すいてき
.

    ケント紙の上に

    雨 一粒を 受ける

    *

    しずくの広がりを

    みつめる

    ●

    美濃紙の上に

    雨 一粒を 受ける

.
entry from
日記名 :
サイト名 : cetace

かしょ
.

  《 ・・・

     歌書よりも軍書に悲し吉野山

    古来、幾百位苦戦とも知れぬ歌人や文学者によって
   詠われてきた吉野山だが、そういう詩歌をいくつ集めてみても、
   この美しい土地を背景に繰り広げられた戦いの歴史が描き出した
   「滅びの美学」を凌駕することはできないという。

   ・・・ 》

   ~ 「天河伝説殺人事件(上)」 内田康夫/...[続きを読む]
entry from
日記名 :
サイト名 : cetace

ゲンプク
.

   「この君の御童姿、いと、変へま憂く思せど、
    十二にて御元服したまふ」

    ~ 源氏物語‐桐壺

    ●

   「元」

    頭(かしら)

    首(こうべ)

   「服」

    身につける

   ●

   現在は「げんぷく」がふつう

   明治中頃までは「げんぶく」
...[続きを読む]
entry from
日記名 :
サイト名 : cetace

厳つ霊
.

  「上に八色(やくさ)の雷公(イカツチ)有り」

   - 日本書紀

  ●

  いかずち

  いかづち

  雷

  =

  「いか(厳)つ(=の)ち(霊)」の意

  ~ Kokugo Dai Jiten Dictionary. Shinsou-ban
    (Revised edition) Shoga...[続きを読む]
entry from
日記名 :
サイト名 : cetace

うさい
.

  于思 : うさい

  口ひげの多い顔

  一説に 白髪の老人の顔

  ~Kokugo Dai Jiten Dictionary.
   Shinsou-ban
   (Revised edition) Shogakukan 1988

  于思翁 : うさいヲウ

  能

  翁舞

  白髪 白ひげの 老翁

...[続きを読む]
entry from
日記名 :
サイト名 : cetace

こどく
.

  > 垣根ができちゃって、
    両者を流れているリビドーが、
    切断されてしまった……。

  《 ・・・
    国語学的にもクニの語原はクネ、
    つまり垣根だそうですから、
    ・・・ 》 などと

  小松和彦氏が 『鬼がつくった国・日本』
  - 写真家・内藤正敏氏との対談 - の中で
  語っておられますが

  「流れ」が断たれることで ヨドミ...[続きを読む]
entry from
日記名 :
サイト名 : cetace

furue
.

  間断なく震動する エンジン

  楽器が鳴り響く

  ときめき

  興奮

  感動

  throb

  鼓動

  ドキドキ

  脈動

  ズキズキ

  振動

  動悸

  脈拍

  She could not subdue the throb in her voice.

  彼女は 声の震えを...[続きを読む]
entry from
日記名 :
サイト名 : cetace

koye
.

    圏外

    通話可能

    範囲

    電話が鳴る

    ひとかたまりの

    音楽に

    聴き入る

    不在着信ランプ

    ●

    緊張・堅苦しさなどを

    ほぐす

    言葉

    緊張・堅苦しさなどを

    ほぐす

    行為

    緊張・...[続きを読む]
entry from
日記名 :
サイト名 : cetace

かげぼうし
.

  想像によって

  人物や物事を

  目の前に

  描き出す

  ●

  影法師

.
entry from
日記名 :
サイト名 : cetace

しるえっと
.

  the silhouette of the mountain against the evening sky

  夕暮の空にうかび上がる 山の影

  The castle was silhouetted against the evening sky.

  夕映えを背景に 城が黒く浮き出ていた.

  a rabbit's silhouette on t...[続きを読む]
entry from
日記名 :
サイト名 : cetace

かがくのきゅうしょう
.

  【必携】 ひっけい

   1.必ず携えなければならないこと
     また そのもの

     「必携の書」 「身分証明書必携の事」

   2.特に ハンドブックをいうことば

   ◆

  【上野彦馬】 うえの‐ひこま

   文久二年日本で初めて写真店を開業
   湿板写真術を研究し
   化学書「舎密局必携」三巻を訳す

   (一八三八~一九〇四)...[続きを読む]
entry from
日記名 :
サイト名 : cetace

spoonerism
.

  : 頭音転換

  2つ以上の語の頭音を 誤って転換すること

   〈例〉

    weary benches (疲れている教会員の皆さん)

    と言うべきところを

    beery wenches (ビールで酔った女ども)

    と言う など

  ◇

  語源 ;

  英国の牧師 W. A. Spooner(1844-1930)の癖とされた

...[続きを読む]
entry from
日記名 :
サイト名 : cetace

サワー
.

  物を すっぱくする

  酸敗させる

  人を 不愉快にさせる

  人・性質などを ひねくれさせる

  関係などを 悪化させる

  気まずくする

  sour

  *

  go sour  質が落ちる

  Recent events have soured young people on the...[続きを読む]
entry from
日記名 :
サイト名 : cetace

bitter
.

  He is very bitter about losing his job.

  職を失うことに憤慨している.

  bitter animosity  激しい憎悪

  a bitter enemy  憎い敵

  bitter irony  痛烈な皮肉

  bitter irony  痛烈な風刺

  have a bitter tongue  毒舌家である

...[続きを読む]
entry from
日記名 :
サイト名 : cetace

documentaire fictif 
.

  「トスカの接吻」 とは

  G.プッチーニ作曲の オペラ

  ♪. トスカ

    〈台本:V.サルドゥの同名の劇により
        G.ジャコーザ と L.イッリカ〉

  - の 第2幕で

  《 トスカが恋人の命を救うために
    スカルピア男爵に抱かれようとする時
    傍らにあったナイフで
    スカルピアの胸を刺す
    その短刀の一突きの...[続きを読む]
entry from
日記名 :
サイト名 : cetace

ゆの音
.

「手づかひ、いといたう唐めき、

 ゆの音ふかう澄ましたり」

 * 源氏物語 ‐ 明石



【揺】 ゆ

 琴(きん)や 箏(そう)などで、
 余韻を波うたせるために
 左の手の指先で絃を左右(琴)、
 または上下(箏)に
 幾回か ゆすること。

 また、その音。

 ~ Kokugo Dai Jiten Dictionary. Shinsou-...[続きを読む]
entry from
日記名 :
サイト名 : cetace

uniform
.

the uniform stripes of the zebra

シマウマの おそろいのしま模様

a building uniform with its neighbors in design

デザインが周囲のものと同じ建物

a uniform wage

同一賃金



一定 ...

一様 ...

均一 ...

平...[続きを読む]
entry from
日記名 :
サイト名 : cetace

ゲート
.

ハンディ・カメラ

ブーム

ガン・マイク

レポーター

ディレクター

・・・



  − 何か ひとこと !



《 ・・・

  やつらが防衛のワクを越え
  出費を理由に小さな侵略を行うとき
  おまえは空港のラウンジにいくか
  セカンドクラスのあつかいに耐えるか
  ウエイトレスやウエイターでしかない国家よ
  おまえは...[続きを読む]
entry from
日記名 :
サイト名 : cetace

モクエウタウ


木曜島 / Thursday Island :

オーストラリア北東端、
ヨーク岬の北西方
38キロメートルの沖合にある小島。

真珠貝採取の基地で、
第二次世界大戦前は
日本人の潜水夫が多数活躍した。

1954年以後は採取が制限されている。

主要港 ポートケネディ。

~ Kokugo Dai Jiten Dictionary. Shinsou-ban
  (Revis...[続きを読む]
entry from
日記名 :
サイト名 : cetace

ゆふぐれ


《 (・・・)

  「さようなら。海辺さん」と彼女は言った。

 一瞬後に、
 笑った三つの顔が奥のほうの窓からメルソーをみつめ、
 黄金色をしたまるで大きな昆虫のような黄色いバスが、
 光の中に消えていった。

  (・・・)

 こうした愛の香りと、
 踏み潰され、香りを放つ果実を前にして、
 そのときメルソーは、季節が傾きつつあることを感じた。
 厳しい冬が身をもたげようと...[続きを読む]
entry from
日記名 :
サイト名 : cetace