香奈


あれは花冷えのする風の強い夜だった。
親友の香奈が午前6時過ぎに次男を出産した日のこと。

その日の夜、香奈は長男が心配で自宅まで歩いて
会いに行く!私が止めるのも聞かずに病院を抜け出した。

まだ冷たい風の吹く夜に浴衣に上着を羽織り、
急いで長男を見て来て安心したらしい。

香奈の姑さんに分からないように
窓からそっと覗く親心は切ないほど分る。

案の定、彼女は翌朝は眩暈で起床出来ない...[続きを読む]
entry from
日記名 : sakura1205's diary
サイト名 : sakura1205