春へ
7日には今年二度目の雪も降り、気候は春へと変わり始めている。

5日にはJリーグも始まり、13日には待望のJFLも開幕だ。
昨年は、リーグ3位、平均観客数4000人以上と、「J昇格基準」をクリアしながらも競技場の基準をクリアできずにJリーグに昇格できなかった町田ゼルビア。

今年はなんとしてでも優勝して「J昇格」への夢をつなぎたい。

希望を載せた春がやってくる・・・
entry from
日記名 : fugaty note
サイト名 : fugaty

夕暮れの蝶
暮れなずむ残照の中
蜜柑の木の枝をぬって
蝶が舞っている

ひら ひら… ひら ひら

儚げな羽の色

いつだったかの夕暮れ
鎮守の森の鳥居の前で
出立するぼくを見送ってくれた母の姿が
木木の間に見え隠れしていた

蝶と母の姿が
そこにある長大な時間を超えて
重なって見えた

ひら ひら… ひら ひら

儚げな羽の色
entry from
日記名 : fugaty note
サイト名 : fugaty

妄言
生まれるのは必然の偶然

死ぬのは必然

生きるのは迷い定めに従うこと

死ぬのは定め迷いに従うこと
entry from
日記名 : fugaty note
サイト名 : fugaty

m
1.まわり道が舗装され 隠れ家が案内板だらけ/カップを見つめている。にらみつけたり、苦笑したり。ジブンをうつしているんだろうね。

2.けしきがきれいだからと砂浜のみちを選んでいるだから、いろんな波がやってくるのは当たり前のことなんだ、とずっといいきかせている。

3.じぶんのしあわせのペ-スをずっとまもっている。/きのうまでのあれこれ、さようなら。 あしたからのあれこれ、よろしく!

4....[続きを読む]
entry from
サイト名 : karasaifuu2