6月18日の曲
本日も ナイアガラサウンドを楽しんでくだされば嬉しいです
杉真理・・・女性のような名前ですが 「すぎ まさみち」さんの曲です
POPなメロディーに 思わず口ずさみたくなる感じが
多くの人に知っていただきたいアーティストの一人です
entry from
日記名 : テラマチ日記

6月17日の曲
本日も ナイアガラサウンドを
山下達郎さんの「ラブランドアイランド」です
小気味良いリズム そして夏のおとずれを思わせる歌
映像も 歌に合ってます
達郎サウンドに嵌って はや15年以上
好きな曲の一つです
entry from
日記名 : テラマチ日記

6月16日の曲
うっとおしい梅雨を 爽やかな夏の曲で
ナイアガラ・サウンド 初めて聞いた時は衝撃を受けました
この時代は 今の 50代~60代の世代の方達ですね
こんな素晴らしい曲が有ったとは
山下達郎 杉真理しかり ナイアガラ・サウンド万歳^^
entry from
日記名 : テラマチ日記

6月15日の曲
先日と同じ 井上陽水さんの 「世界はミステリー」
これも ニューアルバム「魔力」におさめられている新譜
昨日のMAPと 連続している感じがします
entry from
日記名 : テラマチ日記

6月14日の曲
井上陽水さんのMAPです
昨年発売されたニューアルバム「魔力」の中の一曲
NHKのブラタモリのエンディングとして 聞かれた方も多いのでは
それにしても陽水さん 還暦を過ぎてますます名曲をリリースする創作力には関心します
entry from
日記名 : テラマチ日記

密室
某月某日
場所は 都内のとある場所
そこに 少なくとも三人の男が
某政党の前代表と総理を務めた男
現代表と 現総理を務めている男
某政党の 現幹事長
話の中身は いかに政権政党として 分裂させずに事を済ませるか
そして元総理は 現総理を いかに退陣させるか

●Kさん やっと政権政党に成り得た今 党を壊すわけにはいかない
 総理の座を降りてください お願いしますだ~

▲俺が降りて 後は誰が...[続きを読む]
entry from
日記名 : テラマチ日記

ヒーロー
ヒーローに憧れている国会議員の男が一人

私は ヒーローになりたい そしてこの先 歴史を振り返った時 大いなる評価を受けたい
このような夢物語を 何とか実現したいと思うようになりました

この男 禁止されている外国人からの献金を 相手が外国籍で有る事を知りながら
受け取っていたのですが 3月11日の新聞にこの事が書かれたその日 東北で未曾有の大震災が発生しました
本当なら この新聞発表によっ...[続きを読む]
entry from
日記名 : テラマチ日記

厚顔無恥
勿論 空き菅の事である
福島での事故が発生した時に「私は原子力に詳しいんだ」と大見えを切り
昨日の 国会で 福島原発の事を問いただされると「原子力の専門家では無いので」とのたまう

このような人間が サミットに出席するとは
日本人として はずかしい
どうせ サミット会場では 自分の手柄話に終始するのであろう
そのまま 帰ってこないで欲しいと 強く願う
entry from
日記名 : テラマチ日記

外交音痴
空き菅が またやらかしてくれている
今 外交での問題で 領土に関する問題が二点

1.北方領土への韓国議員団の訪問予定
2.そして 尖閣問題について協議するとか

1については 徹底的に韓国議員団の訪問を阻止しなければならない
 どのような外交ルートを駆使しても 訪問させてはならない
 
2については 尖閣について問題は無いはずである(領土問題は存在しない)
 中国漁船の不法密漁についての ...[続きを読む]
entry from
日記名 : テラマチ日記

橋下知事にエール
今の総理では 私はこのようにする! とハッキリ物を言わない
ただ 一生懸命やってます 努力します このような具体性の無い言葉の羅列
一体 誰のために 総理をしているのか 

それに比較して 橋下大阪府知事は リーダーシップを発揮してくれている
リーダーシップを発揮すると 独裁だ 専横政治だとの声が上がる
しかし リーダーは 自分の判断を しっかりと周囲の人達に伝え 支持してもらわなければなら...[続きを読む]
entry from
日記名 : テラマチ日記

増税!?
東日本の復興
これは 国民の誰しも願っている事である
被災された方々に 一日も早く 普通の生活に戻っていただきたいと願う

この復興には 四十兆円の費用がかかるとの試算が出ているようだ
一部では 二十兆円とかとも言われている
すなわち まだ本当に必要な経費は わかっていないと言う事だろう
経費がかかるのは仕方の無い事であるが 問題は 「増税」有りきで議論が始まっているように思える
新聞は 増...[続きを読む]
entry from
日記名 : テラマチ日記

ネット利用のカンニング受験生
京都大学の受験生が ネットを利用してカンニングしたとの
ニュースが 連日報道された
このニュースが流れた後 いろいろなコメントが識者や タレントから
この件に対しての コメントが面白可笑しく取り上げられているようだ

いやしくも日本のトップ大学を受験する人間が カンニングと言う
手段によって 何とか合格したいと思う 何とも情けない「心」に
落胆して止まない
将来の日本を背をって立つ人間が そ...[続きを読む]
entry from
日記名 : テラマチ日記

こんな上司は誰もついていかない
勿論 空き菅総理の事です
子供手当を 小沢元代表に原因が有るような発言
この男 自分が追い詰められたら その原因は他にあるとばかりに
他者のせいにするとは まったくもって こんな人間が
日本の総理とは 恥ずかしい限りである
リーダーとは何たるかを まったく勉強してこなっかったのでしょう
市民運動家としてなら 多少存在価値が有っても
総理としては まったく百害有って一利無し
一日も早い退陣を願...[続きを読む]
entry from
日記名 : テラマチ日記

呆れた話
またも 無能さを証明した 空き菅総理
国債のランクが落ちた事にたいして
そのような事には「疎い」ので・・・・
空いた口がふさがらない
このような 最低レベルの人間が 日本のトップとは
今の日本は 石原氏が言うように 最大不幸社会の到来である

経済・外交に「疎い」ので有れば さっさと身を引く事こそ
国民と日本の いや世界のためになります
entry from
日記名 : テラマチ日記

センター試験の季節
毎年思う事だが
大学入試センターが行う センター試験の時期を
もう少し 手前にズラす事が出来ないのであろうか
今の時期は 寒波が襲来する
交通機関がマヒしやすい時期でも有る
このような時期に試験では 受験生も会場に遅れてはならないと
余計なストレスを抱える事になる
もう少し 落ち着いた季節に行われる事を 願って止まない
entry from
日記名 : テラマチ日記

国は誰の味方
ネットでのasahi.comに次の記事が掲載されていた
======

鳩山由紀夫前首相は6日、佐賀市の講演で「海上保安庁か検察のどちらかが(ネットに)流したのはほぼ明らか。政府にいる人間が政権批判を行う情報クーデターとすれば、政権にとって大変厳しい話だ」と語った。同席した原口一博前総務相も「役所(の職員)が(故意に)やったとすれば、国家に対する反逆に近い」と述べた
======

確かに ...[続きを読む]
entry from
日記名 : テラマチ日記

凛とした外交を
前原外相にさざ波が立っている
言うべき事を言うと 仲間内の民主党内から 足を引っ張る
特にひどいのが あいもかわらずの悪人「仙谷健忘長官」だ
ロシアに対しても 何も言わない 日和見主義者と言うより
および腰外交主義者 この健忘長官が居座る限り
日本外交に 拍手を送る気にはならないであろう
中国と ロシアの顔色だけをうかがい 言うべき事をはっきり言わない
愚かさは 今まさに国家の独立と 尊厳を...[続きを読む]
entry from
日記名 : テラマチ日記

何故か
この所 政治向きの話ばかり書いている
今の だらしない政権のおかげで
政治から目が離せなくなったようだ
外交の出来ない政権は 国民にとって 非常に不幸である
特に 臭いものには蓋を そして長いものには巻かれろ
最悪は 何も手を打たない 事勿れ主義

友好と言う名の陰に隠れて 争いごとを嫌い
挙句に 問題を起こす相手に 援助をしたりすれば
相手が増長するのは ハッキリしているでは無いか
これが...[続きを読む]
entry from
日記名 : テラマチ日記

官房長官の更迭を
仙石官房長官の談話を聞いていて おや?おかしいぞ
この無能長官は 一体何が言いたいのだろうかと思った
案の定 ネット上で 中国に対しての談話に敬語が多用されていると有った
そうだ それがおかしいぞと思った原因だ

29日の記者会見では

中国側が強硬姿勢を強めてきたことについて「中国は司法権の独立、政治・行政と司法の関係が近代化され、随分変わってきていると認識していたが、あまりお変わりになっ...[続きを読む]
entry from
日記名 : テラマチ日記

民主党は不要
鳩ポッポから 九官鳥までの二人の能無し総理を
輩出した民主党
戦後最低の総理として Eランク評価を受けている鳩ポッポにさえ
批判される九官鳥
もっとも鳩ポッポが現職総理だったら 飛んでも無い結末が来てしまっていただろう
尖閣を領土問題として処理をしてしまったと思う
おそらく 話し合いで領土問題を解決しましょうと言った
合意を取り付けてしまったであろう
ご存知の通り 尖閣は我が国の主権が及び ...[続きを読む]
entry from
日記名 : テラマチ日記