☆ 太陽 ☆
また太陽が赤く赤く沈んでいく
まるで僕の心を映すよう
君を好きになってかれこれ一年
思い出のページもついにおわりなの?
君の笑顔 
君のしぐさ
君のすべてが大好きだったのに…

会いたくて会いたくてたまらないこの気持ち
この気持ちに終止符はうてない
ずっと愛してきたたった一人の君だから
そう簡単に僕の中からは消えないでしょう...

君のいない生活にもだんだんと慣れてきて
また太陽はのぼり始...[続きを読む]
entry from
サイト名 : ☆ミCloudLess☆彡

☆ 過去の帰り道 ☆
離れ行く君と背を向け合い
一緒に歩いた帰り道を
今日から別々に歩くんだ

今更振り返っても遅い、わかってる
無情な時間は過ぎてく、流れ行く

過去から今へ来る過程には
出会い別れの繰り返しと良い悪い思い出と
全部握り締めて歩くこの道を

思い出してみれば ほら
君の笑顔が映るけど
何もかも忘れてしまおう

思い出とか言う過去、大切だけど
忘れちゃいけないと思う、、それでも、、、

過去を引...[続きを読む]
entry from
サイト名 : ☆ミCloudLess☆彡

Shizuku~そこにある自分~
いつのころからだったのだろう
ふっとあることを考えこんだのは・・

いま自分という人間は
この世の中の
どこに存在しているのか?
ということを

空から絶え間なく
降り注ぐ雨粒に打たれながら
涙を隠すには充分過ぎるくらい
いっぱいだから
人にはわからないかもしれない

でも嗚咽は雨の音と一緒に
交互に入り乱れて
響きわたっているから
優しいまなざしには
わかってしまうだろう

雨上がりの夕日...[続きを読む]
entry from
サイト名 : ☆ミCloudLess☆彡

それぞれの道
小さな 小さな 光がひとつ
それは 昨日でも 明日でもない 僕がいる

どこで道を間違えたのだろう
2人別々の道 自然な事なんだろうけど
前を行く君が羨ましくみえる

いつか僕は気づくのだろう
あなたに 置いていかれた事を
手の届かない君が光って見える

あの頃に戻れたら せめて昨日に戻れたら
なんて考える僕がいるから
なかなかここから進めないんだろう

この道ずっと行...[続きを読む]
entry from
サイト名 : ☆ミCloudLess☆彡

☆ Memory Days ☆
目の前にある小さな水溜りで はしゃぐ子供たち
優しく吹く風に抱かれて 大きな空を見上げた

いつからか 大人になりたいなと思い出したのは
何も考えず過ごしていた 若かりしあの頃
いつとはなく 時は過ぎていた

どこまで行けば どれだけ行けば 降り続く雨はやむだろう?
そんな事さえ 浮かんでは消え 思うまま 素直な日々よ
AH 輝いた瞳 もう1度戻りたい

ポケットに手を入れて握りしめていた...[続きを読む]
entry from
サイト名 : ☆ミCloudLess☆彡