中華タブがメイン
代表的な中華製の端末
格安タブナンバー1は、HUAWEI MediaPad M5 SHT-W09
実勢価格3万少々 価格・性能・サイズ全て良しのタブレット。
メモリ4GBで何もかも快適の Lenovo Tab4 8 Plus ZA2E0041JP 実勢価格2万6千 と謳っているが、
何もかも快適かは 程度によるようです。
個人差で 受け止め方に違いがあるようです。
1万円台のAmazonタブ...[続きを読む]
entry from

機種豊富なAndroid
メーカーにより搭載機能が少し異なる

最近では 代表的な中国メーカーは HUAWEIやLENOVOなどですが、台湾のASUSや XIAOMIなども 外せない存在ですね。
日本では NECですかね。歴史的には SONYやFUJITSUも外せませんが。
FIRE OSもAndroidの一種と見なすと AmazonのFireタブレットも廉価でも耐えられるものを出して来ていますね。

特徴の一つとし...[続きを読む]
entry from

iOS
正確には 今は iPadOSになりますが、、、。
これには、現在 4種類の iPadが対応することになりますね。

ガッツリ使えるiPad Pro
スタンダードの廉価版のiPad
中間のiPad Air
携帯性に優れる廉価なiPad mini

と分けられましょう。

自分の用途にあったものを選ばれると良いですね。

タブレットといえば、先ずは iPad と言っても 良いものですから、
人気...[続きを読む]
entry from

タブレット展開
大きく分けると三種類若しくは五種類となりましょう。
三種類では、iOS、Android、Windows
五種類では、先の三つに 電子書籍端末独自の各OS、
ChromebookのChrome OS が追加されますね。
更には、Androidには HuaweiやOPPOなどの各派生したOS
若しくはAmazonのfire OS等も含まれますね。

OPPOはスマホですかねぇ?

兎に角も 広が...[続きを読む]
entry from