雪 凍 夜10
その顔は、、、、、

見間違う訳もない・・・

自分の 顔、、だ。

なんなんだ。。。いったい、、

子宮の中のような柔らかな空間に

いるはずなのに、

鳥肌が立っている。。。

もうひとりの自分と同じ顔を持つそいつは・・・

イヤラシイ笑顔をしたかと思うと
表情は一転し
笑いながら泣いている。。。

何処からか声がする

耳にではない。頭蓋の中に直接響いてくる声が・・・

「 何ガ カナ...[続きを読む]
entry from
日記名 : toko小説
サイト名 : tokoのいる処

雪 凍 夜 9
笑い声のするほうへ、、、

意識を集中してみる。。

まだ、、、見えぬ。

見えぬが、、感じるんだ。

肌が総毛だってゆく。。。

邪悪な ナニカ なのか?

神の降臨か?

・・・・・・・

・・・・・・・

ナニカ が うっすらと  居る

血走った目が、こっちを睨んでいる。。。

おぼろげながら、全体が見えてきた。

左の腕の中には

首のない赤ん坊を 抱いて

右の腕の中には

道祖...[続きを読む]
entry from
日記名 : toko小説
サイト名 : tokoのいる処

雪 凍 夜 8
己の五感が 研ぎ澄まされてゆく。。。

 音の無い世界の音が聞こえる

 その音はノイズに似ている

 心地の良い ノイズ

 そのノイズの中のさらに奥に

 もうヒトツ、、聞こえる・・・・

 誰かの 笑い声?

 ケタケタ 

 ケタケタ

 ケタケタ

 ケタケタ

 ケタケタ

 ケタケタ

 ケタケタ

 神経を逆撫でするやうな

 ケタケタ

 ケタケタ

 ケタケタケタケタケタ...[続きを読む]
entry from
日記名 : toko小説
サイト名 : tokoのいる処

雪 凍 夜 7
意識が 遠のいてから
どれくらいたったのだろうか・・・・

其処は 暖かな 羊水の 中のやう、、、

少しずつ、、、少しずつ、、、
薄くだけれど
ナニカのビジョンが 見えはじめた。。。

透明な 空間 の 中 に
真っ赤な 流れ、、

脈動する流れ、、、

規則正しく 脈打つ、、、

それと連動するがごとく鼓動が聞こえる。

あ・・・・・・・

俺・・・・・・

今、、まさに、、子宮の中にい...[続きを読む]
entry from
日記名 : toko小説
サイト名 : tokoのいる処

雪 凍 夜 6
俺は 己の心臓がどうかしちまったんじゃないか?と
思うくらいに、早鐘を聞いた。

 「 どくんどくん 」

 「 どく どく  」

今、まさに、あの
蒼白い球体が
俺に向かって降りてきている。

 「 どくどく、、どくどく 」

柔らかそうな蒼白い球体
ぶよぶよとは違うが、表面は波打つかのやうな、、、
よく見ると透き通った感じの眼が
俺を見つめている。。。

 「 どくどく どくんどくん ...[続きを読む]
entry from
日記名 : toko小説
サイト名 : tokoのいる処

雪 凍 夜 5(透子)
真っ白い透明な 空間
前も後ろも上も下もない 

「 どくん 」

悲鳴にも似た鼓動が聞こえた

あたし を 呼んでいるのは 誰?

無音の世界に居た あたしに

音 を 聞かせたのは 誰?

吸い寄せられるやうに 
導かれるやうに

  「 此処 」 に たどり着いた。

  深い深い 穴 の 底

  どくんどくんと 鼓動 が 聞こえる

  す~っと傍に寄って 

  「 どくん...[続きを読む]
entry from
日記名 : toko小説
サイト名 : tokoのいる処

雪 凍 夜 4
丸く切り取られた 灰色の空を
穴の下から見つめていた。

誰もくるはずないじゃないか、、、

そう呟いて、どれくらいの時間が経ったのだろうか。

俺の身体から流れた鮮血は

そのままの形で凍り付いていた。

睡魔が俺を襲いにやってきていた。

このまま眠っちまうのもいいかもしれない

そんな事を思いつつ

その反面、、眠っちゃいけねぇと

心が叫んでいやがる。

うっすらと眼を開け、

丸く...[続きを読む]
entry from
日記名 : toko小説
サイト名 : tokoのいる処

雪 凍 夜 3
僕の歩く速度は

その蒼白く光る球体に向かって
だんだんと速くなっていった。

 ん?その球体も動いているのか?

なかなか距離が縮まらない。。

積もった雪がじゃまをしているからか?

何度か転んでも僕の瞳はその球体から離れない。

必死に進む、、何かにすがるように、、、

ふっと足元の感覚が奪われた。。

 雪が 其処だけ嵐にあったかのように 舞う

 深々と雪が降り続く。。

 音も無...[続きを読む]
entry from
日記名 : toko小説
サイト名 : tokoのいる処

雪 凍 夜 2
僕の頭の上に程よく積もった雪

軽く、手で払いのける。。

かじかんだ手は、真っ赤に腫れて
感覚なんて初めから無かったかのよう、、、

無音 の 世界 に
ただ、、、
ただ、、、
雪 が 舞い降りている。。

何度目かの、暖を僕の手に吐きかける
一瞬の体温の暖。。
生ある身体は、温かい事に気づく。。

粉雪のような雪が
僕の前に降り続く。。

何処までも、、、何処までも、、、

その粉雪のう...[続きを読む]
entry from
日記名 : toko小説
サイト名 : tokoのいる処

雪 凍 夜 1
2008年 冬

 指先 が 凍える 夜
 僕は 何処か に向かって歩いていた
 
 寒いはずだ

 かすみ草の花びらのような 雪が
 僕の頬を撫でて
 アスファルトに消えてゆく

 僕の行く先は 街灯だけが
 朧気に照らしてくれているのが
 唯一の 暖かさだ

 ポケットをまさぐって
 硬貨が一枚

 珈琲の販売機の前に立つ

 案の定、故障してやがる

 かじかんだ指先に
 白い息を吹き...[続きを読む]
entry from
日記名 : toko小説
サイト名 : tokoのいる処

プロローグ
   真っ白 な 世界

   前 も 後ろ も

   上 も 下 も

    わからない

   浮遊 する 己 の 身体

   まだ 瞳 は 覚めず

   ふわり ふわり と

   母体 の 中 の

   羊水 に 守られるかのごとく

   暖か で 真っ白い

   浮かんでいる は あたし。。。

   まだ、、、
   まだ、、、

   瞳 は 固く 閉じたまま...[続きを読む]
entry from
日記名 : toko小説
サイト名 : tokoのいる処