の宮沢賢治だ。

宮沢賢治
Kenji Miyaza...[続きを読む]
entry from
日記名 : Voice & Column
サイト名 : 3rd-world